スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18分の情事

久々に掲示板に投稿してみた。こちらから募集というかたちで投稿することは、ずいぶん久しぶりである。

三名(仮にA・B・Cとする)からレスポンスがあった。

A氏
174*80*36 自称既婚純男。
過去に一度だけ男にしゃぶられたことがあるらしい。

B氏
171*85*50代前半。十分守備範囲である。
亀頭責めが好きで白けることなく何度でも発射できるらしい。

C氏
169*64*38 大工。既婚者。互いの家が近そう。
プロフィールだけ見ると少し肉付きが頼りないが、職業だけで萌える。



ゲイ用の掲示板であったハズだが、なぜか既婚率高し。まずプロフィールとノンケ度からして惹かれるA氏に返信をしてみたが、返信は無かった。経験が浅いみたいだし、直前になって怖じ気づいたか。よくあることだ。

B氏の絶倫具合も気になるところだが、ノンケ度と近所というところでC氏にメールを打ってみたところ、すぐに返ってきた。最初の向こうからのメールの件名が「オハヨー」というところから、やたら気さくな感じであった。その後、場所や時間を決めて、即日、会うことになったというわけ。


地元駅に車で待ち合わせ。先に向こうの車が止まっていた。ワンボックス形の大きい車だ。リアウインドウにセンスの悪いステッカーが貼られているあたりに、脳みそ中学生のまま大人になっちゃった感じの38歳を想像した。 コレは失敗か? 「前のワンボックスですか?」とメールをして、「そうです\(^o^)/」との返信。運転席から男が出てきた。こちらも車を出て、「どうも」と会釈程度に挨拶をした。

C:「(車を)もうちょっと前に出しましょか?」
俺:「あ、そうですね。お願いします。」

お互い再び車に戻った。僕は車内で小さく「あたり」とガッツポーズだ。確かに昔やんちゃしてきた感じの顔つきであったが、タイプ顔だ。俳優の今井雅之によく似ている。


C氏の車に移り、少し話しをする。メールの通り気さくな人柄で、とても話しやすいカンジだ。少し場所を移動して人気の少ないところで後部座席に移動する。Gパンと股引とトランクスをすべて脱いで、後部座席に寝転ぶようにして、こちらに下半身を向けてきた。まだ勃起はしていなかった。

平常時のサイズは普通サイズであったが、お口で転がしているとみるみる膨張して、見事なサイズになった。顎が苦しくない程度のちょうど良い大きさ・形である。

さぁ、腕の見せどことである。ここで気に入られてリピーターとなっていただくために、僕の知りうる100のテクニックを駆使して、奉仕する。しかし喘ぎ声がいまいち弱い。あれ?これは?じゃーこれは? 時折、「ウッ」とか「ンッ」という声は聞こえど、どうも反応が良くない。自分としては、ヒーヒーよがらせるくらいの勢いで挑んでいるのだが。

相手の反応を伺いながら、こちらもテンションブーストしてクライマックスに運ぶのだが、これでは本領発揮できないなぁ。などと思っていると、C氏が口を開き、「なんか、めっちゃ気持ちいいねんけど」と言った。

あ、そうなの? 良かったー。声を出すのを恥ずかしがっているのかもしれない。
だったら、一気にいくよー、最後の仕上げ!


「イキそう…。イッていいの? イクよ…? イクよ…、ンッ…イ、クッ!」

何回もドクドクと脈打って、C氏は大量に出して果てた。



情事の後、二言三言話しをした。とにかく気に入ってくれたようで、「めっちゃ近いし、いい見っけもんやー」「絶対またメールする」と言ってくれた。僕もタイプだったし、相性も良さそうだったので、掲示板に掲載した転送用アドレスから、携帯の本アドレスを教えた。これは僕の中での格上げ行為である。


会う前の最後のメール(「前の車ですか?」)からこの間18分で、僕らは次また会う約束をして別れた。


スポンサーサイト

幸先

仕事始めよりも前に、しっかり殿始めを終えておかないといけないと思い、然るべき場所に行った。ようはハッテンバだが。

いつも自転車で颯爽と現れ、誰に触られるでも、触りに行くでもなく、一人で抜くでもなく、いったいコイツは何しに来てんのやろ?と思っていた、カワイ子ちゃん。年はたぶん同じくらい。容姿としては、顔も体もぬかりなく100%タイプ。2年前くらいからちょくちょく見かけていたが、あまりにタイプすぎてどうも手が出せないでいた。

そんなカワイコちゃんがなんと今日!
あられも無い姿でオヤジに手を出されていた!


ガーン!!Σ(゚д゚lll)


ショックが大きすぎる。どうやら事を終えてティッシュでチンコ拭き拭きしていた。はぁ…、駄目だ。2010年こんな始まりは嫌だ。嫌すぎる。でもこれで手を出していいことはわかったんだもん。また次会えたときにはチャレンジしてみよう。でも彼めったに見かけないからなぁ。クゥゥ…、くちおしや!

彼が先にその場を去るのを見届ける。「嗚呼ッ!できれば次は僕とお願いしますよーぉ!」と心の中で念じ、しばらく経ってから僕も場所を移動した。

移動した先で、フト見ると先程の彼はまだいた。
あれれ? もしかしてさっきはイカされてなかったのかな?
ひょっとして、これ、いっちゃってもオッケーなパターン?

鼓動が高なる。さっきはオヤジだったから、ひょっとすると年配好きかなぁ。
俺なんかダメかもなぁ。えーい、ままよ! 勇気を振り絞って隣に佇む。

ほんの一瞬、身をひるませたが、チラッと僕を一瞥すると、安心したかのように彼は逃げなかった。

ギャアァァァァ━━━━━━Σ(゚∀゚ノ)ノ━━━━━━ス!!!!!!

これいっちゃってもオッケーなパターンだ!
ねぇ? これ、いっちゃてもオッケーなパターンだよ!


じわじわと焦らすように攻めて気分を高めつつ、乳首を舐めてさしあげようと顔を近づけると、唾が乾いたような臭いが鼻先を刺激した。さっきのオヤジも乳首を攻めていたわけだな。ちょっと悔しいが、乳首を舌先でツンと愛撫すると「アァン」と声を漏らした。頭を上げて彼の顔を見ると、欲しそげな顔で僕を見つめていた。

ヒィィィィィィ!
カ ワ ユ ス ! ! щ(゚д゚щ)


カワイイよ! ねぇキミ、
カワイイよ!


さらに指先を玉袋から蟻の門渡り~肛門へと徐々に這わせると、背筋を伸ばし「ハァッ…!」と敏感に反応した。ははーん。ひょっとして、ケツ感じちゃうパターン? 普段ならケツ嫌いな私ですけども、彼の肛門なら何の嫌悪感もありません。でもチンコ入れるのは勘弁ね。

指にたっぷり唾をつけて、人差し指を肛門へとねじり込んでみた。括約筋の抵抗はそれほどなく、ソフトリーでテンダリーに侵入を受け入れた。そこそこに使っていますね、あなた。ゆっくりと人差し指を抜き、今度は中指を入れてみた。やはりニュルニュルと侵入し、中で指を動かして体内の感触を楽しみ、前立腺あたりを刺激した。

こちらが攻めているときに、苦悶の表情を浮かべている相手を見るのが好きだ。彼は「アァ…、ンンン、アァッ!」と声を上げ、僕の腕を掴んできた。その手をいったんどかして、僕の手と指を組み合わせるようにして持ち替えると、ギュッと僕の手を握り返してきた。攻めている最中にキュンとくる幸せな瞬間である。

肛門から指を出して、チンコを扱いてやる。よりいっそう息が激しくなり、絶頂まではものの数分であった。量が少なかったのが残念だ。

チンコと肛門をウェットティッシュで丁寧に拭き上げて、はい終わり、と彼を見ると、笑顔で「ありがとう」と言ってきた。


惚れてまうやろー!


素人が芸人の真似をするほど寒いものはないけど、あえて言わしてもらった。ちょっと野暮だけど、気になったことがあったので聞いてみた。「さっきオヤジとやったとき、イッてないの?」と。すると至極快活に、

「イッた!」

オヤジと一戦終えて僕が手を出すまでの間って、10分も経ってないのに、元気ねぇ。
もう一度、お互い「ありがとう」と言って別れた。

また会えるといいな。


2010年、幸先良いスタートだ。


ホルモン

あまりにも爺さんばっかりだったので、イスに腰掛けて15分ほど携帯アプリでリバーシ。コンピュータ相手に圧勝したところでもう一度伺ってみると、いつの間にどこからやってきたのか、ダッサいデザインTシャツに、これまたダサすぎる深緑色のデザインパーカーを着た、顔だけはもろタイプな小太り40代が、モジャモジャ頭の幸薄そげなヒョロヒョロ爺さんに食われていた。

おいおい、そんな爺さんに食われるぐらいなら俺を待っててくれよ~、と思いながらも横取りするほどタチ悪くないので、何度か顔を見てイケることを再度確認して、またボーッと立っていた。

ほどなくして彼が席を立ったので、「おっ、イッたか?」と思うと、また戻ってきて別の席に着いた。もうイッてしまったけど二発目の準備か、まだイッてないか。あの爺さんの後処理をするのは少しイヤだけど、隣に座ってみた。どうやら準備はOKのようだ。


「キミ、上手いね~」なんて嬉しくなるような言葉を連発してくれて、こっちもテンション上がってきちゃうよ。さっきの爺さんは気持ちよくなかったから、途中でやめたんだそうだ。何度もイキそうになるのを「ストップ!」といって制止される。そのたびに僕は動きを止めて、胸や腹などを優しく愛撫する。



思いもよらず向こうもこちらに手をかけてきた。僕の胸を触って、


「あ、スゴイじゃん。オッパイ大きいね、ホルモン?


ふ、太ってるだけです!!!


そういうのがお好みのようだけど、残念ながら俺には女性っぽさなんて微塵もありませんのよ、んもぅプン!(←どこが) まぁ、俺も少し自分の胸の膨らみを見て「女みてーだな!」と思っているのも事実で、ウケたので良しとしよう。


4~5回は寸止めして、最後は大量にフィニッシュ。
すっげぇ量に興奮した。


お口クチュクチュ

「全っ然気持ちよ~ないわ」

ゲ、そ、そんなこと言わはりますのん? お口のほうは割と得意だと思っていただけに、ちょっと自信喪失…。実は先日の「負」の原因は、それがきっかけだったりして。←心配して損したわボケ!とか言わないで~。


かと思えば、今日連絡くれたノンケ兄さん。2年くらい前に某掲示板で知り合って、1~2ヶ月置きに連絡が入り、定期的にいただいている。これが相性バツグン。いつもは吐息程度なのに、今日は「あ…ぁぁあ…、ぅ…」と、だいぶよがっていたなぁ。溜まっていたんだろうか。あっちゅーまに昇りつめよった。(ΦωΦ)フフフ…ジュル


相性だと思うんですよね。ある人には気持ち良くても、別の人には痛いものかもしれない。自分がもってる技術が万人にとって気持ち良いものでもないだろうとは思う。でも百戦錬磨な人は、どんなタイプのチンコでも咥えた瞬間にGスポット(男で使うか?)が判断出来たりするのかしら。あぁ、なりてぇ!百戦錬磨!

あっ、百戦くらいは余裕でいってるか…。


反応が薄い人もいやだ。
どういうのが気持ち良いか反応してくれないと、せめにくい。

上のセリフを吐いた奴は、反応が無いマグロだった上に、
どうして欲しいのかよくわからない奴だったのだ。
左手薬指に指輪はめてたから、ちょっと舞い上がったのが間違い。
くそぅ、思い出したらだんだん腹立ってきた。



俺の口マン、試してぇ野郎はクリックよろしくな!←本当に連絡来たらどうしようとドキドキ

堕ちる

すっかりエロブログ化したポリリでございます。えー、今日も今日とて。


この週末は講習会と雨で、大人しくするかなぁ…、と思ってたが、そうはいかねぇぜ!

土曜日の晩。
掲示板に「俺の奴隷を車の中で全裸で待機させてるので、ノックして入ってしごいてやってくれ。」と書かれていたので、そう遠くなかったので行ってみた。指定場所にエンジンのかかったワゴンが止まっていた。そぉっと近づいて覗いてみると後部座席で全裸姿の太め中年親父。掲示板にはレスがたくさんついていたので、ギャラリーもいるかと思ったら、俺が一番ノリだったようだ。ノックをしてスライドドアを開けると、車内灯がついて全裸姿にアイマスクをした中年(といっても50代くらいかも)が露わになった。

少し陽に焼けた体だけに目に付いた左手薬指に指輪の痕。こいつ既婚ゲイか、もしくはバツイチか。どちらにしてもこんなオッサンが変態奴隷もいいところだな! SMの趣味は全く無いのだが、ノリが悪いとテンション下がるのもわかるので、テキトーに言葉で責めてやるなどして、最後は手で抜いてやると、「あぁあぁ、イキますー」といって、ドロドロドロと大量に出した。「また見せろな」と言ってドアを閉めて帰りました。

ヒャー、俺ってSもイケるね。



日曜日はまぁ、いつもの「お察し処」でして。見事にボウズでしたわ。


ま、こんな雨の日にわざわざ行くような奴なんて、
よっぽどの暇人か堕ちた野郎だよね。



CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。