スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙どころではなかった

異変は金曜日の午後からでした。

昼食を食べ終わってから体に嫌な違和感を感じ、ビタミンや電解質などを取るなどして、早急な対応をしたつもりだったが、その後も芳しくない。仕事に支障が出るほどでもなかったし、次の日は休みだ。土日はゆっくり休もうと思って、会社を後にした。

家に着いてまず体温を測ってみると、37度6分。
ほほう、なかなかやりよるな。しかし俺の熱耐性を甘く見ちゃいけねぇ。
38度台でも外で遊んでいたってぇほどの男だ。しかしてこれほどの熱。
こわっぱめ、木っ端微塵に消し去ってくれるわぁ!!


土曜日。38度5分。

日曜日。39度1分。


全然、消えてへーん。


さすがにそろそろ新型インフルあたりを疑うべきだろう。しかし熱はあるものの、咳もくしゃみもない、鼻水・鼻づまりもない。あるのは倦怠感と激しい頭痛だ。あと、胃腸が弱っているせいなのか、便がずっと出ていなかった。熱耐性は今なお健在で、39度を出しても自分で氷枕の交換や、水分補給など、自室の二階とリビングの一階を、行ったり来たりしていた。

なにせとにかく頭痛がヒドイ。眼球の奥のほう、脳の真ん中辺りに今にも破裂しそうなくらい腫れ上がった血管がドックンドックンしているのをイメージしてもらったらよいだろう。とにかくこの頭痛のせいでろくに眠れない。市販の風邪薬を飲めば症状は和らぐ。


そして今朝。病院に電話して発熱外来の受診方法を聞いて、受診する。
一般の待合室とは違う個室に隔離され、すぐに看護士さんに、綿棒を鼻のずっと奥まで入れられて検体を取られ、15分待たされて出た結果は、陰性。通常の内科外来に移され、医師の診断の結果は、『ウイルス性の腸炎』とのこと。

頭痛がヒドイということを訴えて、髄膜炎のチェック(ベッドに横になり頭だけ上げて顎が胸につくか)をしたが、特に問題が無いようだ。

感冒薬と整腸剤の他に、とん服薬を処方してもらった。


これで判ったことは、まだ俺には新型インフルに罹る危険性があるということだ。
いっそインフルに罹っていたほうが、この先伝染される心配も無くなって良かったのだけど。
なにより、頭痛のほうが気になる。

スポンサーサイト

ホワイト・ガール

酒井法子の曲に「ホワイト・ガール」という曲がある。

「ホワイト・ガール」(YouTube動画)


何のアルバムに入っているのかは知らないが、ベストアルバムに入っていたのでよく聴いていた。楽曲がサビと他とで二部構成のようになっているのもプログレ好きとしては面白い。

歌詞についても、可愛いようでどこか寂しげな自閉的な女の子のいじらしい一面を歌詞にしたものと解釈して、なんとなく好きだったんだけど、今こうして聴いてみると、もう「ホワイト」の意味が「白い粉」としか思えないし、歌詞の中の女の子も、完全にラリってしもてるやん。白いキャンバスに白い絵の具って。

まぁ、おそらく彼女が薬に手を染めるずっと前の曲だと思うけど、もし既に芸能界で「のりピー怪しくね?」という噂が流れていたとすれば、この歌詞を書いた遠藤京子はチャレンジャーだな。


使用容疑で追送検されたとのニュース。
こればっかしはシロとはならなかったようで。(誰がうまく言えと)


でも、やっぱり好きだな、この曲。
寂しげな感じが。


プリズン・ブレイク シーズン2

犬、続報。

日曜日。
買い物から帰ると、僕の心の隣のパパが、いつも犬が脱走する柵に何かを施していた。やん、お話しできるチャンスだわ、と笑顔120%でこんにちはと声をかけると、パパは少し気まずそうに、

「やあ、ハハ…。犬が逃げよるんでね。柵をジャンプして逃げてると思って…」

と言って、柄の違った鉄製の装飾品を取り付けて、20cmほど簡易的に柵を高くしようとしているようだった。やはり犬は家人がいるときにはおとなしくしているようだ。飼い主はどうやって脱走しているのか判らないのだ。僕は脱走する一部始終を見ているわけで、見当違いもいいところだった。ましてあのような老犬がジャンプして柵を越えられるわけもない。

「いえ、違うんですよ。私、ずっと見てましたから。おたくの犬は、信じられないことにその柵の間から体をねじり込ませて、こちらの植え込みに落ちるようにして脱出しているんです。」

と説明すると、えー!?と存外そうにして、今取り付けようとしていた装飾品を見て、「じゃあ、こんなの意味無いな…」と漏らした。

そんなことを話している間に、嫁さん(アメリカ人)が出てきた。今した説明を英語でペラペラと話しているパパさん。なんとなく聞き取れて、嫁は Huh!と納得しているご様子。そこで私は、


「イェアー、イッツ、プリズン(牢獄)・ブレイク!」


だなんて、冗談でも言えるはずありませんからー!


パパさんは、そのまま車を出して、柵に張り巡らす金網を購入しに行かれました。



犬。
これでもう、あの牢獄から脱出できないのな。


地味な女

盆休み終了。
こっそり10連休でした。ブログの更新を見て頂ければ判る通り、
京都観光に行った他は、まぁ皆さんのご想像通りの休日を過ごしましたよ。

休み前から仕事が忙しくなっており、盆休みこそ無事に確保できたが、
休み明けから忙しいことが既に判っている。

今の仕事には天職を感じていて、
いつもなら早く仕事に戻りたいと言っているところなのだけど、
休み明けからの仕事内容が平素とやや異なるものとなっているため、憂鬱だ。

さらに以前であればO谷さんに会えると思って、
その憂鬱感を乗り切っていたのだが、
今となってはむしろ会うだけ寂しくなってしまうので、
やはりこちらも憂鬱である。


私 根は真面目なのに どっかなまけものみたい



そう歌っていたのは森高千里。


ダメ人間って言われてもいい。
出来ることなら、仕事しないで、のんびり暮らしたい。

宝くじ、当たらないかなぁ。


ああ、早く寝ないと。


あなたの知らない世界

すっかり中田ヤスタカの作る音楽に辟易してしまった私ですが、今こうして Perfume や capsule が認知されてもまだ尚、おそらく皆様の知らないヤスタカワールドが存在することを知って頂きたく、ここに記しておく。

といっても、「とっくにそんなの遡りましたから」という人もいるでしょうし、「Perfumeというアイコンが好きで他は興味ないの」という人はスルーすればいいじゃん。

あと、YouTubeからの紹介ですので、携帯からの人はごめんなさい。


ふたりのもじぴったん(fine c'est la mix)


ナムコの人気ゲーム。この曲はPSP版で使用されました。原曲はもっちゃりしたチップチューン寄りのアレンジですが、見事にヤスタカ色に染められたアレンジになった。といっても、最近のヤスタカにあるクラブアレンジではなく、数年前のヤスタカのマイブームであったであろう渋谷系(ピチカートフォロワー的な)アレンジです。当時は capsule も Perfume もこのようなアレンジで統一されて、歌モノとしての完成度が高かったと思います。

もじぴったんうぇぶで公式にmp3がダウンロード(フリーでしかも128kbps)できます。ついでにいうと、これまた僕の大好きな Plus-Tech Squeeze Box のハヤシベトモノリも別曲のアレンジに参加しています。


Life Balance/NAGISA COSMETIC


こちらもまだ渋谷系時代だろうか。中田ヤスタカはアパレル業界にも造詣が深く、ブランド店の店内音楽を担当したり、モデルをボーカルに起用するなど手広く小金を稼いでいる(嫌な言い方だな!)。市川渚というモデルさんをフィーチャリングしたこのアルバム『NAGISA COSMETIC』、完成度は高いと思うのだが、歌声に拒否感を示す人が多いかも知れない。結局、この1枚だけの企画物で終わってしまった。


ビューティフル・ストーリー/井上麻里奈


声優さん。つまり最近の女性声優によくある萌え系キャラですので、振り付けやPVが大変残念なことになっていますが、曲はかなり好きだ。方向性がテクノに近づいた頃の作品といえる。


cosmic cosmetics/嘉陽愛子


モーニング娘。のオーディションで最終選考の合宿まで残って落ちた子(この時の合格者は高橋・紺野・小川・新垣)。どこかが拾ってくれたのだろうか? 作曲・編曲がヤスタカで作詞は別人なのだが、歌詞がヤスタカにはない秀逸感。女の子の大変さが映像としてイメージできる。アレンジも見事だ。タクシーを降りて一旦溜めたことで、「走る 走る」の疾走感が出て素晴らしい。歌詞とアレンジがマッチした良い作品。



他アーティストの楽曲を remix したものを含めると、他にもいろいろあるのだけど、今日はこの辺にしておきます。


でも、本当はもう、中田ヤスタカは飽きました。
最初はヤスタカ自身の楽曲の進化に興味を持って聞いていましたが、ここ最近は打ち止め感が否めない。テクノという非常に大きい括りで見ると、中で細かいジャンル的な進化は続けているのかもしれないけど、そんなにテクノに詳しくもない素人からみると、最近の楽曲はどれも既視感(ならぬ既聴感?)を覚えてしまう。

結局は流行りモノというだけで、一生聴き続けるような音楽ではないのだろうか。



(実はブログのタイトルも変えたいほどに)


京都観光する京都人

遠方より友人がいらっしゃいました。京都にいながら京都のこと何も知らないので、他府県の友人と同じ気持ちになって、京都観光を満喫することになりました。

三十三間堂

三十三間堂

前に来たのは少なくとも10年は前のはず。千手観音とか二十八部衆がどったらこったら(詳しい知識はない)。友人がアニヲタであるので(あ、言っちゃった)、ひとつひとつの像に対して、それぞれのマンガやアニメを思い浮かべたことかと思います。僕はといえば、非情に厳格な気持ちで一つ一つの像を堪能いたしました。

嘘です。
「これ地震が起きたらどうするの?」とか、趣も何もあったものじゃない発言ばかりしていたような気がします。もともと歴史(日本史・世界史)は苦手分野ですので、この手の神社仏閣にもあまり興味がないもので…。それでも千体の千手観音(それぞれ顔が違い、必ず会いたい人に似た像があるという)、千手観音坐像には圧巻。息を呑んでしまうような、畏怖の念を抱かずには居られません。


清水寺 仁王門

さてここはどこ?

京都観光の鉄板ともいうべき、清水寺。もうさ、どんだけ天気ええねん!っていうくらい天気に恵まれて、ここまで上がってくるまでの坂で完全にバテてしまった。プヒープヒーという呼吸音とともに、玉のような汗がダラダラと出てるというのに、周りを見たら割と涼しい顔だったりして、もうまったく意味が判らない。(太りすぎだろう)


清水寺 本堂

ピーク寸前

夏の清水寺。青々とした木々と蝉時雨のなかで食べるかき氷。趣としては非常に良かった。しかしこの撮影の後、疲れが完全にピークに達してしまった僕は、尚も元気な友人のギャグにいちいち突っ込んでいられなくなって、「ねぇ、ちょっと黙っててくれる?」という非情にぞんざいな扱いになってしまい、このあと向かった京都駅で蹴るようにして送り出すのでした。わざわざ京都に来て頂いているのに、申し訳ない。


自分のバイタリティの低さと、体重、並びに体型の問題に直面した一日でした。



いやいや、そんな締め方はないな。

京都観光を堪能した京都人どした。



乳首噛んで

「乳首噛んでェ」
そう言われ、事に及んでいた私はジュルヌポンッと顔を上げて彼の顔を見て、


「マジで?」

と答える。


以前にも申した通り、僕は乳首がまったく感じません。まったくというと語弊がありますが、前戯としてソフトリーでテンダリーな愛撫であれば、気分が乗ってきます。でもそれは乳首に限らず、体中どこでもそう。自分が感じるからといって相手にも乳首をギューッとつまんだり噛んだりしてくる人って、ゲイにはけっこう多いような気がする。特にハッテンバには本当に多くて困る。僕が行くハッテンバが特殊なんだろうか?

で、この台詞。
僕にとっては「あー、コイツもかよ~」とガッカリさせる台詞の一つ。メンドクセー! そう思いながらも、せっかく手を出したんだし、そんな台詞を聞いてすぐに立ち去っちゃうようなことは僕には出来ないので、面倒だと思いながらも噛んであげる。ただし自分がされると痛いとしか感じないせいか、どうしてもあま噛みになってしまい、相手を満足させることが出来ないようだ。

問題は攻守交代になったときだ。
僕は基本的には(年上を)攻めるだけのタイプなので大抵は遠慮するのだが、まれに良い男だったりすると守りの体勢にもなるのだ。しかし相手がそのようなタイプである場合は、本当に遠慮すべきだ。先ほど自分がやった乳首噛みを向こうもやってくるのだ! しかも自分のようにあま噛みなどという遠慮もなく本気で噛んでくる。


イタイタイタイタイッ! 痛いって!!
バカじゃないの?!

どんな男も喜ぶとでも思っているのだろうか?
「噛んでもいい?」とか聞いてから噛めよ!
まぁ、断るけどな!


しかしながら、「噛んでいい?」とか「乳首感じる?」とか「どこ感じる?」とかいう疑問型の台詞は、ハッテンバで言われると、「ウゼェ」と冷めてしまう禁忌だという。確かにそう言われると僕の場合、明確な性感帯が無いので、「エッ?どこかって?…ん~、そうだなぁ、やっぱり、チンコ…かなぁ?」と曖昧な返事をしてしまい、せっかくの雰囲気作りが台無しである。

でも、何も聞かずに噛んできて「痛い!」と言って、「あ、ゴメン」って謝られた後ほど、雰囲気ブチ壊しなものは無いと思う。


やはり、乳首を噛む行為に関しては事前に断りを入れるべきだ。


チンチン好きか?

「チンチン好きか?」
そう言われ、事に及んでいた私はスポンッと顔を上げ彼の顔を見て、

ええ、それはもう。私がどれほどチンチンが好きかと申しますと、雨が降ろうが雷が鳴ろうが、週末になるとこうしてハッテンバに毎週のように足繁く通い、一人でも多く良い男を得る為ならばどんなことだって、例えばそう、人間の三大欲求の一つでもある『食欲』、昼食を抜いてまでしてここに参り、今こうして貴男のチンチンをいただいているわけで、ある意味、貴男のチンチン、並びにそれから放たれます精液こそが、私のランチでありディナーなのであります。それくらい、私はチンチンが好きです。いいですか?私は チ ン チ ン が 好きです。(キッパリ)

…と肯定するほかない。
実際には「ウン」とだけ答えたのだが、その二文字にこれだけの要素が含まれているわけです。

俺はチンチンが好きだー!大好きなんだー!!


さて、自重していたハッテンバ通いが復活したことをあっさりと(しかも高らかに)認めたうえで、この台詞を吐いた殿方。見た目はフツーのどこにでもいそうな40代半ば~後半のオッチャン。白のポロシャツに下は水色のズボン。その質感から作業服と思われる。

顔の面積の割りには小さな目。その小さな目から想像する視覚野に絶対必要ないよね?というくらい大きなメガネ。帽子を被っているが髪の量は多く、白髪混じりの髪の毛が襟足からのぞいている。体型はメタボリックそのものだ。

見た目にはその小さな目のせいで強面に見られてしまうが、この「チンチン好きか?」の台詞を吐いたときにはニコッと笑ってより一層、目が無くなった。あらま、かわいらしい。


長く同じ場所に通っていると、大体見慣れた顔ぶれになってしまい、いただく相手も同じメンバーとなってしまうことは、よくあることですよねッ!(強引な同調)  しかし、こういった初めてお見受けする方がたまに現れたりするから、逃すまいと毎週のように通ってしまうわけです。


もうすぐ盆休み。
特別、どこか遠くに行く予定はない。つまり…。


誰もが容易に想像できる休暇になりそうだ。


CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。