スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露出狂?ノンケオ●ニー目撃

今夜の記事は、かなりエロ。(ま、たまにはね)
そしてすべて今日起きた出来事で実話。




自転車通勤中、車道を走る車の中を見るのがやめられない、というのは以前にも書いたとおりですが、どうも僕は怪しい車を察知するのが得意なのか、今日も自転車で帰る途中、「普通、そこには停めないでしょ?」という片道一車線の右側ギリギリに停車している怪しい車を発見した。

少し遠目の土手から見下ろしたときに、テレビか何かの動画を見ていることだけがわかり、その画面がいやに肌色が多かったことを見逃さなかった。少し寄り道して土手を降り、自転車も降りて気付かれないようにその車の近くまで歩いて行って、そっと背伸びして覗いてみたら…、ホラやっぱりね、オ●ニー真っ最中でした。

その動画はやはりエロビデオだった。少し離れた場所からでも女の子がアンアン言ってるのが聞こえます。車内では相当大きい音量かと思われる。彼の死角となるように、Bピラーと助手席のシートに隠れつつ、車のピッタリすぐ横に立って、助手席から覗き込んでみると、動画の画面の灯りが車内を照らし、しっかり下半身と顔が拝見できた。

ズボンとパンツを助手席に置いて、下半身は全裸状態。電池式?の自動で中が上下するオナホールを使用して、恍惚の表情を浮かべていた。うぉお! すげぇ、エロい! 助手席の窓から1メートルもない距離で、顔も十分確認出来たのだけど、ポッチャリ兄ちゃん(30代同い年くらい)でイモっぽくて、これはかなり極上なノンケなのでは…。

彼はそのオナホールを、時に深く入れてみたり、亀頭だけを刺激するようにあてがったり、たまにオナホールを取って、左手でしごいていた。刺激しすぎて赤くなったチンコは、ビンビンに勃起していたが、サイズは標準以下という気がして大きくはなかった。

こんなに至近距離でマジマジと見ていても、彼はオ●ニーに夢中なのか自分のチンコばかり見て、動画はほとんど見ていなくて、卑猥な音だけが外に漏れていた。 う~ん、ひょっとするとこれは見せてるんだろうか?と思って、少し前へ出てみたら、ビクゥッ!と驚いたのか背筋が伸びてこちらを振り返った。どうやら本当に気付いてなかったようだったよ。

数秒ほど怪訝そうな顔で見られ(というかガンをつけられ)、そのまま彼は下半身を露出したまま、車を急発進させて行ってしまわれた。(いきなり発進したので危なかった) 結局、イクとこまでは見れなかったけど、10分くらいノンケオ●ニーを見せてもらいました。


彼はやっぱり外で、しかも交通量のそこそこ多いところでオ●ニーしている、ということに興奮するタイプなんだろうな。でもマジマジと見られると引いちゃう、という意気地のない露出狂というところか…。大丈夫だよ、通報したりしないから。俺も変態だもの。


しかしめっちゃ興奮した~、未だ興奮冷めやらぬ…。しばらくはこれでオカズになりそう。
あれだけマジマジ見る時間があって、携帯カメラに収めなかったのが非常に悔しい。
また出没しないかなぁ…。


スポンサーサイト

まさかの延期

昨夜ヒィヒィ言いながら、にわか作りで仕上げたプレゼン資料、たった5枚! しかもフォントサイズのでかいことったら。 わざわざ購入した洋書の専門書籍から良い文面をチョイスして、わかりやすく転記するだけの作業なんですが、日本語に翻訳する作業に手間取ってしまい、時間がかかってしまった。あとは口頭で喋れば十分と、意気込んで今日を迎えたのですが、なんとこれが、会議参加者の急務により中止。来週に延期となりました。

まぁ、おかげでゆっくりと資料を見直す時間が出来たかな。 と言いつつ、これまた絶対、前日まで見直さないと思うけど。


ちなみにまるで英語完璧みたいに見栄をはりましたが、実は全然ですよ。TOEICは5回くらい受けて、最高点450点程度でした。学生時代から英語は好きだったんですがねぇ…。

お金と暇さえあれば、真剣に英会話スクールに行きたいと思っている。僕の家のお向かいさん家族は、家族間の会話は勿論、飼っている柴犬のしつけまですべて英語!という国際家族なんだけど(パパが日本人、ママがアメリカ人、ハーフの息子2人)、夫婦で英会話学校を営んでいるので、ご近所のよしみで安くで入らせてくれないかしら。っていうか、確実にパパ目当てなんだけどさ。それくらいのガツガツさがあれば、すぐ英語も覚えそうじゃない? 誉められたい一心でさ。


そういえば青春真っただ中の高校生時代、古典の先生のことをどうしようもなく好きになってしまった。でも残念なことに僕のクラスの教科担当ではなかったので、自分の存在に気付いて欲しい一心で、ひたすら古典ばっかり勉強してたおかげで、常に学年トップだった。古典だけ。 社会科(特に歴史)にまったく興味の無かった僕は、日本史・世界史ともに100点満点中、6点とか4点(ほぼ白紙で出してやったわ!ハッハッハ!)というありえない点数だった俺が、古典だけは100点満点中、98点とか満点を取っていましたよ。

まぁ、そんなところで担当外クラスの生徒の成績なんか気付いてくれるわけもなく、結局、先生の下駄箱に匿名(ただしそれが男からだとわかる)ラブレターを放り込んでおきましたけどね。アラ気味が悪い!


え、今何の話し?
あぁ、だからプレゼンは来週に延期なのですよ。


ねえ恋は一方通行なの?

今日は雨が降る予報でしたので、自転車はやめて電車と徒歩通勤。最寄り駅まではバスで向かうのですが、バス停でお見かけするメガネ紳士にズキュンLOVEしてからは、彼と同じ時間に合わせています。

7時16分着の空いているバスに乗るんだよね。近くのマンションにお住まいのようで、バス停までは歩きタバコでいらっしゃって、バス停につくと最後の一服をせいいっぱい吸い込んで、吸い殻を携帯灰皿に入れます。僕は彼の風下側に立って、彼のタバコの匂いの混じった息を嗅いで、少し興奮するのです。

今日は前のほうの座席に座られて、僕はまさに右斜め45度後ろの席に着席し、ずっと見てた。バスが駅に到着し彼が席を立つとき、持っていた傘の先端が立っていた乗客の若い男性のスラックスをかすめた。特に謝る必要もないくらいサッとかすめただけだったのですが、そのスーツの若造はこれみよがしに片足を少しあげて、オーバーアクションで左手でパンッパンッとかすめたところを払いやがった。


なんやお前!
そんな目に見えるほど汚れてへんやんけ!
そもそもそのスラックス、すでにシワシワやん!
どうでもええんちゃうんけ!
大体、お前の頭は何や!
ワックスでセットしてるようやけど、ただぐちゃぐちゃなだけやんけ!
もっとぐちゃぐちゃにし・た・ろ・か?!(手で頭を掻き回す)



ハイ、代わりに怒っといてあげましたからね。(心の中で)




しかも今日は帰りも同じバスでした。


ラブリー。


泣いちゃいそうよ

今週半ばに会社で俺発表のプレゼンがあるのだけど、そんな大層なものでもないし、機密事項にあたるものでもないので、自宅で資料作成をしようと思いつつ、「あーはいはい資料作成ね」と見えてないフリをして、三週くらいずるずると引き延ばしていました。

ラストチャンスだった先週末も結局何もせずに遊んじゃったし、それはそれで楽しかったから俺的に良しなんだけどさ。今日は給料日の絶対定時退社日だから、よし、今日と水曜日の定時退社を利用して、部屋でガッツリ作り上げてしまおう!

と意気込んでバッチリ定時ダッシュしたら、あまりに急ぎすぎて、会社に重要な資料を置き忘れてしまい、今もって何ひとつ取りかかることができないという始末。もーぉ、KO2のバカバカバカバカ!


夏休み終了目前、どっさりの宿題を前に呆然とするタイプでした。


もぉ、泣いちゃおっかなぁ。


出会いは大切

いつも休日は一人で暇してる僕ですが、今日は珍しくイベントが! このブログをコメント化したことを最も喜んでくれたという、「テニスとウクレレともうちょっと」の伊右衛門さん(ご本人には言わなかったけど、僕のなかではテニレレさんと呼んでいる)と初の顔合わせということになりました。

正午過ぎにハジメマシテして、オシャレなカフェに連れてってもらった。そうそう、俺ってこういうオシャレ感覚にとんと疎いんだよね、って改めて実感しちゃうほどで、きっとお知り合いにならなければ、一度も知ることもなかったであろう、カフェ…というと絶賛しすぎかな(笑)
kitahama_retro.jpg
「あまり人に教えたくないカフェ」という伊右衛門さんの気持ちも少しわかるような気がします。とはいえ僕らが入った直後に店内に10組近い空席待ちの列が出来て、かなり人気のカフェであるようだった。すぐ座れた僕らは時間帯的にラッキーだったのか…。


その後、どないしよかねーなんてボチボチ歩きながら、フト僕が発した「阪急メンズ館がオープンしたんだってね」という発言を受けて、見に行ってみることにしたのだけど、これがもうすごく面白くて。いくつか僕らなんかには結界が張られていて入れない仕組みになっている(そんな訳はない)ブランドショップや、パッと見フツーのセーターが「エッ、それ単位一つ間違えてませんか?」というような代物だったり、各階によって客層がガラリと変わってしまったり、一つ一つ拾っていったらそれだけで2~3日分のブログが書けてしまいそう。ここはアミューズメントパーク並に面白いので、是非、みなさんの目で確かめてもらいたいです。特に、一人で行くよりも、仲の良いゲイ友と一緒に行って、ワキャキャ騒ぎながら冷やかしに行くのがオススメです。個人的なツボは、メンズ館なのに音響メーカのBOSEが入っているあたり。これすっげ欲しいと思った。

twilight.jpg
夜景なんかとりつつ…

阪急メンズ館だけで3~4時間たっぷり楽しんだあと、だいぶ歩いたのでお腹も減り、美味しいパスタが食べたい!という僕のリクエストで、洋麺屋五右衛門へ。いつも行っている洋麺屋ピエトロとはまた勝手が違うのでどうだろう?と思ったのだけど、注文したカルボナーラチリトマトが、ごっつぅ美味かった。これだけのために、またもう一度行ってもいいと思う。
carbo_chili_tomato.jpg


その後、スタバでのんびりお互いのブログのことや、GBr登録ブロガーさんのことなどを、まったり話しつつ、21時前に健全安全好青年(by KAN)にお別れ。普段、自分一人ではまず知り得なかっただろうし行かなかったであろうお店をたくさん回れて、楽しかった~。僕は普段から一人好きを自称していますけど、一人じゃ知れないことっていうのは当たり前だけどたくさんあるよね。このブログを思い切ってコメント化したことで実現した今回のような出会いというのも、なかなか面白いものだなぁ、と思った。

スイマセン、コメント意味不明で(笑)
でもそう思ったんだもの。


駄デブ一直線

う~ん、どうも最近、覇気がないというか、起きてる間ずっと眠い。「眠い」とか「しんどい」とかすぐ言う人は嫌われてしまいそうですけど、も~ぉ、眠い、しんどい。

タイムテーブル的には、

21:00 仕事から帰ってきて、ご飯を食べたら、もう眠い。

22:00 なんとかPCを起動するんだけど、見ながらウトウト。

22:30 どうしようもなく、ベッドにもぐりこんだら、ものの数秒でぐっすり。

2:00 電気とパソコン消さんね!と母に怒られる。

6:00 目覚ましが鳴る。

6:30 スヌーズ5回目くらいでいい加減起床し、地獄のお目覚めシャワータイム。

7:00 身支度&朝食&テレビ(関西人なら絶対!『おはよう朝日です』)

7:30 出発。


この繰り返しのような一週間でした。

何もしない癖に言うのもなんですけど、なにかこう、枯渇した日常に潤い的なものが無いと、このままじゃ食っちゃ寝、駄デブ一直線ですよ!(ハイそこのチビデブ専!喜ばない!) 実際、もう体重は70kg越えちゃってますよ。(だから喜ぶなって!)


何かしなくては…、でも何もしたくな~い。


フムー。

肉が好きだ

母と焼肉に行った。一日遅れの誕生祝いってところです。1ヶ月に1回はこの焼き肉屋に来ているので、誕生祝いというよりかは日常行為に近いカンジ。特にスペシャルメニューがあったわけでもなく、いつものように塩タン、ロース、カルビをそれぞれ1人前ずつ頼み、ロースとカルビのどちらかその日美味しかったほう(日によって美味しさが違う)を、もう1人前注文するといった具合。ホラ、僕って小食じゃない? これくらいで十分なんですよ。

もし友人が近くにいらしたときには、是非連れていってあげたい焼肉屋です。上や特上でなくても、十分美味しいんです。

うまかった~。もう焼肉食うだけで幸せやよ。


ところで、焼肉屋に限らず、こういったファミリー向けの食い物屋に来ると、イケパパを探すことに余念がありません。隣に母がいるので感づかれないように、さりげなくターゲットを絞りつつロックオンし、テーブルについてからも、ずっと見てます。今日も、カップルで来ていた30代半ばくらいのヲタ系ポッチャリがかわいくてー。待合い席で待っている間から、凝視してました。短い靴下をお履きになっていたので、ベージュのデニムの裾から少しだけ生足がのぞいていた。ちょっぴり毛の生えたその部位をしっかり焼き付けておきました。牛も好きだけど、その生足にむしゃぶりつきたかったよ。


むしゃはぐジュルんぐッうんしゃガシュッ


いつもと変わらぬ土曜日

枕元に小さな小さな紙袋がぽんと置いてあった。会社の後輩君からのプレゼントのようである。開けてみると、中には黄色い小瓶が3つも入っていた。ヤッター!! ありがとう! 今まで貰ったプレゼントのなかで、一番嬉しいよ! でもよく手に入ったね?!


というアブナイ夢で目が覚めました。譲渡も犯罪ですよ!(何が?)


昼前に家を出て、ディーラーに寄って注文しておいたパーツを付けてもらった。それからはいつものご近所コースを、好きな音楽鳴らしながらドライビング。もうホント、この新しい車は僕の体にすっかり馴染んでくれた。まぁ、休みの度に用もないのにこれだけ乗っていれば当然か…。ドライブは好きだし、今の車も気に入っています。外側をね。車の中側に関しては今以て、てんで興味がありません。今日なんとなく初めてボンネットを開けてみたのだけど、


( ´_ゝ`)フーン…  バタムッ!


すぐ閉じた。



積もりそうにない雪が降った。
晩ご飯はカツ丼を食べた。
プレゼントもない、ケーキもない。
おめでとうメールはあった(TдT)アリガトウ


いつもと変わらない土曜日を過ごした。


ハッピー・バースデー・トゥー・ミー♪


凍った水たまり

僕は冬生まれだから、四季のなかでも冬が大好き。朝、家を出たときに頬に感じるピンと張りつめる乾いた空気は、「おー寒っ!」と思いながらも、寒ければ寒いほど何故だかワクワクする。しかし今年の冬はえらい寒いよなぁ、あれか、ラニーニャか、なんて思っていたら、出勤途中に凍った水たまりを見つけて、「わお!凍ってんじゃん!」と同時になんだか懐かしい気持ちになった。

ice_puddle.jpg

小学生の頃なんかは、集団登校中に凍った水たまりを見つけては、我先にと足でパキパキ割って進んだものです。ちょっとやんちゃな子なんかは、そんなデカイもんどこで拾ってん?!というような立派な大きい氷を上手に学校まで持ってきて、「どや!」と言わんばかりに見せびらかす子もいた。(それを歯で噛んでガーッと食ってるやつもいた)

そうだよなぁ、昔は毎年冬になると、そんなことして遊んでたよなぁ?
水たまり、凍ってたよなぁ。


それは温暖化のせいなのか、それとも自分が大人になって、些細なことに目を向けなくなってしまったせいなのか、わからないけど、ただ水たまりが凍っているのを久しぶりに見たような気がして、そうだ冬とはこうだったんだよ、と妙にホッとしてしまうような朝なのでした。


というか、気象学的にはこの寒さもラニーニャ現象の一つだとすれば、温暖化に起因するものであるかもしれない(ラニーニャ現象と地球温暖化の関連性はまだ研究中)のだけど、それを言っちゃぁ、ロマンが無いかい?ロマンて。


白髪をブチブチ

髪がだいぶ伸びてきて、最近気付いたのだけど、白髪の本数がめちゃくちゃ増えてる。どこを分け目にしてもピーンと跳ねてコンニチハする白髪。ロマンスグレーの渋い親父なんかを見ると、僕なんかはそれだけでピロリロリーン♂ですが(嘘)、まばらに生えた白髪というのは、なんだかみっともない気がするし、少し不潔感さえ漂う。


10代の頃から白髪は出ていたんですよね。俺ってば気だけは強くて、思ってることなんでも口にしちゃうけど、内に秘めた繊細な心は、他人の心を読んだり、物事の先を考えて行動したり、他人が幸せになるためなら自分の不幸も厭わないとする所があって(自分で言うな)、プロフィールにも書いている通り、いつも頭の中で何かを考え込んでいる。それは大体後悔の念が多くて、もう20年も前の出来事を思い出したりして、「あーすればよかった」なんて思うこともある。「もしあのとき、あーしていたら…」と、あのときの出来事を頭の中で再現して、自分に都合の良い別Ver.を作り上げて満足してしまうこともある。

昔、フジテレビ系列でタモリがストーリーテラーの『If もしも』というドラマがあったけど、まさにあんなカンジですね。(このオムニバスドラマ、DVD化激しく希望やわ~)

そんな考え込んでしまう癖があるから、白髪は増える一方なのかしら? 白髪でもハゲでも、僕自身がどちらになってもガッカリなんてしないけど、中途半端な白髪(しかも長髪の)というのは、自分で見ていても鳥肌が立つほど気持ちが悪いです。ゾゾッとします。


そんなこんなで、昨夜、血眼になりながら目に付いた白髪をひたすら抜いていました。あまりに集中しすぎて、ブログ更新も忘れたほどよ! 腕を常に上げた状態にしていたせいで、軽く筋肉痛になった。「白髪は抜いたらダメだ」とよく言われているように、白髪を抜くことで毛根を傷めつけ、その毛根から生えている別の毛(1つの毛根から複数の髪が生える)も抜けおちたり、その周辺の毛根にも影響して白髪を逆に増やすこととなるんだそうです。

そんなこといったって、みっともないんだもの!
昨夜だけで20本近く、ブチブチ抜いてやったわ!!


long-ge.jpg

がんばって髪伸ばしてきましたが、そろそろ限界。やっぱり短髪の楽チンさを知ってしまうと、長髪の出勤前のブローが面倒かったり、仕事中も今どんなヘアスタイルになっているか気になったり。うざったらしいことこの上ない。

もうムリ。来月には短髪に戻ります!
俺、短髪の野郎に戻るッス!
柳本監督のような白髪の短髪親父もいいわよねぇ…(*´∀`人)ポワーン ←野郎?


隠された唇

ゲイの人のプロフィール画像は、大概の人は唇を一文字にムッと結ぶ傾向があるように思う。特にガチムチ系の人(笑) ムムッッと力を入れているところを撮りました風に、力強さをアピールしているか、「ンーだ!」みたいな甘えん坊さんをアピールしているかのどちらかだと思う。そのように結ばれると単純に、あらカワイイ、と思ってしまうので、実際会ってみたらとんでもないクチビルゲだった、なんてことも、ままある。

僕はただのデブですが、例に漏れず唇をキュッとむすびます。僕は昔から唇が薄い人を好きになる傾向が強く、そのために自分の唇を隠しているという事実も否めません。実際の僕の唇はどうかというといたって普通で、上唇が少し前に出ていて、だらしがないように思う。

若い頃(中学生くらい)は自分の唇の形が嫌いで仕方なくて、また当時惚れていた人全員に共通していたのが、唇の薄い人だということに気付いてしまってから、意識して自分の唇の赤い部分を中に隠していた癖が、今でもしっかり残っている。


なので、大体は僕の唇の赤い部分は隠されているので、僕の本当の唇を知っている人は、それはあなたが私自身気の許せる人物であるということになります。おめでとうございます。何が?

居場所がない

結局、今日は一日、車に乗ってブ~ラブラ。久々にノンケのビデオボックスでも入って、ノンケAVでも抜けるやつ(ブッカケ系か、FAプロ作品など)でも見ようかな?とも思ったけど、フリータイムでも1000円~2000円使うの勿体ないのでやめた。なんで射精するのにお金を出さないといけないのさ! だから僕は有料ハッテンバには行かないのさ。無料の公園やトイレなら何度でm


で、車でブラブラしていると今日はどこもかしこも渋滞気味で、なんだか皆さん運転が荒いのねぇ。派手な事故現場(しかも事故直後)を別々に2度も見てしまって、あらヤダ、何かを暗示しているみたいで嫌だわ~なんて思いつつ、ガソリン満タンにしてもらって、よし大阪に行こうと思い立って、梅田まで。堂山の中に車を停め、梅田界隈を徒歩でブラブラ。

ヨドバシに行くと、かっこいいイカホモさんの多いこと。少し嫉妬してしまうほどカッコよくて、じーっと見ていたら、逆にじーっと見られた。あと、オーディオフロアの店員さんにずっとお慕い続けてる方がいらっしゃるので、その人も久々に見に行って確認したりして(怖いよ)、何も買わずに店を出て、地下のエクセルシオールで大好物のメープルロイヤルミルクティを嗜む。しかもテラスで。ヨドバシから出てくるイケメンチェックがかかせないってば! ここから出てくるイカホモさんも多くて、じーっと見てました。


さて時間的にはそろそろ関西一円のゲイ達が、それぞれの行きつけのお店に集結する時間で、そんな時間帯に自分もそこを歩けば、少しはそれらしく見えるかなぁ? 安心するかなぁ? なんて思ったんだけど、どうやらここに僕の居場所は無いようで、一人で居ても寂しく感じるだけなので、すぐさま退散した。そうだった、いつもここに来るとこんな気持ちになるのだよ。


某ショップで、『愛蔵版 熊田プウ助大全集』を買った。G-men買ってた頃から好きだったんだぁ熊プウさん。マンガ読みながら声をあげて笑ってしまうほど面白い。 ノンケの方にも是非見て頂きたいわぁ。


愛蔵版 熊田プウ助大全集愛蔵版 熊田プウ助大全集
熊田 プウ助

古川書房 2007-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



一日中、車に乗って、好きな音楽を聴いて、ときに歌ったり、手と足でリズムを取ったり、歌詞に聴き入って感傷にひたったり、これが一番の僕の一人遊びかもしれません。

一人で暇なとき

ウーム。

つい先日バースデーだった母のお誕生日会を我が家で開くとかで、母の(飲み)友達がたくさんやってきて、家を占拠されてしまうらしい。お昼には退散しなくちゃいけないのだけど、どこへ行こう? ヨドバシなどに行ってウィンドウショッピングのあと、いつものエクセルシオールでホットメープルロイヤルミルクティーに興じるのもいいけど、せいぜい2時間ってとこでしょう。一人遊びを知らないワタシ。


友達がいないわけではないけど、こう一人で暇なときに、「暇だから遊んで」と連絡する勇気がないのは僕だけ?(笑) まあ20代前半くらいならそれも出来たかも知れないけど、30代になって「あ~そび~ましょ~」なんて軽々と言えない年齢的な意地みたいな信念みたいな観念みたいな、変に固執するところがあるんだけど、これってノンケっぽい感覚? それとも田舎者のゲイ感覚?

それに、同じくらいの年代の子みんな相方さんいらっしゃって、せっかくの休日にお誘いするのもナンセンスかしら? とかいろいろ考えちゃうと面倒になって、「一人でなんかしよー」って考えちゃいます。


でも何しよっかなぁ。
皆さん、一人で暇なとき何してはりますのん?


マッチ・スノウ

午前中にD社ディーラーへ新車の1ヶ月点検に行った。
daihatsu_cafe.jpg



外へ出た時間がちょうど雪の降り始めで、どうせまたそのうち雨になるんでしょう?と思いながら、点検を待っている間、ずっと外を眺めていたんですが、どんどん雪が積もり始め、お店前の国道はあっという間に渋滞に。
clog.jpg

路面がシャーベット状になっているのが、中からも見て取れた。そうこうしているうちに点検も終わり、整備士さんに「だいぶ雪が積もってきているので、なるべく車通りの多い道を通ってお帰りください」と言われた。はぁ?てめ何言ってんだ、あ?そんなん渋滞してるから時間かかるに決まってるやんけ。裏道使うって!と思った。(バカー) 車に乗り出してすぐわかったよ。あぁ、轍を使えってことなのね。

僕の住んでいる地域は、少し山手になっているので、坂の上り下りが多くあって、非常に危険。そういえばこんな雪の中を車運転したことなんて、一度もないなぁ。。。ゆったりとした下り坂では、ゆっくり走ってもABSガガガッ、ブレーキ踏めばABSガガガガガッ、どないせぇっちゅねん!

それでもそのまま車に乗って、映画などでも観ようと思って少し走らせたのだけど、あまりの“危険”さに“棄権”いたしました。新車だからねー、ぶつかりでもしたら嫌だもの。こういう日は家でおとなしくしていたほうがいいね。午前中に点検を済ませておいて良かった。


しかしホントすごい雪。2~3年前にも平日の朝にこれくらいの雪が降って、国道脇の歩道を徒歩出勤しているなか、縁石に積もった雪を「ワーイワーイ♪」と足で蹴りながら進んでいたら、ツルッと滑ってド派手に転んで(傘も飛んでった)、渋滞中のドライバーさんの良い余興になったことを思い出しました。


本当は素敵な誰かと一緒に、この雪眺めてみたいものだけどねぇ。

much_snow.jpg


引き始め風邪対策

また夢の話し。今朝見た夢なんですが、台所に蝉が入ってきたので(季節感のない夢…)、殺虫剤ふりかけて追い回していたら、玄関先に逃げていった。後を追いかけたのだけど、玄関先は暗くてよく見えないので、玄関一面に殺虫剤をふりまいていたら、突然、蝉が逆襲し、僕の腹のみぞおち辺りに物凄いスピードで突進して、腹をえぐって中に入ってやるぞ的な勢いでギュウギュウ押し入ってくるもんだから、「痛いッ! 痛い痛い痛い痛い!」と、あまりに痛すぎて目が覚めた。

目が覚めたら、やっぱりお腹がねじれるくらい痛くて、ベッドの上でしばらくのたうち回っていたんだけど、しばらくしたら痛みはいくらか引いたのですが、どうも熱っぽい感覚と関節の痛み。ムムッ、これは風邪なのかと思い、「どうしよっかな~トイレ行こっかな~でも眠たいな~」なんて考えてたら、朝6時の目覚ましが鳴った。えぇ、もうそんな時間だったの。

それから、シャワーを浴びて朝の支度をして、自転車に乗って10km走って職場につくまでは何ともなかったのだけど、始業開始してから熱っぽさと悪寒が増していく。う~ん、やはり風邪引きさん(母)と同じ屋根の下、数日過ごすとさすがに伝染るかな? 気を付けていたつもりだけど。


僕は平熱が少し高い(36度後半)せいか、38度出ても割と平気。母曰く、「あんたは子供の頃、熱38度でも外で遊んでた」と言われるほど。そういえば社会人になってからも、38度出ても頭使ってガシガシプログラム組んでいた。でもこの今のカンジではせいぜい37度程度だろうと思って、『職場でできる!KO2式引き始め風邪対策』を実施。

売店で500mlのポカリスエットとビタミンCタブレットを購入し、休憩時間に適時飲む。これだけで少しテンションが快復する。しかしトイレが近くなるので、しょっちゅうトイレに行く。今飲んだ生理食塩水とビタミンCが、カゼ菌をやっつけて今ここに排出してるんだッ! ビュッ!ビュー、ジョロジョロ…と暗示をかけながら、排尿する。

定時には自転車乗って帰れるくらいに快復し、家に帰って普通通り食事を済ませて、最後の念押し、「効いたよね、早めのパブロン」ってわけさ。我が家の常備薬パブロンはパブロンゴールドA微粒です。市販の風邪薬としては僕の中で絶大な信頼をよせています。


そして今! 今朝の腹痛、職場での悪寒が嘘だったかのように、元気を取り戻しています。もう今なら深夜の野外ハッテン公園で全裸歩行だっていけちゃうくらいだよ(しねーよ)。 素晴らしいね。これがまっとうな社会人のあり方だね。つっても明日から連休だけど、風邪で連休過ごしたくないじゃん。何事も早めの対策が必要ですよ。


ちなみに、風邪予防策は体質などによって人それぞれでしょうから、僕の予防策がすべての皆さんに効果があるとは限りませんので、効かなかったからといって、くれぐれも抗議のメールなどされませんよう、宜しくお願いします。



“驚愕”障害って。

GBrのブロガーさんで、「睡眠時驚愕障害(夜驚症)」について書かれていた方がいて、僕が子供の頃、寝ているときに夢か現実かわからない恐怖に怯えていたことが、こんな病名がつくだなんて知りもしなかったよ。


僕の場合、小学生時代に多かったのが、巨大な泡のような空気のような、とにかく巨大なブヨブヨしたバルーン状のものが次々と襲ってきて、ギュウギュウと押し込まれたり、高速ですり抜けていったりして、その様子は今でもうまく説明できないのだけど、とにかく恐怖! 今でもあの感覚を思い出そうとするのだけど、大人になってからはアレがどんなものだったか漠然としていてどうも掴めなくて、何より今はそんなの全然怖くない。

あとこれも多かったんだけど、二階の子供部屋から一階に行こうとして、階段を下りようとするのだけど、下に降りていく自分と、それを合わせ鏡のようにした上に昇っていく自分、それを背後から二人を見ている自分と、計三人の自分がそれぞれに意識を持って行動していて、怖くなって一度戻るんだけど、何度階段を下りようと試してもそうなっちゃう。…ってのも。幽体離脱にしては、数多くね?と思っていた。

大体、飛び起きて(階段のときは寝ていたのか起きていたのか覚えていない、夢遊病的なものかも)、電気をつけて汗びっしょりになって、おかーさーん(泣)と泣きつくことになるのだけど、大声を上げたりということは無かったかな?たぶん。


あとこれは悪夢ではないのだけど、中学生のときに、同級生と空を飛ぶ夢を見た。これがまた鳥のように手を開いてバタバタさせると、地上2メートルくらいの高度で飛ぶことができて、夢の中で「ワーイ!」なんて楽しそうに飛んでいたんだけど、これが現実でも実際に手足をバタバタさせていたようで、二段ベッドの上で寝ていた僕がそうしてバタバタしてるもんだから、下段で寝ていた兄がたいそうビックリして(相当暴れていたと思われる)、「コージ! コージ?!」と叩き起こされた。僕は汗だくになって目を覚まして、何故叩き起こされたのかすぐ判り、兄に「今、俺バタバタしてた?」と聞いた。夢の中で空を飛んでいながらも、現実ではベッドの上でドタバタしていることを意識していた。



そういえば、兄も夢遊症のような同じ症状があったのかもしれない。これは母が言っていたのだが、ある夜、物音がして母が目を覚まし、寝室の扉のほうに目をやると、扉から体半分だけ乗り出した兄がジッとこちらを見ていた。母が「どうしたん?」と言うと、無言のまま子供部屋に戻ったそうだ。兄にこのことを話しても、兄はまったく覚えていなかった。怖くない?!コレ! 軽くホラーですぜ。


小さい子供の10~20%に起こる症状らしいよ。



というか、なんだかちょっと怖い話しになっちゃいましたね。
怖くて眠れなくなった人がいたらゴメンナサイね。

じゃ、おやすみ~(怖い話割と平気)


当直の先生

午前中、母を病院まで連れていきました。昨日よりかは幾分ましになっていたようだけど、まだ熱が下がっていない様子。休日診療している病院につくと、当直の先生は外科医しかいなくて、それでも一応診ていただけて、お薬も貰えて一安心。インフルエンザの検査もしましたが陰性でした。あとはお薬飲んで、栄養つければ治るかな?


そういえば何故か僕のこれまでのゲイ友には医者や看護士さんが多くて(そういや元彼も医師だ…)、よく夜中などに当直室からメールや電話をよこしていた。「今~?テレビ見ながら寝っ転がってるとこ~ぉ」なんてフヌけた甘え声で電話をしてくると、きっと患者さんや他の病院関係者にはキリッとしたとこ見せてんだろうなぁ、と思って、みんなの知らない“先生”を知っているのだと思うとちょっと嬉しかった。


休日午前中の病院は人もまばらで、時折入院患者の見舞いの人が来る程度。照明も薄暗く静かだった。当直診察室の前で待っていると、白衣を着たその外科の先生らしき人がツカツカとやってきて、「さぁ仕事だ」とばかりにメガネをかけてキリッとしたマジメそうな中肉中背の30代後半~40代な先生でしたけど、残念なことに髪の毛に寝ぐせがついていた。たぶん直前まで寝ていたのだろう。あの時の僕の過去の友達や元彼のそれを想像しつつ、こんなマジメそうな顔をしつつも、実はついさっきまで当直室でゴロゴロと、彼女や愛人にドッキドキLOVEメールでも送ってでもいたのかしらぁ? エェッ! ま、まさかそこでオナニーまで!? なんてことを思うと、あんまりイケなかった先生でも、ちょっとイケてくるもんだから、不思議~。っていうか、想像力ありすぎ~。


春風邪

spring_has_come.jpg今日は3ヶ月定期の歯医者。歯垢除去のあのチクチク好きやわ~、たまらんわ~。チクチクしてくれる歯科助手の女の子がこれまた院長のご趣味ですか?っていうくらい、どの子も可愛くてキュート! 全然嬉しないわボケ! Vファクの「変態デンタル診療所」みたいな歯医者があれば、めっさ通うのになぁ。帰りに立ち寄ったGLOBALWORKの店内のポスターが可愛かったので、人目も気にせずパチリ。携帯待ち受け画像にしておきましたよ。ショッピングモールはどこもすでに春物でした。



母が風邪をひいて38.7度も出ているとか。何か買ってこようか?と言っても、何も食べたくなさげ。なのにパートで入っている仕事は休めないとかで、今日は休んだけど、明日から出る気まんまんのご様子。今は階下で暖房と毛布にくるまってテレビ見てます。いや寝ろよ。心配です。

ちなみに僕の風邪予防策としては、毎日の帰宅後のうがいと手洗いは勿論ですが、それでもなんとなく「あ、ひきそうだな」と予感がしたら、それが実際にひいてもひいていなくても、パブロン飲んで、ポカリスエットをたくさん飲んで、早めに床についてたくさん寝る。これで翌朝スッキリ。 あと風邪をひくなら土日にひく。そして土日で治すこと!(と、ハケンの品格でも言っていた) いまだ風邪で会社を休んだことなんか無いよ。(寝坊で遅刻はあるけれど


CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。