スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WANNA BE THE PIANO MAN

WANNA BE THE PIANO MAN
WANNA BE THE PIANO MAN
オムニバス

職場の購買にCDが売っていて、10% OFF で買えるんだけど、
置いてあったので、買っちゃいました。

01. K/ Honesty
アレンジ、プロデュースが亀田誠治。
ドラムが椎名林檎「本能」で印象的なドラムを叩ききった村石雅行。
工事現場的ドラミングと言われていて、この曲でもカッコイイ。

02. ゴスペラーズ/The Longest Time
思っていた通り、完コピという感じ。この原曲のすごいところは、
コーラス専門の人を呼んで一度レコーディングしてみたんだけど、
しっくりこなかったので、すべてのコーラスをビリー自身がやってのけた、
というエピソードなんだけどね~。ツクターン!

03. 槇原敬之/Just The Way You Are
こりゃダメだ。僕はマッキーの才能はアレンジにあると思っているのだけど、
この曲にマッキー風味は似合わないよ。とはいえカバーアルバムなので、
これくらいのアレンジは必要なのかも知れないね。
同じカバーなら、つんく♂のほうが愛があってカッコイイです。
マッキーはビリージョエル聞いて育ってないんじゃないか?って思うんだけどw
あと前から思ってたんだけど、マッキーは英語の発音が下手だと思う。

04. 大黒摩季/The Stranger
イントロ完コピ。キーまで同じだが、原曲キーで歌うのか?摩季?!
と思ったら、ヒップホップ系のブレイクビーツアレンジで突然キーが変わった。
そんな耳に残るでもなく、そつなく歌ってると思います。

05. 綾戸智絵/New York State Of Mind
ピアノ弾き語り。これくらいピアノ上手かったら生で見たい。
原曲キーで歌うなんて、声低いオバチャンやなぁ~。
かなりオリジナルなフェイクでメロディ全然変わってるんだけど、
カッコイイすよ。たぶんこのアルバムの山場。
ビリー meets 関西のオバチャン。

06. SUEMITSU & THE SUEMITH/Uptown Girl
この曲はスネア4つ打ちしか考えられないんだけど、上手に崩してる。
ビックリするほどでもないけど、しっかり自分のモノにしてると思う。

07. Sowelu/Piano Man
アイリッシュ風のアレンジになって、ちょっと面白い。
ただ、ビリーの代名詞とも言えるこの曲を、なぜ Sowelu なのか…。
このアレンジなら、ソニーには遊佐未森という素晴らしいアーティストがいるでないか!
まー、個人的趣味なんだけどさ。

08. 古内東子/Leave A Tender Moment Alone
なんでこの曲選んだんだろう? そつねー。

09. Skoop On Somebody/Baby Grand
原曲はタバコとお酒のニオイがプンプンする臭さがありますが、
Skoop On Somebody らしく乾いたカッチリアレンジでこれもそつないな~、
と思ってたら、中盤でアレンジが急変して面白い。

10. DEPAPEPE/My Life
何者?と思ったら、アコースティックギターの二人組。Instrumental でした。
二人とも若い(29歳と23歳)ので、下手すると原曲知らないんじゃないか。
押尾コータローがやったらもっとカッコイイんだろうな。

11. 渡辺美里/And So It Goes
原曲はピアノとパッド系がうっすら鳴っていて静かな曲なんだけど、
派手目のオーケストラアレンジになって、ちょっと仰々しいかもしれない。
でもこのメロディは美里ちゃんの声に合ってると思う。
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。