スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキ

先日、また1つ年を取ったわけだけど、いつものハッテン場で、

突然、暗がりのなかで音楽が鳴り出して、

♪ハーッピバァスデイトゥーヤッ、ハッピーバァスデイトゥーヤッ(©スティービー・ワンダー)

エッ、なに? ウソ?!
まさかのケーキ登場! やだ、サプライズ?

ローソクの薄明かりのなかで、
上に乗ってるのはクリームなの? ザーメンなの?
ここにいるみんなでケーキにブッカけてくれたの? わぁ、嬉しい!



それなんてハッテン場?

ピンク字の部分は当然、嘘というか妄想というか希望なんですけど(←ハッ)、
でもよくお話しするオジサンから、「はいコレ」と言われ、
カットケーキをいただきました。

ハッテン場で手渡されるケーキ…。
休憩所のようなところで、ありがたく頂戴いたしました。食ったんかい。
ちなみにそのオジサンとは、よくお話しするだけで、食ってません。




33歳にもなって、こんなくだらないこと書いてたらダメだよなぁ。


スポンサーサイト

その後の私

あれからの話しをしてあげる。

前回記事に書いた大工さん(既婚者)。
あれから2度会った。
つまり合計で3度会ったことになるのだけど、
なんだか面倒なことになりそうな予感。

それは2度目の逢引。
初めて会った日は、もうすっかり陽も落ちた時間で、駅前の暗がりになった適当な場所で事に及んだわけだけど、この日は休日の昼間。駅前は人通りも激しく、後部座席はスモークを貼っているものの、やはり落ち着かないということで、スポーツクラブの広大な駐車場の隅っこに2台並んで駐車して、事に及んだ。うち1台はアイドリングしているわけで、見る人が見ればカーセックスしていることくらいバレバレである。しかし、それも適度に興奮材料となって良かろう。

行為を終えた後、車中で相手の萎えたチンコを指でいじりながらピロートーク的な流れになったのだけど、どうやら僕とのメールのやり取りが、嫁に見つかったようなのである。

しかし私もバカでない。相手が既婚者である場合、メールを送る時間帯にも気を使うし、万が一、本人以外に読まれたときのために、メール本文中にも甘えた言葉を使ったり、エロワードなどは書かずに、捉え方によっては仕事のやり取りとも受け取れる内容で送るようにしている。

しかし女の勘は鋭い。さらにこの大工は嫁の尻に敷かれているのか、携帯をくまなくチェックされているようである。以下は大工から聞いた嫁と大工の一部始終。


嫁「(大工の携帯を見ながら)アンタこれ誰? 初めて見るで、こんなメールアドレス」

大工「仕事仲間やで」

嫁「嘘やん、こんな人ウチ連れてきたことないやん」

大工「最近、協力で来てくれてる人やねん。家遠いし呼んでへんだけ。」

嫁「怪しいなぁ、浮気してんちゃーうん」

大工「してへんし、だいたい男やし!」

嫁「ふ~ん、じゃあ、あたしがこの人にメールしてもいいの?」

大工「したらええやん!(笑)←実際は爆汗」



とまぁ、こんな具合だったそうだ。大工は仕事仲間や友人などをほとんど自宅に招いているそうで、嫁が知らない友人はいないくらいだという。よって見たこともないメールアドレスに疑念をいだいているわけだ。僕に「なんか変なメールとか来てへん?」と聞いてきたが、幸いなことにまだ嫁からのメールはいただいていない。


面倒くせぇなぁ。
これまでにも「既婚ゲイ」や「既婚食われ」との付き合いは何度となくあるが、こんな面倒そうなのは初めてだ。そもそも本を正すと既婚者に手を出す僕がバカなわけだが。

とりあえず仕事仲間ということになってしまったので、これから送るメールは、「建設現場の先輩を慕っている後輩」を演じなければならない。例えば情事の後、感謝メールなどを送るときはこうだ。

ちわッス! この間はどーもした!
しっかし、この間の現場は汗だくになっちゃいましたねぇ。
でも俺、これからも一生懸命やりますんで、
またみっちりしごいてください!



ああ、面倒くさい。


ちなみに3度目は、やはり休日の昼間、
ホームセンターの屋上駐車場でいたしました。ジュポジュポ。


謹 賀 新 年

明けましておめでとうございます。
本年も当ブログの相変わらずの御贔屓を賜りたく存じます。

毎年のことですが、普段の休日と変わらぬ年末年始を過ごしています。

去年を振り返ってみると、仕事もプライベートも無難に過ごして、なんもしなかった1年だったなぁという印象。そのなかでも暮れの8年ぶりのライブ出演は、2009年ギリギリに突如舞い込んできたグッドニュースと言えよう。

プレイヤーとしての血が騒ぎ出し、「よし、俺、まだいける」と実感しました。また一緒に演奏したプレイヤーや見に来てくれたお客さんなど新たな出会いもあり、演奏を通してコミュニケーションを取る感覚というのも、「あー、そうだった。こんなだった」と久々に肌で感じた一時でした。

今年はこれを機に音楽活動を再開してみようかと思う。ただし今はノンケとしての活動に限定しますけどね。ゲイが絡むとなにかしら、特に人間関係において面倒なので。

恋愛面はすでに諦めているというか、たぶん、もう一生かかっても無理な気がする。そんな諦念の心を覆すような良い人が現れるのを、ただひたすら待つ。こちらからはガッツきませんよ。というスタイルは去年と同じです。


プライベートは良いとして、今年は仕事の面でもっと頑張らないといけない。目の前にある仕事をソツなくこなしてきただけで、去年の自分から何ひとつ成長していない。普段の仕事は出来て当たり前。+αがないと何も評価されないことは重々承知しているのだけど、それを知っていながらずーっと怠けていました。そうこうしているうちに、下の人間がどんどん力をつけてきて、資格を取得したり新しい仕事にチャレンジしているのを見て、やや焦りを感じている。

自分の仕事には誇りを持っていたい!
プライベートばっかり充実してる人は、きっと人間出来てないよ!

…といいながらロト6を毎週購入して、仕事もしなくていい、ぐうたらな生活を夢見ている男です。


そんな感じで2010年も過ごしていきます。


CA3C0012_s.jpg

今年もよろしこ


年末の大ハプニング

いつも行くハッテンバの掲示板に「久々に行きます」という旨の書き込みがあった。やっぱり年末だから、地方から帰ってきた人が昔を思い出して来るんだ。最近、いつもと同じ顔ぶれに食傷気味であったので、そう思うと居ても立ってもいられず、早々に出発した。

車を走らせること小一時間。ハッテンバから少し遠めのコインパーキングに車を止めて、そこから少しばかり歩く。なぜわざと遠めの駐車場を選ぶかというと、ハッテンバの常連メンバーに見つからないようにするため。ハッテンバで頭角をあらわすと、それを快く思わない人が出てきます。自転車やバイクの空気を抜かれた、という話しも聞きます。車だと傷をつけられたり、落書きされたり、生たまごをぶつけられたり、何されるかわかったものでもないので、用心のため遠めに駐車しています。

テクテク歩いて、ハッテンバ前に到着。
お金を払うためにカバンの中を手探りで財布を探す。
おや? 妙にカバンの中がスカスカだ。
これか? いや、これはメガネケースだ。

ん? あっ! 財布忘れた!!

そういえばカバンに財布を入れた覚えすらない。
確実に家に置き忘れてきたのだ。


クソッ、出直しかよ! 今から財布取りに帰って往復で2時間はロス。
あー、こんな無駄な時間は無い。イライライライラ…。


いや待てよ…。


駐車場の料金も払えないじゃないか!

車を出すことすら出来ない!
とりあえず走って駐車場まで戻ってみたが、フラップ板はしっかり上がっていた。
くそ、なんで、こんな遠い駐車場に止めるかな!!


で、どうすりゃいい。
何かを質に入れればいいのか? 何を入れる? iPod? とんでもない。
何も売れそうなものは持ってないし、そもそも質屋がどこにあるんだ。
その辺の道歩いてる人に「100円貨してください」と声をかけるか? えー、無理。
どうしよう、どうしよう。

そこでピーンとひらめいたのが、この近くに住む友人。
おおそうだ、奴にここまで来てもらって借りればいいじゃん、アッタマいい~。
早速、電話をかける。

出ねーし!(#゚Д゚)チッ


他にこの辺に誰が居たっけ?
ここのハッテンバで知り合って連絡先交換した子がこの近くだったな。
ひょっとしたら今日来てるかもしれない。メールを打ってみた。

返ってこねーし!

何なの? なんでこういうときに限ってみんなシカトなの?

あともう一人、やはりハッテンバで知り合ったオッチャン。もはやこの人しか頼れる人はおらん。メールしてみたところ、すぐに返事が返ってきた。メールで事情を説明すると、

「今パチンコ中だけど、すぐそっちに向かうよ!」

さっすが! いつも相手してあげておいて良かった~。この次に会ったときには、いつもの倍くらいたっぷり時間かけてヨガらせてあげるからね(はぁと)

…と、ここで最初の友人から電話がかかってきた。もはや用は無い。「う…うん、元気かなーと思って~」と白ばっくれようかと思ったけど、ネタ的に面白かったので、ありのまま説明しておいた。

しばらくしてオッチャンは自転車で現れた。どうせなら3000円くらい、今日一日遊べる分のお金を借りようかとも思ったけど、さすがにおこがましいので、1000円だけ借りて、駐車場を出た。無事、事なきを得たというわけ。


その後、家まで戻り、再び執念深くハッテンバに戻った。最初に来た時間から2時間半が経過していた。掲示板に書き込みしていたらしき人物はすでに帰っているようだ。というよりも “祭りのあと” といった感じで、ティッシュの後だけ散らばって、残っている人はもはや「余り物」といった具合であった。

でも、その余り物からなんとか掘り出し物を見つけて、それなりに良い思いもしたので善しとするか。


それにしても、なんとも無駄な時間を過ごしたものである。


舞い込んできた手紙

某さんの投稿とリンクするかのように。

先週、自宅の郵便受けに、僕にとっては縁もゆかりもないM県から封書が投函されていた。

僕の名前の上には赤字で 重要 と書かれている。一度も訪れたこともない土地から、なぜ自分の名前宛で届くのか、まったく身に覚えがない。料金別納郵便であることや、M県の県章が印字されていることから、いたずらの類ではなさそうである。差出元はM県県土整備部住宅管理グループと書かれている。どんな内容かまったく想像もつかない。ただその封書から、開けてはならない不幸の手紙のような黒いオーラが出ていることは感じた。とは言ったものの、開けないわけにはいかないので、開けてみる。そこにはこう書かれていた。

県営住宅家賃の保証人について

 突然のお手紙で失礼します。
 あなたのご尊父である(実父名)様は、M県T市にある県営住宅△△団地○○棟201号室、(外人女性の名前)様の、連帯保証人になられております。
 この件につきまして、(実父名)様にお伝えしたいことがありますので、下記連絡先に必ずご連絡いただくようお願いします。
 なお、手続きをとられない場合は、推定相続人として、KO2様に法的責任が発生しますので申し添えます。



あー、あのクソ親父。
行方不明かと思えば、M県にいやがったか。

父と母は僕が高校3年のときに離婚した。どの仕事も長続きせず家にろくに金を入れられない。そのくせ短気ですぐ怒鳴り散らし、皿やグラス、重い灰皿などを投げ、挙句テーブルまでひっくり返す。頭から流血しながら後片付けをする母を見て、いったい誰がこんな父の姿を好きになれようか。尊敬できようものか。そのうち家族の誰もが父を無視するようになった。その結果、離婚。父は出て行った。結婚生活約20年。母はよく我慢したものである。

しばらくは養育費などを持って家に現われていたが、それも1年も続かなかったようである。そもそも父の金など充てにしていなかったので、むしろ僕らの前から消えてくれたほうが母も僕も喜ばしかった。

その後しばらくして、父の弟さんや父方の親戚などから「父の所在を知らないか」という電話が何度か来るようになった。どうやら借金をしていたようで、その取立てが弟(おそらく保証人)や親戚に回っていたようである。行方をくらましているわけだ。居場所なんて知るわけも無い。

それから僕と母は何度か引越しをして電話番号が変わったこともあり、連絡が取れなくなってしまったことも原因だろう。全く音沙汰なくなり、安寧の日々であった。そこへ舞い込んできたこの手紙である。

いったいどこまで迷惑かける人間なんだ、こいつは。
どこぞの女か知らないが、ろくに金も払えねぇくせして保証人になって、スケベ面してるのが目に浮かんで、ムカっ腹立って仕方ない。


とりあえず、15年も前に離婚して、父の連絡先など知る由もない旨をM県側に電話で伝えると、上記のように「法的責任」とまで書いたもののそこまで責め立てるようなものではなく、連絡先がわかればと思って手紙を送っただけだそうだ。しかし実際に連絡先が掴めないのであれば、法的責任が及ばないわけでもない。

本来であれば長男である兄のところに行くべき手紙であるが、兄は結婚して戸籍を移しており、一番辿りやすかった自分の元へ届いたようである。どちらにしても兄も自分も、このどうしようもない父との親子の縁を法的に切ることは出来ないのだから、いずれ父の負債を背負いこむことも大多にして見込まれるわけで、非常に面倒くさい話しである。



本気で「死んで欲しい」人、ダントツでナンバーワンだ。
さっさと死んでくれれば、相続放棄できるんだが。


CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。