スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片想い

さて、やけに重い前回の記事。
鋭い方ならすでにお気付きかもしれない。

『片想い』/東野圭吾
090418_2318~01


「秘密」が母と子の入れ替わりだとすれば、このお話は男と女の入れ替わり。元アメフト部の仲間達と性同一性障害(小説の中でも触れているが、この「障害」という言葉はヒドイよね)を主軸に、ある殺人がきっかけとなって、様々な人物に会うなかで次第に浮き彫りになってくる複雑な事情。


殺人犯は男なのか?女なのか? 性同一性障害を含む様々なジェンダーをトリックに利用した、素晴らしい作品だと思いました。単純にトリックに利用しただけならそれは問題だけど、しっかりとジェンダーに悩む人たちの心の機微や葛藤が描かれている。きっと東野氏はこの作品を作るにあたって、取材や研究をしっかり行ったものと思われる。男って何?女って何?男らしさ、女らしさって一体何?といった、ノンケを自称する人たちにとっても大いに考えさせられる(良い意味で混乱させられる)、良い作品なのではないかな。

ただ、随所にアメフトの用語や、そのポジションによる性格分析のような文章があり、その辺りスポーツ音痴の僕は、いまいち入り込めない部分があったのは否めない。さらに誤解を恐れずに言うと、正直なところ、性同一性障害を持つ人たちの気持ちというのは、ゲイにとっても理解できない部分が多いのではないかな。


と言ったものの、僕も小さい頃は男子よりも女子と遊ぶ機会が多かった。同級生の男子がキックベースなどのボール遊びに興じていることにまったくの無関心で、女子と混じってゴム飛びとか塗り絵とかあやとりとか、のび太君みたいな男の子でした。幸い明るい性格だったもので、男子からイジメられたり、除け者にされたりはしませんでした。おかげで今でもプラモデル、ヒーロー戦隊もの、ガンダム、北斗の拳、聖闘士星矢、キン肉マンの類の話にはまったく付いていけない。

でも不思議と(?)、女の子にはなりたくなかった。チンコ付いてることに違和感を覚えたこともないし、むしろ自分のチンコ大好きで、好きすぎてベッドに仰向けになって、下半身を上げて折り曲げて、チンコの先端をペロペロ舐めてたくらいだ。セルフサック、今じゃ体が硬くなってやろうと思っても出来ない。


ああ、余談が過ぎた。つまり、アメフトというルールも知らないスポーツと、性同一性障害、しかもFtM(女→男) 生物学的には女性で女性が好き、という気持ち的にも自分からすると逆の立場という、いまいち共感出来かねる物語で、前半はあまり文章が頭に入ってこなかったけど、中盤にさしかかり、このトリックの核となる部分に触れ始めると、さすがミステリーの東野氏とでもいうのか、ぐいぐい物語に引き込まれ、平日だというのに夜更かしまでして、ラストまで一気に読み上げてしまいました。

「容疑者Xの献身」や「秘密」にあったような、結末に向けてジワジワと心がざわめいて、最後にドカーンと高ぶっちゃうような、そういった感動はありませんでした。涙も出ませんでした。ですが改めて、自分自身の性とその在り方について、哲学めいた人生観をじっくりと考えさせられる、素晴らしい作品であったと思います。


スポンサーサイト

秘密/洗礼

うぇぇええっ…うっぇぇ…うっうっ(嗚咽)


『秘密/東野圭吾』(1998)を読み終えました。

読み始めは 「娘の体に母親の魂が宿る…」 だなんて、それ古っ!設定古っ! とか思いながら、寝る前に読んでいたため数ページ単位で落ちてしまって、遅々としてページが進まなかったのだけど、今日は雨で外に出るのも億劫だったので、自室で腰を据えて読み出したら、残り 3/4 くらいを一気に読破してしまった。

途中、何度かウルウルとして2~3粒、涙が頬を伝ったりする場面もありましたが、ラストの2行は溢れ出る涙を止められませんでしたよ。ひとしきり泣いた後も、パタンと本を閉じて、茫然自失。ハァ…、そうですか…、そうなんですか。


広末主演で映画化されたことは知っていましたが、父役は誰だったかな?と思って検索してみると、小林薫ときたで、クーッ! イメージとしてはバッチリじゃないか?

小林薫。
玉置浩二と主演したドラマ「キツイ奴ら」で銭湯シーンがあったのだけど、玉置の股間を凝視してそのデカさに目を見開いて愕然とするシーンを見て、そうか小林薫のチンコは小さいんだ、と想像して萌えた。(うろ覚えなのだけど、チンコ触ろうとまでしてなかったっけ?) 勿論それはドラマの設定で、実のところ小林と玉置のチンコどちらがデカイのかどうかは判らないのだけど。顔専の僕としては、かなり好きなタイプの顔なのである。


でも、小説では娘・藻奈美が11歳という設定が映画では17歳になっているのが少し残念。

小林薫が11歳の少女、しかし中身は母・直子である故に、愛したいが愛してはいけない、一線を越えてはいけない、でも越えてしまいそう!的な、母と娘が入れ替わったことを知らない第三者ら見れば異常性愛的な変態オヤジを演じて欲しかった。



楳図かずおの漫画『洗礼』(1974)では、大女優であった若草いずみが「老い」に恐怖を感じ、かつての美貌を手に入れるべく、女児を出産。小学4年生に成長した娘に自身の脳を移植して第二の人生を歩んじゃおうという、人格入れ替えマジック。

で、体は娘(小学4年生)でも人格は母親のこの女が強烈。担任である男性教師の妻に執拗ないやがらせ(ご飯に大量のゴキブリを入れて強引に食べさせたり、裸にさせて膣にアイロンをあてがったり…ヒィィ!)をして、担任教師を奪って、そのまま寝ちゃうという荒技。

しかもいくら30年以上前の作品だとしても、小学生と担任教師という世間的にはタブーなその絡みシーン。全裸の少女が草原のなかを無邪気に駈け、その茂みの中に少女ほどの高さまで見事に天にいきり立った一輪の花を見つけ、裸でその花を包み込み、愛でる…という、素晴らしいイメージカットで再現。

まぁ、実際には担任教師は酔っぱらって寝ている間に、少女が手を出したっていうことなんだけど。それでもやることはやっちゃった感じになっていて、担任教師は激しく懺悔するのだけど、これくらいの変態性を小林薫にも出して欲しかったなぁ。



いっけない。
『秘密』の話しより、『洗礼』の話しを熱く語っちゃった。


いや、ほんと、『秘密』はキュンと切ない物語でした。



次読む本もすでに買ってあるのだ。
読書っていいもんだな。


容疑者Xの献身(小説)

ハァ…。
ついに読み終えてしまった。


少し前に、「趣味は読書です」と言えるように本を読み始めたことを書いたが、あまりに俗っぽい作家であるため、何を読んでいるかは言いたくなかったが、あっさりバレてしまった。

読んでいたのは、東野圭吾『探偵ガリレオ』、『予知夢』、『容疑者Xの献身』
ガリレオシリーズってわけです。

作家的には高校生にも人気の高い(つまり読みやすい)人らしくて、ちょっと恥ずかしいなぁ…なんて言うと、東野氏に大変失礼ではありますが、それでなくても人気ドラマの原作。『探偵ガリレオ』なんてもう10年以上前の作品ですよ。それを今さら本屋で購入するということは、「あー、ドラマか映画を見てハマッたクチですね」なんて思われること間違いなし。つい裏返してレジに差し出しましたが、なにか。

しかし読書初心者の僕なんかはそれぐらいでいいのだ。あーそうさ。ドラマを見てハマッたさ。映画を観て泣いたさ。先に映像を見ているおかげで、活字からのイメージが沸きやすいさ。


いや、これが思いの外、読書にハマッている自分がいた。
特に『容疑者Xの献身』。これは良い作品だ…(かなりの今さら感)。
映画を観ているからどういうトリックか知っているわけで、推理小説の推理の部分はすでに意味を成していないのだけど、純愛の小説だと思えば、これは素晴らしい作品ですよ。

映画ではト書きや心情にあたる台詞にない部分が活字となっているおかげで、より深く感情移入できることに気付いた。そうか読書の醍醐味はこれなのか? まさか活字で泣いちゃうとは思わなかったよ。しかもボロボロ泣いてしまった。泣きすぎて字が読めねーっつの。


小説を見てさらに映画『容疑者Xの献身』は、うまく映像化されているとも思った。確かに石神は小説では、柔道家でずんぐりした体型で髪が薄いという描写から、堤真一がその役所なんてとんでもないけど、その設定は完全に無視されたカタチになったが、薄幸な男が一筋の光を見出す役を見事に演じていたと思う。花岡靖子の複雑な心理状況も、松雪泰子の高い演技力で目を見張るものがあった。工藤役がダンカンというのは、ちょっと違うけど。

湯川(ガリレオ)は佐野史郎をイメージして描いたというのだから、まぁ、イメージというのは作家と読者とでは異なるもので、ましてドラマ化となると華のある福山あたりに落ち着くのかなぁ。

そういえば最近、DVDレンタル開始したんだよね。
改めて、もう一度映画版を見てみよう。(劇場鑑賞した際の映画版の感想はこちら


で、今、次は何を読もう?と思索している自分にオドロキ!
ガリレオシリーズ最新作の『ガリレオの苦悩』、『聖女の救済』は、ハードカバーしかなくて本棚が嵩張ってしまうので、文庫化待ち。今のところ、東野圭吾作品を読み漁りたい気分です。お薦めがあれば教えてください。


CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。