スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18分の情事

久々に掲示板に投稿してみた。こちらから募集というかたちで投稿することは、ずいぶん久しぶりである。

三名(仮にA・B・Cとする)からレスポンスがあった。

A氏
174*80*36 自称既婚純男。
過去に一度だけ男にしゃぶられたことがあるらしい。

B氏
171*85*50代前半。十分守備範囲である。
亀頭責めが好きで白けることなく何度でも発射できるらしい。

C氏
169*64*38 大工。既婚者。互いの家が近そう。
プロフィールだけ見ると少し肉付きが頼りないが、職業だけで萌える。



ゲイ用の掲示板であったハズだが、なぜか既婚率高し。まずプロフィールとノンケ度からして惹かれるA氏に返信をしてみたが、返信は無かった。経験が浅いみたいだし、直前になって怖じ気づいたか。よくあることだ。

B氏の絶倫具合も気になるところだが、ノンケ度と近所というところでC氏にメールを打ってみたところ、すぐに返ってきた。最初の向こうからのメールの件名が「オハヨー」というところから、やたら気さくな感じであった。その後、場所や時間を決めて、即日、会うことになったというわけ。


地元駅に車で待ち合わせ。先に向こうの車が止まっていた。ワンボックス形の大きい車だ。リアウインドウにセンスの悪いステッカーが貼られているあたりに、脳みそ中学生のまま大人になっちゃった感じの38歳を想像した。 コレは失敗か? 「前のワンボックスですか?」とメールをして、「そうです\(^o^)/」との返信。運転席から男が出てきた。こちらも車を出て、「どうも」と会釈程度に挨拶をした。

C:「(車を)もうちょっと前に出しましょか?」
俺:「あ、そうですね。お願いします。」

お互い再び車に戻った。僕は車内で小さく「あたり」とガッツポーズだ。確かに昔やんちゃしてきた感じの顔つきであったが、タイプ顔だ。俳優の今井雅之によく似ている。


C氏の車に移り、少し話しをする。メールの通り気さくな人柄で、とても話しやすいカンジだ。少し場所を移動して人気の少ないところで後部座席に移動する。Gパンと股引とトランクスをすべて脱いで、後部座席に寝転ぶようにして、こちらに下半身を向けてきた。まだ勃起はしていなかった。

平常時のサイズは普通サイズであったが、お口で転がしているとみるみる膨張して、見事なサイズになった。顎が苦しくない程度のちょうど良い大きさ・形である。

さぁ、腕の見せどことである。ここで気に入られてリピーターとなっていただくために、僕の知りうる100のテクニックを駆使して、奉仕する。しかし喘ぎ声がいまいち弱い。あれ?これは?じゃーこれは? 時折、「ウッ」とか「ンッ」という声は聞こえど、どうも反応が良くない。自分としては、ヒーヒーよがらせるくらいの勢いで挑んでいるのだが。

相手の反応を伺いながら、こちらもテンションブーストしてクライマックスに運ぶのだが、これでは本領発揮できないなぁ。などと思っていると、C氏が口を開き、「なんか、めっちゃ気持ちいいねんけど」と言った。

あ、そうなの? 良かったー。声を出すのを恥ずかしがっているのかもしれない。
だったら、一気にいくよー、最後の仕上げ!


「イキそう…。イッていいの? イクよ…? イクよ…、ンッ…イ、クッ!」

何回もドクドクと脈打って、C氏は大量に出して果てた。



情事の後、二言三言話しをした。とにかく気に入ってくれたようで、「めっちゃ近いし、いい見っけもんやー」「絶対またメールする」と言ってくれた。僕もタイプだったし、相性も良さそうだったので、掲示板に掲載した転送用アドレスから、携帯の本アドレスを教えた。これは僕の中での格上げ行為である。


会う前の最後のメール(「前の車ですか?」)からこの間18分で、僕らは次また会う約束をして別れた。


スポンサーサイト

幸先

仕事始めよりも前に、しっかり殿始めを終えておかないといけないと思い、然るべき場所に行った。ようはハッテンバだが。

いつも自転車で颯爽と現れ、誰に触られるでも、触りに行くでもなく、一人で抜くでもなく、いったいコイツは何しに来てんのやろ?と思っていた、カワイ子ちゃん。年はたぶん同じくらい。容姿としては、顔も体もぬかりなく100%タイプ。2年前くらいからちょくちょく見かけていたが、あまりにタイプすぎてどうも手が出せないでいた。

そんなカワイコちゃんがなんと今日!
あられも無い姿でオヤジに手を出されていた!


ガーン!!Σ(゚д゚lll)


ショックが大きすぎる。どうやら事を終えてティッシュでチンコ拭き拭きしていた。はぁ…、駄目だ。2010年こんな始まりは嫌だ。嫌すぎる。でもこれで手を出していいことはわかったんだもん。また次会えたときにはチャレンジしてみよう。でも彼めったに見かけないからなぁ。クゥゥ…、くちおしや!

彼が先にその場を去るのを見届ける。「嗚呼ッ!できれば次は僕とお願いしますよーぉ!」と心の中で念じ、しばらく経ってから僕も場所を移動した。

移動した先で、フト見ると先程の彼はまだいた。
あれれ? もしかしてさっきはイカされてなかったのかな?
ひょっとして、これ、いっちゃってもオッケーなパターン?

鼓動が高なる。さっきはオヤジだったから、ひょっとすると年配好きかなぁ。
俺なんかダメかもなぁ。えーい、ままよ! 勇気を振り絞って隣に佇む。

ほんの一瞬、身をひるませたが、チラッと僕を一瞥すると、安心したかのように彼は逃げなかった。

ギャアァァァァ━━━━━━Σ(゚∀゚ノ)ノ━━━━━━ス!!!!!!

これいっちゃってもオッケーなパターンだ!
ねぇ? これ、いっちゃてもオッケーなパターンだよ!


じわじわと焦らすように攻めて気分を高めつつ、乳首を舐めてさしあげようと顔を近づけると、唾が乾いたような臭いが鼻先を刺激した。さっきのオヤジも乳首を攻めていたわけだな。ちょっと悔しいが、乳首を舌先でツンと愛撫すると「アァン」と声を漏らした。頭を上げて彼の顔を見ると、欲しそげな顔で僕を見つめていた。

ヒィィィィィィ!
カ ワ ユ ス ! ! щ(゚д゚щ)


カワイイよ! ねぇキミ、
カワイイよ!


さらに指先を玉袋から蟻の門渡り~肛門へと徐々に這わせると、背筋を伸ばし「ハァッ…!」と敏感に反応した。ははーん。ひょっとして、ケツ感じちゃうパターン? 普段ならケツ嫌いな私ですけども、彼の肛門なら何の嫌悪感もありません。でもチンコ入れるのは勘弁ね。

指にたっぷり唾をつけて、人差し指を肛門へとねじり込んでみた。括約筋の抵抗はそれほどなく、ソフトリーでテンダリーに侵入を受け入れた。そこそこに使っていますね、あなた。ゆっくりと人差し指を抜き、今度は中指を入れてみた。やはりニュルニュルと侵入し、中で指を動かして体内の感触を楽しみ、前立腺あたりを刺激した。

こちらが攻めているときに、苦悶の表情を浮かべている相手を見るのが好きだ。彼は「アァ…、ンンン、アァッ!」と声を上げ、僕の腕を掴んできた。その手をいったんどかして、僕の手と指を組み合わせるようにして持ち替えると、ギュッと僕の手を握り返してきた。攻めている最中にキュンとくる幸せな瞬間である。

肛門から指を出して、チンコを扱いてやる。よりいっそう息が激しくなり、絶頂まではものの数分であった。量が少なかったのが残念だ。

チンコと肛門をウェットティッシュで丁寧に拭き上げて、はい終わり、と彼を見ると、笑顔で「ありがとう」と言ってきた。


惚れてまうやろー!


素人が芸人の真似をするほど寒いものはないけど、あえて言わしてもらった。ちょっと野暮だけど、気になったことがあったので聞いてみた。「さっきオヤジとやったとき、イッてないの?」と。すると至極快活に、

「イッた!」

オヤジと一戦終えて僕が手を出すまでの間って、10分も経ってないのに、元気ねぇ。
もう一度、お互い「ありがとう」と言って別れた。

また会えるといいな。


2010年、幸先良いスタートだ。


謹 賀 新 年

明けましておめでとうございます。
本年も当ブログの相変わらずの御贔屓を賜りたく存じます。

毎年のことですが、普段の休日と変わらぬ年末年始を過ごしています。

去年を振り返ってみると、仕事もプライベートも無難に過ごして、なんもしなかった1年だったなぁという印象。そのなかでも暮れの8年ぶりのライブ出演は、2009年ギリギリに突如舞い込んできたグッドニュースと言えよう。

プレイヤーとしての血が騒ぎ出し、「よし、俺、まだいける」と実感しました。また一緒に演奏したプレイヤーや見に来てくれたお客さんなど新たな出会いもあり、演奏を通してコミュニケーションを取る感覚というのも、「あー、そうだった。こんなだった」と久々に肌で感じた一時でした。

今年はこれを機に音楽活動を再開してみようかと思う。ただし今はノンケとしての活動に限定しますけどね。ゲイが絡むとなにかしら、特に人間関係において面倒なので。

恋愛面はすでに諦めているというか、たぶん、もう一生かかっても無理な気がする。そんな諦念の心を覆すような良い人が現れるのを、ただひたすら待つ。こちらからはガッツきませんよ。というスタイルは去年と同じです。


プライベートは良いとして、今年は仕事の面でもっと頑張らないといけない。目の前にある仕事をソツなくこなしてきただけで、去年の自分から何ひとつ成長していない。普段の仕事は出来て当たり前。+αがないと何も評価されないことは重々承知しているのだけど、それを知っていながらずーっと怠けていました。そうこうしているうちに、下の人間がどんどん力をつけてきて、資格を取得したり新しい仕事にチャレンジしているのを見て、やや焦りを感じている。

自分の仕事には誇りを持っていたい!
プライベートばっかり充実してる人は、きっと人間出来てないよ!

…といいながらロト6を毎週購入して、仕事もしなくていい、ぐうたらな生活を夢見ている男です。


そんな感じで2010年も過ごしていきます。


CA3C0012_s.jpg

今年もよろしこ


CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。