スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高額当選の罠

何を思ってか最近買いだしたロト6ですが、4回目にしてついに当選!



1000円だけどね。いつも5口(1口200円)購入しているので、ちょうど1回分の金額が戻ってきただけ。額の問題じゃなくて、ツキの問題だよ! あー、もー、次当たっちゃうなー、2億。

イギリスで、一児の母が85億円当選したというニュースがあった。ニュースでは超笑顔のオバサンがシャンパンを勢いよく飛ばしている映像が出されていましたが、おもいっきり顔が映っていたのだけど大丈夫なのかな。高額当選こそ転落人生の始まりだと思うのです。早死にするんじゃないかと思うんですよね。それは人生で使う運が一度に回ってきたからというわけではなくてね。

例えば今年のサマージャンボ3億当選したとして、大抵の人はまず仕事辞めますよね。もう一生分以上の収入が働かずしてあるわけですし。家やマンションを購入して、車を買い換えて、ぐでぐでした生活を送って、美味しい物だけたらふく食べて栄養過多になって病を患ってしまうとか…。あとメンタル的にも異常をきたすこともあるらしく、親戚が増えるなんていうのが冗談でもなく、知らない人から金銭をせがむ電話やメールが届いたり、拒否したら守銭奴扱いされ近隣からバッシングを受け、あげく「誰かに狙われている」という感覚に襲われて、家から出られなくなる…、なんてのが本当にあるようです。みずほ銀行では、高額当選者に対して「相談会」と称したメンタル診断の場を与えていて、「何を購入したのか」「当選したことを誰かに言ったか」などの質問を専門医から受け、これからどうすべきかなど相談に乗ってくれるそうだ。

そういう健康面の不調であったり、精神面で弱くなっていったり、または実際に恐喝されて事件にまきこまれたり、そういうことを容易に引き起こしかねないので、高額当選者は早死にするという僕の持論(というほどでもないか?)は、あながち間違っていないと思う。

ロト6で3億2千万当選し、それからの私生活を綴っているブログ「ロト6成金のセレブな私生活」を書いているセレブ君(独身ノンケ41歳)が典型的な例で、この人は携帯を解約して海外逃亡までしてしまうほど、当選してから最初の2~3ヶ月は「本当にそんなことってあるんだ」と思うようなことがリアルに書かれていて、なかなか興味深い。あげく最近は体調も良くないようで、かなり体重が落ちてしまい、健康診断では十二指腸潰瘍の所見が見られ、精密検査が必要なレベルだとか。

最近のエントリーでは「お金持ってても幸せだと感じない」という発言も見られるし、やっぱり高額当選したからといって、なにもかもバラ色の人生になるとは限らないみたい。たぶん一番良いのは、当選したことを誰にも教えない(←これだけでも病的になりそうですけど)。突然家やマンションを購入したり、車を買い換えて、周囲の目をひかない。会社を辞めない。など、普段通りの生活に、少し潤いを与える程度にしたほうが良いのかと思う。

だからもし2億円当たっても、このブログにも、誰にも言わないので、「なんかKO2君、最近金使いが荒いねぇ」なんて思ったら、高額当選したとでも思って下さい。(←今も金使い荒いのでは ←ということは ←ハッ ←ただ無計画なだけです)


かなり余談だけど、先述したセレブ君はどうも女性にモテない独身41歳なんだそうだけど、モザ入りやネガポジ反転の顔画像を見る限り、かなり僕の好みな感じなので、アジアの女の子にうつつ抜かすよりも、いっそ男性に走ったらモテモテだと思うのだけど、そればっかりは無理だと思うので、残念。
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。