スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミクシ時代からの流れで見ている方はすでにご存知であるかと思うが、我が家の向かいの家は、パパさんが日本人(激イケ)、嫁さんがアメリカ人で、高校生のハーフの息子が2人(+柴犬)という家族構成。玄関先で会うと、日本語で挨拶を交わすが、特に嫁さんの日本語はまだ完璧じゃないようで、家族間は英語で話している。日本犬である柴犬の躾さえも英語のようだ。

以前、日曜の朝8時前後に外から怒号が聞こえてきて、何事かと思ったら、その家族が玄関開けっぱなしで大ゲンカしていた。おそらくパパと息子の親子ゲンカだったようだけど、なにぶん英語なもんですから、怖いのよ、すごく。パパさんの声がやたら野太くてよく通る声なもんだから、大声出された日にゃ、そのうち銃声でも聞こえてくるんじゃないかと思った。

それから特に平穏な日々だったんだけど、最近になって、またケンカする声が聞こえてくるようになった。最近の主導権はママさんみたいで、かなりヒステリック。最初は少し外に聞こえる程度に英語でまくしたてていて、次第にヒートアップして、かなりの大声になり、そのうち建具や食器などをガンガン叩きつける音が聞こえてくる。

ママさんが怒っている間、息子達が「あー、もううるさい」と日本語で漏らしているのも聞こえるので、今回の相手はたぶんパパさんだと思う。つまり夫婦ゲンカ。そしてあんなによく通る声のパパさんの声が聞こえないということは、パパさんの形勢不利な状況なのでは。

ここの夫婦は、ママさんが塾長を務める英語教室を二人で開いていて、職場も同じなので四六時中一緒にいるようです。にも関わらず、最近パパさん帰ってくるの遅いから…、不倫だったりしてー。なんせ英語だから内容がわからないんだよね。

でも、ママさんは、アメリカから遠く離れた日本という異国の地で、まだ十分に言葉も通じないような環境で、いくら家族間の会話が英語であっても、反抗期まっただ中の息子達は日本語ペラペラ、パパさんも当然日本語ペラペラ、そんな中で、日本語もたどたどしく、同世代の友達もなかなか作れないお母さんというのは、相当ストレス溜まるだろうなぁ。パパさんのことがすごくイケるけど、ママさん頑張れ!と思うのです。

でももし別居でもして、パパさんが一人で暮らすことになったら、
パパさんの性処理奴隷として僕を妾にしてください。(終)
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。