スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨根へのあこがれ

職場の僕のいるフロアの居室内に一人、ものすごい巨根がいるのです。
もう気になって、気になって。

よく左収め、右収め、なんてのは皆さんも普段から目がいってしまうことかと思いますが、
普通、この「収め」っていうのは、ぷっくり膨らんだシルエットがほとんどだと思う。

でもその人は、右の股の裾から内股に沿うように、
ズローンと15cmくらい膨らんでいる。
そしてそれは明らかに、陰嚢ではなく太い陰茎であると視認出来る。
平常時であんなに大きかったら、勃起時には…?

もうあまりにも大きくて、惚れ惚れして毎度毎度直視しすぎてるもんだから、
見られていることを既にわかられているようで、向こうも気まずいカンジ。
最近、その周りの人の視線も気にして見ていたのだけど、
やっぱり何人かは彼の股間に目がいっているように思った。

僕からしたら、羨ましいばっかりだけど、
きっと巨根の人はそれなりに悩みを抱えているんでしょうね。
着脱式で交換出来ればいいのにね。


ムンギュッ
カチャ
パカッ
「はい、これ(モフッ)←陰毛付き」


しかも顔と体型が、そこそこタイプだということが、いかんともしがたい。
あ~、見たい。生で確認したい。


でも、僕がおイタする時に、お相手の方があまり巨根だと、
いろんなところが疲れちゃうので、
「適度なサイズ“以下”」がよろしいかと思います。


でもやっぱり僕自身は憧れます、巨根。


CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。