スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバサンになっても



届いたー。
あの15秒のCMソングからどれだけ広げてんのやろ?! と思ったら、
3分58秒のちゃんとした曲になってました。(c/wはカラオケ)

1番~3番まである歌詞で、CMで歌っていた部分は、
1番の部分部分をちょんぎって貼っつけた、編集したものであることが判明。

1~3番すべてにちょっとしたセリフがあるんだけど、
別にセリフにする必要もない短いセリフで、
森高ファンなら皆知っている「森高は演技が下手」が、
今ここにきて、再び露呈されてしまった! あー残念。

ただ歌唱力は衰えてませんね~。
元々、音感の良さはデビューから定評があったけども、
某元女性アイドル(演歌アルバムを出すとかいう)の衰えっぷりにくらべたら、
大したもんです。

曲が何番か多めにあって、少しジャズなフィーリングで、
途中でオシャレなソロが入るっていう意味で、
過去のCM曲「GIN GIN GIN」「HEY! VODKA」のアプローチに似てる。
というか、きっと森高らしくするために似せて作ったんだと思う。
一つ違うのは、ドラムは叩いてない。
さすがに40近いオ●サンにはもうドラムは無理かしら。

あらっ、口が過ぎたかしら。
でも落札してよかった~、これ。すごくいい。
スポンサーサイト

ジェネギャ

正直、ジェネレーションギャップの話しって、自分だけは「知らんのマジでー?!」ってぐんぐんテンション上がって一人でチョー盛り上がるけど、聞いてるほうは別に大して面白くないことぐらい知ってる! でも、言わせて。


春から新卒(22歳)の子がうちのチームに配属になって、「学生時代は何を聞いていたか?」という話しになり、僕は…

小学時代 ・・・ アイドル専門(おニャン子、中山美穂、酒井法子、森高千里 etc)
中学時代 ・・・ マニアックバンド(有頂天、ヤプーズ、筋肉少女帯、東京少年 etc)
高校時代 ・・・ 洋楽HR/HM(Dream Theater、Steve Vai、HAREM SCAREM、EXTREME etc)
専門学校 ・・・ J-POPを軸として基本ノンジャンルで広く深くをモットーに

という変遷を踏んできている。特に小学生はアニメの主題歌の影響は大きいもので、僕なんかの世代はおニャン子は詳しく知らなくても、『ハイスクール奇面組』や『ついでにとんちんかん』で主題歌を歌っていた、うしろゆびさされ組うしろ髪ひかれ隊は知っているわけで…

俺「“ゆうゆ”は知ってる? 岩井由紀子。」
新「全然わからないです」
俺「そうやんなぁ。クイズ年の差なんて…、は知らんよなぁ」
新「わかんないですねぇ」
俺「井森美幸、森口博子に続くバラドルやってんけどなぁ」

新「バラドルってなんですか?」


絶句!
最近の子って、“バラドル”通じないの?
確かに最近バラエティに出るアイドルのこと、バラドルって言わないような気がする。というか、アイドルがバラエティに出ることがもはや当たり前になってるから、あえてそう呼ぶ必要も無いのか。ショックすぎる。

ちなみに、その新卒の子、学生時代何聞いてた?の問いには、
「えー、MY LITTLE LOVER とかー『(俺)あ、ゴメ、もういいわ。』」

顔専と性格

車に乗ってますと、少し渋滞気味な交差点で、信号が黄色になったので余裕を持って僕が先頭となって停車すると、すぐ後ろの車が「ま だ 行 け る や ん け !」と言わんばかりに ブォォーン! と大きい音を出して、対向車線に大きくはみだして交差点を抜けていきました。

あーあー、生き急いでるなぁ。
何をそんなに急ぐことがあるんや?
親でも恋人でも死んだんか?
たかだか1~2分の信号も待てへんのか?

すぐ事故れ。
すぐ捕まれ。
ちゃんと呪いをかけておきましたからねッ。


フト思い出したんだが、20歳くらいに地元のハテーントイレ(今は改装されもうない)で当時30歳の会社員と出会いました。体型は少しだけ脂の乗った痩せすぎでない程度で、色白で「麿呂系」の日本的な顔立ち。顔専の僕としてはものすごーくタイプだったので、もう押し押しでなんとか休みの日にお茶をする約束にこぎつけました。

その日待ちあわせ場所に彼は愛車のシビックで登場して、助手席に乗り、これからどう二人の間を狭めていく?って勝手に一方的にドキドキしていたんだけど、彼ってば信号にさしかかる度にハンドルに添えた右手の人差し指をトントンしながら「チッ」と舌打ちするんです。「どうしたんですか?」と聞くと、「交差点でモタモタするやつ俺キライやねん!」と本当にキレ気味で答えられ、もうその瞬間に「あー、この人、ないわ。」と思った。その後の喫茶店でもほとんど会話もなくその日はエッチなんてもってのほか、小一時間でデート終了。


なんか、こうして体験談つづってみると、出会うだけ出会っといて、けっこうお高いのかしらねぇ、俺。でもやっぱりいくら顔専とはいえ、タイプだったとしても性格がダメなら、全部ダメ。百年の恋もなんとやら。でも逆に言うと、性格が良くても顔がイケてなかったら、顔専だから、やっぱりダメ。そりゃ、いつまで経っても恋人出来ないよ!

ラララノラ

朝から雨どしゃぶりだったので、自転車通勤はやめて、バス→電車→徒歩通勤にしたのですが、これほどの雨だと傘をさしても膝下グッチョリになるので、靴下の替えをカバンに入れて行きました。いざ職場ではきかえようと取り出すと、雨に濡れたカバンから染みだして、替えの靴下まで濡れていた。がっかり。ほんでも一応はきかえたのだけど、脱いだ靴下を、職場の机の引き出しに入れっぱなしにして帰ってきてしまった。あー、月曜には臭ってるかも。

傘をさしながら iPod 全曲シャッフォーしてましたら、「さしてファンでもないが割と好き」なMr.Childrenの『しるし』が流れてきて聴いてたんだけども、あれッ?何だろこの液体。

泣いてた(爆)

もう(爆)って表現が一番ピッタリ過ぎて笑える。特に歌詞さえも頭に入ってこないくらい、“スルー聴き”してたんだけど、突然にちょっと前に好きだった人がフワッと浮かんで、そのメロディラインとなんだかマッチングしたんだなぁ。じわーっと涙が出てきつつ「いやいやいやいやいやいや、なんでやねん!>俺」と自分ツッ込みしながら、傘で顔を隠しながら歩きました。

雨は冷たいけど濡れていたいの
思い出も涙も流すから

今、関係ないやん!森高。>俺(さらに自分ツッ込み)

最近、ラフェスタのCMで、森高が歌ってるのを聴いて、森高ヲタとしては激しくアガッた。森高さん8年ぶりのレコーディングだったそうですが、歌声変わってねー! ♪ラララノラ ってとこで、声をダブリン処理してるところなんかは「この曲ミックスした奴、森高をわかってる!」って思いました。一般発売は予定されてないそうだが、日産のディーラーで来場者プレゼントとして配られたそうで、オークション見たらけっこう数あった。ゲットするです。

クモと同じくらい、殺しちゃいけないと思ってるのが、蜂。ハチさん。特にそろそろお見受けする季節になってきたアシナガバチさん。彼らはクモと同じ益虫であり、庭に植えた草花を荒らす虫を食べてくれるので、共存するのが良いのだ。羽音にはビビるけども、巣や個体そのものを攻撃しない限り刺すことはないし、庭で水を撒いていると、どこからか飛んできて撒き終わるのを待っている姿も何だか可愛らしささえ感じる(たぶん水が飲みたいのだと思う)。まれに洗濯物にくっついてまぎれこみ、知らずに着て刺されてしまうこともある。少しだけやっかいな子だけど、でも根はいい子なんです。

あと見た目の肉厚な体や羽音からどう猛な印象を受けるクマバチは、人間を襲うことはまずなく(むしろ無関心らしい)、ひたすら花の蜜を探している乙女ちゃんなので、花粉の媒介の手助けをするわけで、やはり追い払ってはかわいそうだ。

ただスズメバチはやはり注意が必要だと思う。隣家の軒下にアシナガバチの巣があって、よく観察していたのだが、アシナガバチの2倍くらいの大きさのスズメバチが突如やってきて、「ガチガチ」という威嚇音を出しながらアシナガバチを次々と蹴散らかし、中の幼虫を持ってっちゃうところを、網戸越しに間近に見た。軒下の地面にはたくさん戦死したアシナガバチが…。かわいそう。

巣に近づいただけで集団で襲ってくるっていうし、年に1回は人間が刺されて死亡したニュースも聞くし、こいつらだけは愛情を持てないんだけども、やはり害虫駆除という益虫な面もあり、憎めない。

みんなあんまりハチを嫌わないであげてね。


あと知らなかったんですが、アブはハエの仲間だそうです。じゃーキライ。
確かに見た目はハエっぽいな。

既婚者萌え(ぉぃ)

京橋の大阪ビジネスパーク内にある某大手F社へ出向に行っていた頃、たまーに「即ヤリ」系の掲示板に載せたりした。場所柄、まぁ釣れる釣れる。仕事で溜まりに溜まったビジネスマンの息抜き、精抜きに一役買っていたわけです。大体が、定時後で「夕方何時に○○ビル4Fトイレで。」や、昼休みの時間にサクッとみたいなノリでしたが、今だから言えるけど、就業時間中にトイレと偽って抜け出して別ビルへ移動し、いたしたこともありました。

ノンケさん用のエロサイトの中の一コーナーとして設けられた♂×♂の掲示板だったせいか、左薬指にリングした既婚者が多かった。(今も掲示板あるけどすっかりホモばっかり)

そんな中で、一度会って気に入られたのか、何度か連絡してくれる40代男性の方と、頻繁に会うようになり、昼食を一緒に食べたりするようになりました。妻子持ちの方で、個人経営の会社の社長。ちょっとイモっぽくてズングリムックリで、系でいうと石黒賢あたりを髪の毛寂しげのオヤジ化したような、まぁ、僕的にはまったく申し分無い方。最近同性に興味を持ちだしたそうで、僕と会う少し前に掲示板で会った人と経験を持った程度で、まだゲイの駆け出しなわけです。

僕は「辛くなるから、やめといたほうがいいよ~」とか「今ならまだ戻れるよ~」と、これは本音でそう思っていたので言っておきながらも、関係は保ちたかったので、いささか自分の中でも矛盾のある行動を取っていました。

もう10回は会ったんじゃないかというところで、ついに彼のほうから「付き合いませんか?」と言われました。この言葉を聞いた瞬間に、僕は一気に熱が冷めてしまって、「いや、それは、やっぱり、ねぇ、マズイでしょ」と言って丁重にお断り申し上げて、「じゃーまたね」と笑顔で別れたっきり、その人とはこちらから一方的に連絡をシャットアウトしました。

「♂×♀として成立した家庭があるのであれば最終的には戻ったほうが良い」という思いもあるし、♂×♂でも付き合っている人がいることを知っていて「付き合いませんか?」と言われればそりゃー断るだろ、という思いもあったし、コッチの世界へ連れ込んでしまう責任も重いし(それは僕の矛盾な行動ですでに引き込んでしまった結果の告白だったから責任感じているんだけど)、「奥さんと僕とどっちが!」みたいな鬱陶しい土壇場も目に見えて嫌だし、もー、なんか、いろいろごちゃごちゃひっくるめて、冷めた。

正直申して、「既婚者」「ノンケ」という響きに萌えてしまうのは確か。冷えてしまった夫婦仲で、それでも有り余る性欲のはけ口として、風俗よりもツボを押さえている男性を利用することは、僕はまーいいんじゃない?と思います。でも、「付き合う=愛し合う」となるとそれは違うんじゃないか?と思ってしまったわけです。

最近フト、あの人のことを思い出して、「どうしてるかな?」とか「家庭に戻ったかな?それともコッチの世界にドップリ浸かっちゃったかな?」とか思います。僕としては、あのドライな関係をもう少し続けていたかったなぁ。

たぶん一番ノリに乗ってた時かもしれない24~5歳頃の、出向期間6ヶ月間だけのフィーバーぶり。今はもう、てんで誰も相手してくれませんし、枯渇しきってます。というか、あの頃みたいな「毎日出してぇ」みたいな性欲が、もうナイ。

ノン父

※今回の日記はこちらからの流れで読むと、わかりやすいカモです。


朝のコーヒーを飲むか飲まないかで、午前中の作業効率がウンと変わります。飲まなかった日の午前中は、眠くは無いのだけど、キーを叩く動作が飲んだ日の1/2ほどペースダウン。やる気もなんだか起きません。コーヒー飲んだ朝は、「もう面倒くさい作業は午前中に片付けてしまえ」とばかりに、バリバリ片付けていくのだけどね。

飲む飲まない、いずれにしても、お昼ご飯を食べた後の午後の作業は、眠くて仕方無いのだけど。まして花粉症の薬を飲むと、猛烈な眠気に襲われて、キー叩きながら寝てしまって、気が付くとディスプレイが大変なことになってることもよくあります。


いつも通勤途中に買っている自販機の前で会う例のオジサンとは、もうすっかり社交辞令的世間話(GWどうでした?とか)をするほど仲良くなっているのですが、彼に会うのと会わないのとでも、その日の仕事のやる気に関わってきます。「あーあ、今日は会えなかったな」とコーヒーを飲み終えて、自転車で職場に向かう途中で彼の車を見かけ、向こうも気付いて運転席から大きく手を振ってくれることもよくあります。

なんだか嬉しくなるよね~。気にかけてくれてるっていうのが嬉しい。
嬉しくなって、ニマーッと笑顔になって、自転車こぐ力も入っちゃいます。

どうなんだろうかね。わざわざ運転中の車から手を振ってまで挨拶してくれるのは、ノン父的にはどういう感情なのだろう? そういえば指輪を見ていないので、ノン父かどうかはわからないのだけど、「礼儀正しい青年」ぐらいに思ってくれてるのだろうか?

とにかく、前回の目標でもあった「挨拶を返してお話をする」はクリアしたので、次なるミッションは、「既婚かどうかさりげに聞き出す」「お互いの名前を知る」というところでしょうか。

生茶とスペイン

松嶋菜々子と北大路魯山人(ふてぶてしさがなにげにイケる)の出てる生茶のCMで、BGMが「あれ?この曲たぶん知ってる」と思ってよーく聴いてみると、チック・コリアの「Spain」のオーケストラ・アレンジであることに最近気付いた。サントリーCM情報

この曲には思い出が…。

18~24歳までアルバイトしていた音楽スタジオの新入社員のレコーディング研修は、いつも決まって、アルバイトや社員が集まって即席バンドを作り、その研修までに課題曲を練習して、それをレコーディングするといういわば慣例行事。その第一回が、この「Spain」でした。渡されたテープは、チック・コリアの「Spain」に歌詞を付けてカバーしたアル・ジャロウ版。

当時、20歳やそこらの僕は、ジャズ・フュージョンは「かっこいいな」程度で、まだその良さを語るには早すぎる年代です。一緒に演奏するのは同じ音楽スタジオのスタッフですが、スタジオのアルバイトの傍ら、演奏でお金を貰うプロやセミプロの、いわば演奏のテクニシャンです。僕もこの頃から30~40代の人と演奏してステージに立って、稀にギャランティも貰ってましたから、そこそこ演奏に自身はありますが、「じゃ、この曲で」とテープを渡されて、チック・コリア?誰?? 「あるじゃろう」? なんだそのふざけた名前は。と思いながらもテープをデッキに入れて再生ボタンを押して聴いた時の印象は、「なんじゃコリャー!」

テープと一緒に渡してくれた人の手書きの譜面もあったのだけど、譜割とコードと、その難しい部分のリズムが書かれているだけ。「あとはおまかせ」なのです。まぁ、それはよくあることなのだけど、僕の20小節のエレピソロが用意されている…。

僕はこのコード展開からなるスケール(一連のコード[和音]進行から使ってもいい単音[ドレミ]みたいなもん)を見出すことができず、もう、ほとんどコードをリズムに合わせて鳴らしてるぐらいの稚拙なソロに終わってしまい、しかもそれがデータとして残されてしまうという人生の汚点。

その後も何度かこの慣例行事は続き、いろんな曲を演奏しました。今、思い返せば楽しい出来事だけど、このレコーディングしたデータを mp3 で持ってますが、とてもお聴かせ出来るような内容ではございません。僕と本当に仲良くなった人にだけ、お聴かせしましょう。

ようつべに、アル・ジャロウ版ありました。
この曲の難解さを是非聴いて下さい。
しかし、ジョー・サンプルと、スティーブ・ガッド。格好良すぎです。

Tommy祭り



今日もやっぱり行くあてもなくドライブしてたんだけど、
またガソリン代が上がってるんですけど?!
134円って。
もう気ままにドライブすんのやめよう。

で、やっぱり iPod と共にドライブするわけですが、
軽くTommy祭りになってます。
最近トミフェとヘブンリ、漏れなく全曲ゲットして聴いてるんですが、
見事にハマッてしまいました。特にヘブンリ。良い!良すぎじゃん。
この子、トミフェでは野暮ったくて不安定でキュートな歌声だけど、
ヘブンリでは、一転、ヒステリックでシャウトまでして、
こんな感情むき出しの歌い方も出来るのねぇ。

ブリグリの他の二人はどうしてるのかしら?と思ってWikipedia見てたら、
川瀬智子のこのトミフェとヘブンリーのソロプロジェクト、
クレジットはまるで外人みたいですけど、ブリグリのメンバーだったのね。
バラエティとかでトミーのドライな面白いキャラが前面に出たところで、
トミーひとり立ちさせて、でもメンバーはちゃんと支えていて、
良い方向転換だと思った。

スペルミン

自転車通勤してますと、ときどきフワッと「アラいい香り」と思って、
ちょっと引き返したりなんかして、香りの根元を突き止めようと、
クンカクンカしながら、自転車フラフラしてたら、怪しい人?

探している香りというのは、栗の花の香り。
「誰かここで射精したん?!」ってほど、精液としか思えへんあのかほり。
何を隠そう大好きです! 逃げも隠れもしません。大好きです。

むかーし、確か伊勢神宮だったと思うんだけど、
ゲイ友何人かで観光に行ったとき、途中で栗の花がたくさん咲いていて、
他の観光客も「くせー!」とか「ヤダー」と笑っている中で、
僕はイケてるお兄さん、おじさんを探すのに夢中でした。(わかるかしら?この心中)


精液(wikiの写真の精液の主は一体)のあの匂いは、
前立腺液に含まれるスペルミンという物質だそうで、
そいつが空気に触れて酸化するときに発生する匂いなんだそうです。
なんとかそのスペルミンを取り出して、スペルミン配合ローションとか、
スペルミン配合キャンディーとか、発売されないかなぁ、と思うのですが、
頭おかしいですかね。

普通に売れそうですけど。

ちなみに、こんなん見つけましたよ。
ザー汁味だったら買おうかなぁ、と思ったんですが、違うみたい。
マロングラッセみたいなんだってさ。

マロングラッセーラッセー♪

どっちもイケないけど

テレビドラマで、松山ケンイチが出ているのを見て、
「なんで今頃、大沢健なん?」
と本気で間違ってしまった。

主役級で出てるもんだから、
「大沢健、えらい遅咲きブレイクやなー!」って思ったよ。

デスノート見たのに。
似てるな~、と思って画像検索したけど、
大して似てなかった。

カーネーションとカメムシ

母の日、カーネーションを贈りました。切り花だけどね。
母は園芸が趣味なので、鉢花のほうが良かったみたい。まぁ、喜んでましたが。

部屋に戻ると、カーテンに蠢くものが。
カメムシでした。

虫大嫌いですが、例え虫でも殺生はキライ(蚊・ゴキブリを除く)なので、
臭いを出させないよう、刺激しないようにガムテープへ誘導させ、
足が粘着部分にくっついた状態で、ガムテープごと外へ出すと、
粘着地獄から自力で脱出して、ピューッと飛んでいきました。


今度はしくじるなよ。

ここにいるぜぇ!

アテナ役も代役を調整しているということで、
辻ソロが発売されるかどうか、
それだけが心配でなりません。

http://www.youtube.com/watch?v=QfjP-3Xzia0

やっと

今日で連休最終ですが、1日500円生活を守るべく、
9連休でしたので、500×9=4500 で終わっているはずです。
家計簿の連休前と連休後の残高を引いて、
この9連休中に使ったお金は…


11,993円


めっちゃつこてるやん!

GWに限って、シャンプーとか替え刃とか生活用品が一気に無くなったのと、
一人ドライブを楽しんだおかげで、ガソリン代(まぁ1000円得したけど)と、
この5~8月にかけて、花粉症に苦しむ僕は鼻炎薬が無いと生きていけないのと、
あー、あと、髪切った。

休みになると、動ける分、何かと使っちゃうよね。
連休中どこにも行かなかった僕がコレだから、
友達からのお誘いが多い人とか、相方さんがいる人とか、
大変じゃないの? でもみんなちゃんと遊ぶお金セーブしてるんだろうなぁ。

三十にもなってセーブできない僕は、ダメね。

明日から仕事。
仕事しているときの僕は、プライベートの僕とは180度違って、
プロジェクトリーダーとして周りを盛り上げて一丸となって仕事を進める役割なので、
自分で言うのもなんだが、イキイキとしている。
仕事が生き甲斐とは思わないが、
仕事しているときは、仕事のことだけ考えるので、
今はそっちのほうが精神的に楽だということです。

連休、辛かったです。

酔わせてよ今夜だけ

昨晩は珍しくソーダを買ってきて、家で酒をかっくらって(って一度言いたかったの)、デ●ス0.5mg×2と銀ハル飲んで、「意識無くなっても、もういいや」みたいな感じだったんだけど、意識飛ぶこともなく、幻覚・幻聴を見るでもなく、「寝~ようっ」って普通に電気消して寝ましたが、それでもこれって危ないよね。無意識のうちに寝ゲロして気道に詰まって窒息死してたかもしれない。


飲んだお酒は、母のお友達が置いていった「リンゴと食物繊維のお酒」が家にあって、前々から飲もう飲もうと思っていて、でも母の前で飲むと「KO2ももう大人になったんだね」みたいな雰囲気になりそうでこっ恥ずかしいので、母が実家に帰っている今、そしてこの「俺なんてもうどうでもいいや」的なテンション、そう、このタイミングで飲むべきよ! と思い立って、風呂上がりにサクーッとSODAと水を買いに行ったってわけさ。

寝ゲロと言ったけれども、僕はお酒を飲んでゲロ吐いたことないし、意識が無くなったこともない。飲んですぐ顔が紅潮してしまうのは父譲りで、お酒の強さは母譲りみたい。かといって、浴びるほど飲みたいって人の気持ちはわからないのだけど。


とにかく、こういう馬鹿げたことはもうやめよう。と思う。
酒を飲んで忘れることも出来ないようだし。

僕は音楽に愛されてる

なんかいろいろ考えてたら、部屋にいたくなくて、昼過ぎから愛車ミランダ(今、名付けた。マイカー・Mira)に乗って、あてもなくドライブ。大阪方面よりも、京都方面になんとなく呼ばれて、東寺周辺をぐるっと。



世の中には、「一人カラオケ」を楽しむ人もいるけど、僕には車があるから必要無いもんね。iPod と一緒にドライブすれば、車内は一人カラオケボックスさ! 「1コ下げて」とか「(女ボーカルは)4コ上げるのよ!」が出来ないのが難点かね。大口開けて歌っていたり、プロ気取りで音程に合わせて腕を上げ下げしたり、アイドルの振り付けを真似っこしたり、そんなところを対向車に見られたって構やしない。

おっと渋滞か。でもそんなことにイライラしない。「いっぱい歌えるラッキー」ぐらいのポジティビティー。わざと回り道して帰っちゃうよ。

大声で歌うってのは、僕にとって心のバランスを保つすごく重要な役割を担っています。

下手ですけどね。

コーラで乾杯

渡良瀬橋:♯森高千里さんの歌声が流れる♭ 歌碑、足利に完成 /栃木:MSN毎日インタラクティブ

記事中の斉藤英夫の字が間違えてる。
ちなみに、「渡良瀬橋」をカバーしたのは、松浦亜弥、後藤真希以前にも、城之内早苗、高山厳、元PSY・SのボーカルCHAKAがカバーしています。他にも、「今度私どこか連れていって下さいよ」をカバーした加藤紀子は有名ですが、「気分爽快」をカバーした安達祐実まで。

「今度私~」の加藤紀子は、桜っ子クラブさくら組からのソロデビュー曲がコレだったわけですが、当時加藤がまだ未成年であったため、「二人でお酒飲みたい」の歌詞が「二人で食事をするの」に変わっている。

「気分爽快」の安達祐実はアルバム「BiG」収録。アルバム発売年から考えると「家なき子2」くらいの時期で、同じく未成年であることを考慮して、「ビールで乾杯」→「コーラで乾杯」、「公園や海をドライブ」→「公園や海でスケボー」に変わっています。コーラで「飲もう~♪とことん付き合うわよ」は無いよなぁ。この安達バージョンの「気分爽快」はアレンジがロックオペラみたいなアレンジになって凄いキモイ。安達も安達で女優を意識してか、歌詞に合わせて表現を変えて歌っていて、やっぱりキモイ。

この歌詞変更も、ちゃんと森高千里が担当したって聞いたけど。

上記に挙げた全てを所持している僕は、森高ヲタです。逃げも隠れもしません。
気をつけて!(何を?)

twitter

また今回も携帯で閲覧してる人にはゴメンナサイだが、左側の PROFILE の下に、twitter を導入した。ヤフーニュースに取り上げられて便乗した私。今、何をしてるかをメモ感覚で残すだけの、ただそれだけのツールですが、これ一方的で、web2.0的で俺向きなツール(´∀`*)ウフフ

しかしこの twitter、よほど俺ファンじゃないと、いちいち見ないだろうな。例えば「おっ、今 KO2 君は梅田のアソコに居るんだな、よーし」とストーカー行為に及んでみたりですとか。この Flash のブログパーツはログを追えて、過去にどんな独り言を残したのか見れるので、ただ「何をしてる」ってだけでなく、パッと思い浮かんだ詩とかギャグとか、いろんな使い方も出来そうですよね。

別に詩とか思い浮かびませんけど。


で、web2.0って何よ。

83円/リットル

ガソリン:小売価格値上げ-話題:MSN毎日インタラクティブ

えー、聞いてないよ。

昨日、「そろそろ入れようかな~、でも明日でいいや」って思ったもんで、そんだったら昨日入れるんだったよー、と思いながらもこればっかりは仕方が無いので、たった1日違いで6円も上がっていた 129円/リットルと書いてあるスタンドに入って「レギュラー満タン現金でー」 1~2円ほど安いセルフスタンドは、過去に人が燃え上がる衝撃映像を見てから、よー自分で入れきらんのですわ(笑)

「えー、22.8リットル入りまして、2895円です」


1万円を渡して、お釣りを貰った。レシートには、「@127」と書いてあった。あれ?129円じゃないの? 確かに、22.8×127=約2895円だ。別に会員証とか渡してないけど、127円にしてくれたのかしら。ま、いいや。

家に帰ってから、いつものように家計簿を開いて計算してみると、どうも財布の中身が1000円多い。何回計算しても、ちょうど1000円多いのだ。ウーン、と思い返してみると、そういえばスタンドでお釣り「ひとまず大きい方、8000円と…」貰った!!

店員バカで得した~。リッターあたり83円で入れたことになる。安っ!!

セルフじゃ出来ないワザよね~。

ワザって。

ジム友

僕の家の裏はスーパーとなっているので、食料調達には困らない。20時の閉店間際に駆け込むと、惣菜が50~100円引きやモノによっては半額となっているので、その時間を狙って行けば、1日500円も容易なことである! …と思ったんだけど、「安いからアレもソレも買っちゃえ」みたいな、見事にスーパー側の術中にハマッたりで、会計済ましてみると、800円…。あぁ。

昨日はそんな閉店間際に駆け込むと、あら?レジにラガシャツ短髪髭のイカホモが並んでるじゃな~い、と思ったら元マイミクのご近所S君でした。まさかGW中に友達と会うとは思ってなかったヨ。ご近所といっても、彼の家はここから相当遠いハズなのに「なんで?」と聞くと、「ジム帰りで~」。

S君との馴れ初めは、まず僕が地元のジムで見かけて、「わぁ、かわいいっていうか絶対ホモ」と思ってガン見していたんだけど、ある日ミクシで彼を見かけてヤッパリネ~。てな具合でメッセを投げ、その後声をかけて知り合いとなりました。声をかけてからは、僕の恋心は何故か消え失せてしまって(容姿や性格がイケてなかったわけではない)、向こうも確実に自分には興味が無いようなので、フツーにお話するジム友になりました。ジム友だから、外でお茶したりカラオケしたりすることは無い。ただ以前は通勤電車も同じだったので、遭遇率はかなり高かった。

僕は自転車通勤に変えて、ジムを4月いっぱいで退会したので、もうS君に会うことも少なくなるだろうな~と思っていた矢先のことでしたので、軽く近況報告をしただけのほんのちょっとの時間でしたが、友達と話しが出来て少し嬉しかった。GW中、下手すると一言も喋らないで終わるんじゃないか?と思っていたものですから。
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。