スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末の大ハプニング

いつも行くハッテンバの掲示板に「久々に行きます」という旨の書き込みがあった。やっぱり年末だから、地方から帰ってきた人が昔を思い出して来るんだ。最近、いつもと同じ顔ぶれに食傷気味であったので、そう思うと居ても立ってもいられず、早々に出発した。

車を走らせること小一時間。ハッテンバから少し遠めのコインパーキングに車を止めて、そこから少しばかり歩く。なぜわざと遠めの駐車場を選ぶかというと、ハッテンバの常連メンバーに見つからないようにするため。ハッテンバで頭角をあらわすと、それを快く思わない人が出てきます。自転車やバイクの空気を抜かれた、という話しも聞きます。車だと傷をつけられたり、落書きされたり、生たまごをぶつけられたり、何されるかわかったものでもないので、用心のため遠めに駐車しています。

テクテク歩いて、ハッテンバ前に到着。
お金を払うためにカバンの中を手探りで財布を探す。
おや? 妙にカバンの中がスカスカだ。
これか? いや、これはメガネケースだ。

ん? あっ! 財布忘れた!!

そういえばカバンに財布を入れた覚えすらない。
確実に家に置き忘れてきたのだ。


クソッ、出直しかよ! 今から財布取りに帰って往復で2時間はロス。
あー、こんな無駄な時間は無い。イライライライラ…。


いや待てよ…。


駐車場の料金も払えないじゃないか!

車を出すことすら出来ない!
とりあえず走って駐車場まで戻ってみたが、フラップ板はしっかり上がっていた。
くそ、なんで、こんな遠い駐車場に止めるかな!!


で、どうすりゃいい。
何かを質に入れればいいのか? 何を入れる? iPod? とんでもない。
何も売れそうなものは持ってないし、そもそも質屋がどこにあるんだ。
その辺の道歩いてる人に「100円貨してください」と声をかけるか? えー、無理。
どうしよう、どうしよう。

そこでピーンとひらめいたのが、この近くに住む友人。
おおそうだ、奴にここまで来てもらって借りればいいじゃん、アッタマいい~。
早速、電話をかける。

出ねーし!(#゚Д゚)チッ


他にこの辺に誰が居たっけ?
ここのハッテンバで知り合って連絡先交換した子がこの近くだったな。
ひょっとしたら今日来てるかもしれない。メールを打ってみた。

返ってこねーし!

何なの? なんでこういうときに限ってみんなシカトなの?

あともう一人、やはりハッテンバで知り合ったオッチャン。もはやこの人しか頼れる人はおらん。メールしてみたところ、すぐに返事が返ってきた。メールで事情を説明すると、

「今パチンコ中だけど、すぐそっちに向かうよ!」

さっすが! いつも相手してあげておいて良かった~。この次に会ったときには、いつもの倍くらいたっぷり時間かけてヨガらせてあげるからね(はぁと)

…と、ここで最初の友人から電話がかかってきた。もはや用は無い。「う…うん、元気かなーと思って~」と白ばっくれようかと思ったけど、ネタ的に面白かったので、ありのまま説明しておいた。

しばらくしてオッチャンは自転車で現れた。どうせなら3000円くらい、今日一日遊べる分のお金を借りようかとも思ったけど、さすがにおこがましいので、1000円だけ借りて、駐車場を出た。無事、事なきを得たというわけ。


その後、家まで戻り、再び執念深くハッテンバに戻った。最初に来た時間から2時間半が経過していた。掲示板に書き込みしていたらしき人物はすでに帰っているようだ。というよりも “祭りのあと” といった感じで、ティッシュの後だけ散らばって、残っている人はもはや「余り物」といった具合であった。

でも、その余り物からなんとか掘り出し物を見つけて、それなりに良い思いもしたので善しとするか。


それにしても、なんとも無駄な時間を過ごしたものである。


スポンサーサイト

舞い込んできた手紙

某さんの投稿とリンクするかのように。

先週、自宅の郵便受けに、僕にとっては縁もゆかりもないM県から封書が投函されていた。

僕の名前の上には赤字で 重要 と書かれている。一度も訪れたこともない土地から、なぜ自分の名前宛で届くのか、まったく身に覚えがない。料金別納郵便であることや、M県の県章が印字されていることから、いたずらの類ではなさそうである。差出元はM県県土整備部住宅管理グループと書かれている。どんな内容かまったく想像もつかない。ただその封書から、開けてはならない不幸の手紙のような黒いオーラが出ていることは感じた。とは言ったものの、開けないわけにはいかないので、開けてみる。そこにはこう書かれていた。

県営住宅家賃の保証人について

 突然のお手紙で失礼します。
 あなたのご尊父である(実父名)様は、M県T市にある県営住宅△△団地○○棟201号室、(外人女性の名前)様の、連帯保証人になられております。
 この件につきまして、(実父名)様にお伝えしたいことがありますので、下記連絡先に必ずご連絡いただくようお願いします。
 なお、手続きをとられない場合は、推定相続人として、KO2様に法的責任が発生しますので申し添えます。



あー、あのクソ親父。
行方不明かと思えば、M県にいやがったか。

父と母は僕が高校3年のときに離婚した。どの仕事も長続きせず家にろくに金を入れられない。そのくせ短気ですぐ怒鳴り散らし、皿やグラス、重い灰皿などを投げ、挙句テーブルまでひっくり返す。頭から流血しながら後片付けをする母を見て、いったい誰がこんな父の姿を好きになれようか。尊敬できようものか。そのうち家族の誰もが父を無視するようになった。その結果、離婚。父は出て行った。結婚生活約20年。母はよく我慢したものである。

しばらくは養育費などを持って家に現われていたが、それも1年も続かなかったようである。そもそも父の金など充てにしていなかったので、むしろ僕らの前から消えてくれたほうが母も僕も喜ばしかった。

その後しばらくして、父の弟さんや父方の親戚などから「父の所在を知らないか」という電話が何度か来るようになった。どうやら借金をしていたようで、その取立てが弟(おそらく保証人)や親戚に回っていたようである。行方をくらましているわけだ。居場所なんて知るわけも無い。

それから僕と母は何度か引越しをして電話番号が変わったこともあり、連絡が取れなくなってしまったことも原因だろう。全く音沙汰なくなり、安寧の日々であった。そこへ舞い込んできたこの手紙である。

いったいどこまで迷惑かける人間なんだ、こいつは。
どこぞの女か知らないが、ろくに金も払えねぇくせして保証人になって、スケベ面してるのが目に浮かんで、ムカっ腹立って仕方ない。


とりあえず、15年も前に離婚して、父の連絡先など知る由もない旨をM県側に電話で伝えると、上記のように「法的責任」とまで書いたもののそこまで責め立てるようなものではなく、連絡先がわかればと思って手紙を送っただけだそうだ。しかし実際に連絡先が掴めないのであれば、法的責任が及ばないわけでもない。

本来であれば長男である兄のところに行くべき手紙であるが、兄は結婚して戸籍を移しており、一番辿りやすかった自分の元へ届いたようである。どちらにしても兄も自分も、このどうしようもない父との親子の縁を法的に切ることは出来ないのだから、いずれ父の負債を背負いこむことも大多にして見込まれるわけで、非常に面倒くさい話しである。



本気で「死んで欲しい」人、ダントツでナンバーワンだ。
さっさと死んでくれれば、相続放棄できるんだが。


なにかぼくにプレゼントくれよサンタ

何人かの方から、24日の早いうちから「メリークリスマス!」とメールをいただいたのですが、

「クリスマス今日じゃねーし。」

…と冷静にツッコミを入れるのも何ですので、
ありがたく頂戴しておきました。


しかしその気持ちもわからなくない。
いつからか、日本におけるクリスマスのメインとなる日付は、
24日にシフトしている。

仕事帰りの電車やバスの車中では、
プレゼントが入っているであろう紙袋を持ったパパやママの姿。
これは間違いではない。今夜中に子供たちの枕元に置くのだから。

しかし、ケーキの入った袋を見ると、なにか間違っているような気がする。
昔は普通に25日にケーキを食べていたような気がする。

しかしワクワク度としては、「24日 > 25日」ってのも解る。
カップルなんかは24日に約束して落ちあって食事をしてプレゼント交換して、
25日に日付が変わる頃にはセックスしてるんでしょう。
やっぱり24日のほうが大事だよね。

25日にプレゼントが貰える!
と喜んでいた子どもの頃とは訳が違うのかもしれない。




24日にハッテン場に行って、

「わー、ホワイト(白濁)クリスマス!」とか、
「俺のケツマンコに兄貴のプレゼント入れてくれ!」

などとほざいてるのは、どこのどいつだい?!



…と強引にホモネタで終わってみる。
メリークリスマス。(もうあと小一時間で終わるけど)


ポワポワのムイムイ

ライブ当日。キーボーディストはそこそこ荷物が嵩張る。キーボード、キーボードスタンド、音源モジュールというキーボードとつないで音が出るシンセ、ペダル類やケーブルなどなど。自分の車で行けないこともないけど、G様の会社の同僚の方がローディーとして同行してくれるというので、僕の荷物も積んでもらって同乗することにした。

昼過ぎに自宅前に来た、そのG様の同僚。背が高くデップリとした体格、丸い顔に丸いめがね。黒いライダースジャケットに、黒の帽子をかぶっていた。帽子を取ったとき髪の毛がテラテラに光っていて、一目見て不潔そうであることが判る。しかしこの野暮ったさが可愛らしい。「よろしくお願いします。」と目と目を合わせて挨拶をしたときに、誰かにすごい似てる…と思った。車に乗ってからずっと考えていた。アレだ、太鼓の達人の人だ。



似すぎ! 言葉遣いとか律儀なとこまでソックリ。


そんな可愛いローディーさえも霞んでしまうほどの男性が、この後、まさか待ち受けていようとは!

会場に着いてリハが始まり、しばらくするとギターケースを抱えた見慣れない男性が「おはようございまーす」と入ってきた。年は40代後半くらいだろうか。髪は七三で長くもなく短くもなく白髪交じり。ふち無しのメガネをかけて寡黙な真面目で実直そうな雰囲気を醸し出している。僕らの演奏を顔色ひとつ変えずに傍で聞いている。すでにお分かりであろう。ズキューン!と音が聞こえるほど、一瞬で釘付けというわけだ。僕はリハ中ずっとその人を見ていたせいで演奏もままならず、リハというリハにならなかったほどだ。

話には聞いていた。
G様より「ギターが一人増えて5~6曲増えるし」と前日に連絡が入ったのだ。「え~、聞いてないし無理だし」と電話ではぶー足れたのだ。しかしこんなタイプな人だったら話は別。

リハが終わってもG様は彼を紹介してくれなさそうだったので、僕のほうから歩み寄って「はじめまして、キーボードの○○です。どうぞよろしくお願いします!」と頭を下げると、「ああ、Tです。伺ってます。よろしくお願いします、楽しみにしてましたよ。」とこれまた惚れ惚れする優しいトーンで言われた。リハの演奏を聴いて、「カッコいいですね(音が)」とまで言ってくれた。やーん、俺が? カッコいい? もヤーダー!!(完全に勘違い)


よし! よし!!
俄然テンション、アガってきた!


本番のほうはリハがそんな調子だったものですから、リハ中に決めたことがぜんぜん頭に入ってなくて、ボロが出まくり。でも会場(小さめのレストラン)の雰囲気やお客さんのノリからも、割とアットホームな雰囲気で進んでいくので、そんなに気を張ることもなく、リラックスして演奏できました。途中、ギターT氏のその優しいトーンで歌声まで披露するソロコーナーでは、袖からウットリした目で見つめる僕がいたことでしょう。たぶん、ウルウルした目をして顎あたりで指組んでたと思う。

本番終了。「お疲れ様」と言って出演者全員が握手を交わすのがどうも定例となっているようだ。みんなと適当に握手を交わし、ギターT氏と握手を交わしたとき、T氏だけは率先して左手を添えてきた。僕の右手はT氏の両手に包まれた!

これはどう捉えたら良いですか? ほかのメンバーには片手で握手しているようだった。僕にだけ両手であったようだ。「初めまして、ありがとう」という儀礼的なものか、「演奏良かったよ」というメッセージなのか。左手の薬指にはシルバーリング。ダメだよ、KO2。これ以上、深入りしてしまってはダメだ!


しばらくその会場で打ち上げをした後、帰り際にもう一度、T氏に挨拶をした。今度は向こうから手を差し出してきて握手。再び僕の右手はT氏の両手に包まれた!! 何なの? 僕があなたに気があることを見抜いて、わざとやっているの?? T氏の手はポワポワのムイムイだった(意味がわからん)。


今回一回限りで承諾しましたけど、
T氏に会うために、このバンド、続けてもいい。


8年ぶり

昨夜、G様(参照)に会った。

地元から少し離れた駅で待ち合わせ。何度も思い返してみるのだが、やはり24歳からずっと会っていないことになるから、実に8年ぶりの再会となる。ことあるごとに電話がかかってくるので(主にPCの質問)、そんな感じはまったくしなかったが、8年の間に僕もさまざまな変貌を遂げた。80kgまで太って65kgまで落とし、また72kgまで太って、64kgまで落とした。お前はロバート・デ・ニーロかというほどの変貌ぶりだ。ヒゲを生やして短髪になったりもしたが、今となっては8年前とほぼ同じ体型、髪型のような気もする。きっとG様の第一声はそうだな、「変わってへんな!」とか、「いつまでも若々しいな!」とか、そんなノリかな。

そんなルンルン気分で駅に到着すると、8年前と変わらない車が止まっていた。お~~~い!アハハハハ♪と右腕を上げて手を振りながら駆け寄り(イメージ)、助手席の扉を開けた刹那、言い放ったG様の第一声。


「お前、ブクブクと肥えやがったな!」


そのままバタムッと扉を閉めて帰ろうかと思いましたよ。
まぁ、そこはグッとこらえて、「めっさ痩せたっちゅーねん」とぼやきながら車に乗り込み、改めてG様をしげしげと見る。

げっ!スポーツ刈りみたいな坊主頭に、まるで武藤敬司のようなヒゲ。それだけ聞けばこれをご覧の皆様は飛びつきたくなる男かもしれないが、大変残念なことに、体格がすっかり痩せ型になっている。えぇぇぇぇ。8年前は髪型から何から、荒木大輔(現役時代ではなく引退後~現在のふっくらした頃)によく似ていていい男だったのに、もはやその面影もぜんぜん無い。

あー、もうダメだ。何の魅力も感じなくなっている…とヒシヒシと感じながら、次のターゲットである初顔合わせのバンドメンバーに期待をして、スタジオに向かうのでした。


スタジオにつき、このバンドのイニシアチブを取るギター&ボーカルのオッチャン(51歳)に挨拶。う~ん無理。カホンを担当するのは22歳のホッソリとした体型で、髪を金髪長髪にしたアタマが悪そうな今時の若い男の子だ。問題外。そしてベースがG様(49歳)となる。さぁこれでもはやこのバンドになんの意味性も無くなった(結局オトコ主体なのね…)。パッパと演奏して、こんなバンドとはおさらばだッ。

一回限りのスタジオリハーサルは、思っていたほどブランクを感じることもなかった。僕の得意技でもある、楽曲の雰囲気から音色を選び、次にくるコードを理論的に分析・先読みして即興で弾く、という感性を司る脳領域はまだ衰えてはいないようだ。曲自体はブルースを主体としているので、コード進行もさほど難しくなく、多少間違えてもノリがよければそれでいいじゃん!といったスタンスでしたので、やりやすかった。細かいキメ所や要所要所の演奏ポイントが覚えられない、という脳年齢の低下は否めませんでしたが。

それでも、やはり一回だけのリハーサルで本番に臨むというのは、未だかつて経験がありませんので、非常にナーバスです。他のメンバーの技術力が高かったわけではないので、多少のミスはごまかせそうですが、本番グダグダになっているところが目に浮かぶようです。

8年ぶりのステージは思いやられそう。

再開の兆し

専門学校卒業から3年。フリーター生活を脱却し、今の職種に正社員として就いたのが、24歳。Windowsすら初心者で、勉強することが山ほどあったので、それまで続けていたバンド活動をやめた。

それでも頭の隅っこには「音楽家」という肩書きを捨てきれずにいて、自室にはキーボードや音源の類が未だにセットアップされている。1年に1曲あるかないかのペースで、作曲や編曲で使った程度。以前のように、スタジオへ持ち運んだり、接続を頻繁に変えたりすることもなくなり、今では埃まみれになっている。


あれから8年。

仕事は安定しているし、休日することといえばハッテン場に行くくらいだ。この8年の間にチャンスが無かったといえば嘘になるが、再びこの音源類が外の空気に触れるチャンスが訪れた。


フリーター時代に一緒にバンドをやっていたベーシストG氏から、「バンド手伝ってくれへんけ?」と、お誘いを受けた。

このG氏。
僕が18歳から24歳まで続けたアルバイト先であった音楽スタジオの常連だった。一目惚れとはこのことか!と思うほど、がっつりタイプ顔のオジサンだ。ガッチリでも太めでもない、中肉中背。身長は165cm以上、170cmは無いだろう。髪はまっすぐ素直、やや長めで野暮ったい。ちょっと助平なところに、男らしさを感じる既婚者。


そんな大好きなG氏からのお願いを、

誰 が 断 る こ と が 出 来 よ う か !

いや、出来まい。(疑問反語)


今月に1度だけ、スタジオリハがあり、年内中にライブを行うというスケジュール。


えええぇ!
当時の僕なら、コード進行と曲の雰囲気さえ掴めれば、あとはノリ一発でこなせそうなものだけど、あのころの感覚を取り戻してブランクを埋めるには、リハが短すぎる…。

不安だ。

もうひとつ不安なことのひとつに、G氏にはカムアウト済みなのである。
(参考)http://polyrhythmlife.blog117.fc2.com/blog-entry-285.html

「そんなこと何でもねえ」みたいな感じで、未だに連絡を取ってくれることは嬉しい。しかし、バンド内のほかのメンバーといるなかで、女の話しになったときには、きっと気を使わせることになるだろう。いっそ、バンド内でもカムアウトしちゃえばいいだろうか?


あ~、不安だらけだ。
でもG氏からのお願いは、何一つ断れないよ。


電話では1年に数回話しているけど、実際に会うのは何年ぶりだろう。
5年以上は経っているのではないか。
もう50歳は超えてるか?

どうしよう、全然イケなくなってたら…。


即効で、バンドやめたくなる。


20091204202417.jpg

久々の出番。片付けますか。


CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。