スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクス モニタ

液晶モニタ買ったよぅ。

夕方から車出してヨドバシ梅田まで。ヨドバシの携帯サイトではモニタの種類も豊富にあったんですが、実際に展示されているものは数が少なくてゲンナリ。I・O DATAの24型PC用液晶モニタ(地上アナログチューナー付き)が現品限りで4万円を切っていた(希望小売価格13万円のもので71%引き)のにはかなり心揺らがされましたけど、いくら安くてもそんな大きいサイズどうするんだ、しかも3年もすれば地上波アナログ見れなくなるし意味ない!と思い留まった。

携帯サイトで狙いを付けていた「在庫わずか」と書かれていた液晶モニタが展示に無かったので、店員を呼んで聞いたところ、「1台だけ在庫ありました!」と言われ(←購買意欲を高めるための“嘘”だよねぇ)、提示された金額がサイトより5000円高かった。「サイトではこの値段なんですけど」と携帯の画面を見せて、その値段で決めることが出来ました(^-^)

買ったのは、I・O DATA の19型液晶モニタ(地デジチューナー内蔵)。コイツ。


早速PCに繋いでみると、かなり発色も良くて、今まで見えていなかった色が出てきた。応答速度も良く(5m/s)動画の反応が良い。お~、これでエロ動画見たらめっちゃ興奮するやろなぁ。

地デジのほうは、試しに自室の引き込み口に繋いでみると…、おぉ、見れた! 我が家は地デジ対応していたのね! ただ受信感度はあまり良くないみたいで、デジタル独特なノイズ、画像転送が止まったり、ブロックノイズが乗ったり、関西テレビにいたっては受信すらしてくれなかった。我が家は周囲の建物の状況が悪いらしく、アナログでもかなり映りが悪くて何も見れない日があったりする。う~ん、せっかく自室でテレビが見れるようになったのだから、この際だし光テレビ申し込もうかなぁ。


接続した直後にすぐドット抜けが1箇所あったんだけど、ドット抜けの周囲をぷにぷに根気よく押していたら、消えた!
・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*


スポンサーサイト

背に腹は代えられない

PCの液晶モニタが壊れたみたい。

昨日の夜、仕事から帰ってPCを起動したら、モニタの電源ONなのに真っ暗。はじめPCが逝ったか?と思ったが、PCの起動はどうも正常に完了してるっぽかったので、液晶モニタだと思ってよ~く目をこらしてみると、薄ぼんやりとデスクトップが見える。パッと見は真っ暗なので、マウスの軌跡を追うことすら出来ん!

Winボタン+Uキー → 再度Uキーでシステム終了させて(知っててよかったショートカット!)、モニタケーブルと電源ケーブルを、抜いたり差したり抜いたり差したり出したり入れたりしてもダメ。

最後の頼み、モニタを叩いたり揺らしたり。意外と振動で中の接点が復活したりするんだよね~、なんて言いつつビシバシグラグラさせていたら、今度は数秒ごとに画面がフラッシュしだして、電源OFFさえ出来なくなってしまい、何このカウントダウン?! いよいよつぶれるの~?

電源ケーブルごと抜いてとりあえず昨夜は寝て、朝起きたら何事もなかったようにつきますように~、ってお祈りもむなしく、やっぱり昨夜と同じ症状で、ほんとダメみたい。この記事は携帯で書いている次第です。


パソコンが出来ないというのは僕にとってはとてもツライ。家にいる間はずっとPCの前にいますから。そのほとんどがネットで情報収集だけど、音楽聴いたり、DVD見たり画像見たり動画見たり(←確実にエロ用途だな) こんなことしている間にいつも見ている画像掲示板で極上画像を逃しているかもしれないと思ったら、俺いてもたってもいられないよ!

明日、電気屋に行ってモニタ見てきます。というか買うつもりで…。固定資産税が間近だというこの時期にはイタい出費だなぁ。でも背に腹は代えられないね。すべてエロのため。男はみんなそう。


ゲイ流ポタリング

金曜日は平日でしたが、職場が年間の勤務日数調整のための特別休暇でしたので、4連休でした。(そのせいで車にキズが…←それはテメェのせいだろ) 特に予定もなく、一人ドライブカラオケしてるか家でのんびりしているかの、非常に僕らしい連休となりました。


最近、テレビで「ポタリング」という言葉を知りました。自転車でぶらつくことを言うのですが、サイクリングと違って、目的地や何をするか、どこで休憩するか、道順はどうするか、などは一切何も決めないで、ただ気の向くままに近所や公園を自転車でぶらつくことだそうです。その中で見つけた新しいカフェに入ってお茶するのもよし、風景を写真に収めるのもよし、つまり自転車版散歩というわけで、何でもフリーってわけです。

ポタリングに使用する自転車も当然何でもよくて、ママチャリだって全然構わない。テレビでは自転車用のチャイルドシートをハンドル中央につけた奥様が、ポタリングオフ会に参加していました。


流行にはすぐ乗っかっちゃう、しかも変に健康に気を使ったりするゲイには、暖かくなってきたこの季節には持ってこいのアウトドアじゃありませんこと?(花粉症の人には辛いだけかも) 「ポタリング」なんて呼称つけられたら、やらずにいられなくなっちゃうじゃない! 気(趣味)の合うゲイ友と二人でポタっちゃったりでもしたら、

「ヤダ見て!あの工事現場のオッチャン、ゴスエロい体型してる!盗撮して画像掲示板に投稿よ!」だの、

「今イケてるリーマンがスタバに入ったわ! アタシ達も続くわよ!」だの、


とっても微笑ましい光景が目に浮かびますね(*´∀`)。. .。.:*・゜゚・*



いつかやるわ、あたしも。ポタるわ。


でも、いくら「ポタリング」なんてカッコイイ名前つけても、交通法規やマナーを守るのは大事だゾ! などと最後に善人ぶってみる。


ヨシヨシナデナデ

今日は本当にツイてない日だった・・・。

洗車しようと意気込んで、朝からいつも行っているコイン洗車場に行き、ふき取りスペースに駐車しようとしたら、ちょうどサイドミラーから死角となるところに白い鉄柱があり、知らずにバックしてたら左後方からメキョ!という音が。 あッ! あーイッちゃったな。

洗車場には5人くらい人がいて、何人か異音に気付いてこっちを見ていたけど、焦った姿は見せたくなかったので(笑)、チラッと見て「フーン、別に、気にしませんが?」という演技をしつつ、内心、ビクビク。

だってリアバンパーがズレていて(!)、キズがびっちりだったんですもの!

バンパーのズレは押し込んだら入った…。キズかと思ったそれはほとんど支柱の塗装が付着したもので拭えば取れた。でも深い傷も負っていた。でも実はそんなにショックは大きくなくて、買って3ヶ月経つけど、他にすでにキズはたくさんあるんだよねぇ(笑) 決して運転が下手だとは思わないけど、注意力が散漫みたい(←それって重大では)

僕はそんなに「車が何よりも大事!」というほどでもないので、外見がどうであれ気持ちよく走ってくれればそれでいいんだけど、そりゃあキズがあるより無いほうがいいので、ちょっとだけショック。

バンパーもボディも、凹んでいなかっただけマシかな。
傷は、サビられたら困るので、傷修理出そうかなぁ。


他にも今日はツイてないことだらけで、ホントもうやんなっちゃう。
んーもーぉ、誰か、ヨシヨシして~、ナデナデして~、イイコイイコして~。(←止せ)


俳優になりたい

小さい頃から音楽を習っていた僕は、音楽の時間ではいつもお手本とされて、教室の前でリコーダーを吹いたり、ピアノ伴奏をすることが多かった。僕の将来の夢は、ピアノの先生や音楽に携わる仕事なんだろうと、きっと誰もが思っていたに違いない。

小学生の頃の男の子の将来の夢といえば、「野球選手」「お医者さん」「大会社の社長」なんかがメジャーどころで、ちょっと賢いヤツなんかは「弁護士」なんて書いたりもしますが、僕が小学校の卒業アルバムに載せた「将来の夢」は、

dream.jpg


あー、そうだったね、そうだったよ。

小学5年だか6年の夏休みに、暇を持て余すように正午のバラエティ番組からチャンネルを変えずにそのまま流れるように見ていたのが、昼ドラ「華の嵐(1988)」だった。僕はなんだかその高貴な雰囲気漂うドラマに入り込んでしまって、高木美保の高慢で流麗なお嬢様っぷりに憧れて 長塚京三の渋さに惚れ込んで、夏休み中かかさず見ていた記憶がある。(実際にもっと印象深いのは次作品の「夏の嵐(1989)」なんだけど)


この頃はとかく俳優さんに惚れ込んでしまう傾向が強かったように思う。長塚京三、蟹江敬三、森本レオ…(オッサンばっかりや!) この辺りの俳優さんを見ては、「会いたいわ~」と思っていました。だからあの卒業アルバムは、演技をやりたくて書いたわけではなく、憧れの俳優さんに会いたくて書いたものだということなのです。でもそういうきっかけが始まりでもアリだよね。


僕が実際に演技をすることになったのは、中学三年の文化祭。演劇をすることになり、なんと主役に抜擢! 広い体育館で全校生徒が見ているなか、一所懸命、女優を演じきった本番後。僕の友人が口を揃えて「コーチャン、声小さくて何言ってるのか全然わからんかった」と言われてしまい、激しくショックを受けた。僕としては相当大きな声を張り上げていたつもりが、全然聞こえていなかっただなんて…。

その後もいろんなタイミングで「声小さい」と言われているので、あぁ、僕は声が小さいのね、と自覚している。でもテレビドラマや映画だとマイクが拾ってくれたり、アフレコできるからまだいいけど、舞台女優だと致命的よね~ぇ。木の実ナナみたいな芝居のスケールが大きい女優には到底なれないのね。


関西人は普段のトーク、特に身に起きた出来事を説明するときなんかは、突然ショートコントでも始まったか、はたまた落語かというくらい、一人で何役もこなして面白可笑しく話したりするので、案外演じることに違和感ないかもしれない、と思う。


いっちょ俳優、目指してみますか。
まずは V-Factory あたりから。(ゲイビかよ!)


皆さんの子供の頃の将来の夢は何でしたか?


銭湯で興奮しません

今日のお昼、なにともなしに近所の銭湯に行った。「こんな田舎なのにどうして?!」というくらい某WANTEDで頻繁に出てくる銭湯だけど、さすがの昼間に左足首にロッカーキーを付けたイカホモなんて俺くらいで(どこがイカホモなんだ)、若パパや作業員風のオジサンばっかりで、なかなか良いビューでした。

以前にも書いたことがあるけど、よくノンケさんが「ゲイの人が男風呂入るのって、俺らが女風呂入るみたいなもんやから羨ましいな!」と、よく勘違いされる。全然そんなこと無いと思うんだけど、どうだろう? 確かに眺めは良いけど、ゲイといっても男だという自覚があるから、男風呂に入るのは当たり前で、生まれてずっと男風呂に入ってきたわけで、ドキドキするでもないし、背徳感があるわけでもない。ノンケ男子が女風呂に潜入するなんて日常有り得ない行為なわけで、それとはまったく別のお話だと思う。

もう少し言うと、銭湯でみんな裸になるのは当たり前だし、この歳にもなると男の裸体なんて見慣れたもんだから、特別興奮するわけでもない。中川いさみという漫画家が「大人袋」というマンガのなかで、脳だけ20年前に戻した状態で本屋へ駆け込み、ヘアヌード写真集を見て「ムッホー!ありえねー!」と興奮する4コマ漫画があった。あんなカンジで、「集団で風呂に入る」という記憶だけを取り除いた状態で銭湯に駆け込めば、「スッゲ!ありえねー、みんな裸じゃん!」と一人興奮してギンギン♂になるのであろう。

ただし、この4コマ漫画のオチは、「3日で慣れた(チェッ)」となるのだけど。


だから、銭湯で全裸の男性をマジマジ見ることよりも、全裸になることはまずない職場の更衣室で、着替え中の殿方のトランクスの隙間から見え隠れするタマタマのほうが、よっぽどドキドキするし、興奮するのだー!


あの時の慢性扁桃炎

喉の痛みがまだ完全に取れていません。まだ少し違和感を感じます。今は薬を飲めば痛みと腫れは幾分か治まるけど、薬が無くなったらまた腫れが戻るんじゃないか?と思っているのだが…。治まらないようだったら、来週の4連休(金曜日が特別休暇)の金曜日に、以前入院したところへ行ってみようかなぁ。


精子が俺の喉で受精でもしたのかしら。で、10ヶ月くらいしたら口からボゲェェと卵が出てきて(ホッカホカ)、ピキピキと割って出てきたトカゲみたいな赤ちゃんが顔を出して、キョロキョロ辺りを見回したかと思うと、「ピギャー!」って鳴き声を上げるんだ。


ホラーマンガの見過ぎよね。喉で受精ってどういうことよ。


でも実際にそれに近い不安を覚えたことがあって、入院した10年前の扁桃炎のとき、扁桃腺が腫れて高熱が出る前日だか前々日に、ちょっとおイタをして、お口にいただいたばかりの出来事だったものですから、「うわぁ、絶対アレやわー」なんて思いながら入院した。病院で検査をして検体を顕微鏡で見てみたら精子が泳いでた、なんてシャレになんないわよ!なんて思ったりもした。

診断書には「慢性扁桃炎」と書かれていたのだけど、慢性だなんて、それまで扁桃腺がいつも腫れて困ったなんて覚え一度も無かったんだけど、そこは先生(女医だった)が配慮してくれたのかしら…。なんて、いまだに本気で思っていたりする。

まぁ、まさかそんな虚偽の診断書を出すなんて、そんなわけはないのだけど、いまだにあの時の「慢性扁桃炎」という診断には、疑問を持っている。



ちなみに今回は飲んでいませんから!!(何を?)


仮病じゃないのよ

昨晩から喉に小さな異物感があったのですが、今朝起きてそれが肥大化したのか、唾を飲むたびに痛い。この感触は10年前の慢性扁桃炎による入院(扁桃腺切除。僕のこれまでの人生史上最も痛い出来事)のときと同じだぁ、と思ったのですが、顎の下あたりにしこりを感じて痛い以外は、熱もないし割と元気。今日は午前中に外せない仕事があったので、「根はマジメだけど怠け者」の僕は、昼から帰る気マンマンでとりあえず出社しました。

雨が降っていたので徒歩出社にしたのですが、さすがにこの状態で3kmの道のりを歩くのは堪えました。職場に着く頃には頭ポーッとしましたよ。まぁ、それもすぐ治ったんだけど、喉の痛みは変わらず。お客さんと自社内とそれぞれに午後半休の手続きをテキパキと済ませて、やるべき仕事もチャッチャとこなして、正午過ぎに「お先っす~」といって元気に帰る。とても体調不良による早退者には見えなかったと思うけど、先にも言ったように熱もないし悪寒もない。ただ喉が腫れて痛いのだ。でも、首を回すだけで痛かったり、喋るときにも違和感があるなどして、10年前の悪夢ほど酷くないけど、ここは大事を取って早めに医者に診て貰うべきかなと思ってのことでね。


一度帰宅して、10年前入院した病院と同じところに行ったら、診察受付は午前中までだった。総合病院って融通きかなくて嫌だわぁ。午後からの受付もできるすぐ近くの耳鼻咽喉科に初診で行きましたよ。

こんな時にまで何ですけど、一度帰宅したときにネットで自宅近くの耳鼻咽喉科を調べたんですね。すぐ近くに2つあり、その1つは女医だったので、迷わず男性医師のところへ。やっぱり女性よりかは男性に診て貰いたいよね。あっ勘違いしないで。これは女性蔑視ではなくて、僕自身の性癖の問題ですから。(言わなくてもわかっとる)

出てきた医師は…。唇分厚くて馬面。FAプロの男優さんに似ている人がいるなぁ…エロそうな顔してるけど、でもイケなかったよ!

以上、報告でした。







あ、症状は扁桃腺ではなくてリンパが腫れているのでは?とのことでした。お薬もらいましたが、いかんせん元気なので、遊びに出ちゃおうぜ! ヒャッホ~ゥ!

…ていうのはダメ? あっダメ? あ、そう。


神も仏も信じない

大体いつもツイてないというか、男運が無いというか、O谷さんのことにしても、古典の先生にしてもそうで、ノンケもゲイも含めて自分が心から「好きだ!」と思った人は、僕のすぐ近くにいるんだけど、いつも交わらない。

中学時代に好きになったのは、理科のS先生。兄が2年の時の担任だった先生で、僕がまだ小学6年のときに兄のクラス写真を見て一目惚れ。入学する前からすでに「この人の担任、もしくは教科担当にならないかなぁ?」と思っていた。でも担任や教科担当って、その学年ごとに3年間通して担当される場合がほとんどじゃないですか。僕と兄は2つ違いなので、僕が1年のときには兄が3年生。S先生は僕らの学年を見ることがまったくないまま、それでも微かな希望をもって3年生になった。僕らの学年にまったく関与しなかったS先生が、まさかの担任になったりして!なんてミラクルを期待しながら。

ところが、僕の3年の担任になった先生は僕らの学年で最も嫌われていた先生(チュートリアル徳井を相当ブサイクにした顔)となり、しかもコイツの担当が理科。担任が理科担当であれば、教科担当を別の先生に代えるワケがないじゃないか。あー、結局3年間、叶わぬ恋だったのねぇ(担当となっても叶わぬ恋に変わりはない)。

そう思っていたら、他のクラスの理科担当がS先生となっていた! なんで?! そのクラスの理科の時間を把握して、授業開始のベルが鳴ってもわざと廊下に出て、S先生が渡り廊下からやってきてそのクラスに入るのをいつも見ていた。あぁ、俺そっちのクラスに入りたかったよ…。 どうせなら3年間まったく僕らの学年に関わらないでいて欲しかった。


これとまったく同じシチュエーションが、高校時代の古典のY先生ってわけ。兄の2年の担任というところから、それまで僕らの学年に関与しなかったのが、3年になって他のクラスの教科担当となるところまで、まったく同じ。


O谷さんだって、僕らのチームに配属されてもいいところが、別チーム配属となり、そこのチームには僕らの会社の人間だっている。俺そっちのチームに入りたかったよ…。


先生に限ったことではない。ノンケに限ったことでもない。僕がこれまで心から好きだと思った人は、いつも僕の近くにいるけど、どうしても手が届かない。僕の「待ち」のスタイルにも問題はあるんだと思うけど、それにしてもツイてないというか、好きになった人をここまで僕から遠ざけるのは一体誰の仕業? 先祖の仕返し? お墓参りしていないから? 供養していないから? こんな精神状態で、そのような囁きをされ入信してしまう人って、こんな気持ちなんだろうな。

いや、僕は神も仏も信じない。自分の人生は自分で切り開くものだと思っているので、誰のせいにもしない、すべて自分のせいだ!


いつか良い人と巡り会いますように~ (-∧-;)ナムー (←神頼みじゃん!)


いくつになっても片思い

僕が今の職場について真っ先に目にとまり、本気で恋してしまうほどに一目惚れしたO谷さんが、日本に帰ってきた!

中国語が堪能で、数年前に中国へ単身赴任してから、お姿を拝見することがなくなってしまったのです。寂しさまぎれについ同じフロアの他のイケてる人に目がいっちゃったりもしたものですが、この春の異動で、はれて日本に帰国ということになり、数年ぶりにまたお姿を拝見できることとなって、とてもウキウキしている毎日です。

中国から帰ってきて、なんだか一回り大きくなって帰ってきたみたいだよ。あ、これは比喩ではなくて、そのままの意味でね。あれ?こんなに大きかったっけ? と感じた。背の高さ、恰幅の良さ、メガネ、目、鼻、唇の形、髪型、髪質、声、笑顔、性格、どれ一つとっても僕の超ど真ん中、百点満点なんですよ。これで異動先が同じチームだったら良かったのだけど…、残念ながら別チーム。中国赴任前も別チームだったので、O谷さんは僕の顔は知っていても、目があっても挨拶までも交わさない、顔見知り程度。


3月から帰ってきてフロアで一方的なサプライズ再会を果たしてから、ずっとO谷さんのことばかり考えてるんだなぁ。居ない間ずっと目をかけていた他のイケてる人、完全に霞んでるよ。座席はかなり離れていて、しかも背中合わせ。僕は仕事中何度も振り返って、向こうのほうにいるO谷さんの後頭部を見ては、ハァ…とため息をついています。気が付くと頭のなかで、「O谷さんと付き合うまでの100の方法」を真剣に考えたりして、何もない一点をボーッと見つめたりしています。仕事も手に付かないとはこのことだよ。


近くにきたらチラチラ。向こうが気付くまでチラチラ。
目があったらドキュン!すかさず視線を外して、
口角を上げて笑っているかいないか微妙な表情して。
ドキドキ…


わしは女学生か! 31ぞ!


いつかちゃんとお話し出来ればいいなぁ。



熱心なポリリズムライファー/ライフィストな方は、今後、覚えておいたほうがいいかもしれないお名前。O谷さん。試験に出ますよ! 進展があれば逐次ご報告いたします。


倍率ドン、さらに倍

『お金あったらあるだけ使っちゃう』っていう浪費癖もさることながら、『食べたいもの全部注文しちゃう』っていう食い気も治らないものでして…。


モスバーガーでも、チーズバーガー、ロースカツバーガー、プレーンドッグ、ポテトS、チキンナゲット5個(バーベキューソース)、ストロベリーシェイクM を一気に買って、一気に食う。

大好物のカツ丼なら2杯いけるから、いつも持ち帰りで2杯頼んで、お箸1つでいいのに、2つ入れられるし(当たり前です)。

今日食べた王将でも、焼き飯大盛り(つい大盛りって言っちゃうんだよねぇ)、餃子1人前、豚キムチ、野菜炒め。さすがにギブしたわ。全部食えんかった。

これだけ注文すれば、値段もそこそこいってしまって、一人分の夜食にしてはちょっとお金使いすぎだよなぁ、と思う。ああ、こんなとこでも浪費癖。


あと最近、DVDレンタルして録りためたものを改めて見直しているんですが、やっぱり映画にはポテトチップスとコークって必須じゃない? コーヒーでもない、紅茶でもない、コークなんだよね、ここは。コーラって言わせない、コークよ。そこは絶対譲れない。


またブクブク太ってるみたーい。
ボーン、お腹ボーン。


男のコになりたい

ホラ、男に生まれたら一度はあるじゃない? 髪とヒゲを伸ばしたくなる時期って。僕はバンドマン(しかもヘヴィメタルなドラマー)でもあったので、学生時代はずっとロン毛で、髪を肩まで伸ばしたこともあった。ヒゲは伸びるのが早いので、伸ばそうと思えばいつでも伸ばせる。しかし今の会社ではヒゲ伸ばしは禁じられている。IT企業に勤めるオシャレゲイなら、短髪ヒゲ必須でしょ?!(何その偏見) んもぅ、失礼しちゃう!

で、髪も相当伸びてセンター分けなんてしつつ、在りし日の吉田栄作(まるで死んだみたいな)の髪型なんて、今どき絶対流行らないから! ああ、彼って今も昔と変わらない髪型でしたっけね。もう、朝シャワー後のブローが面倒なんだよ。髪の先端でおでこが傷つけられて、吹き出物みたいなブツブツできるしさ。手で髪をかきあげる仕草とか、風で髪がなびく感触も十分味わえたので、もう短髪に戻るよ。オイラ、男になるよ!


before
before.jpg

after
after.jpg

みたいなー。ポージングが昭和ね。
や~、スッキリしたっス! やっぱあれっスね、男はこうでなくっちゃダメっスよね! あれ、口調もなんだか野郎っぽくなってきやがったっス! スだけカナ変換するの面倒っス!


CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。