スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宅内調査の作業員

光テレビを導入することになり、先日、宅内調査のため某電力会社の方が調査にいらした。



僕がまだ20代前半フリーターだったころ、実家に住んでいたが母が男性の家に泊まりこんでいたため、実質一人暮らしのようなものだった。掃除や洗濯、新聞の集金などすべて自分でこなしていたのだけど、あるときポストに「○月○日にガス設備の点検のため調査員が訪れます。」というハガキが投函されていた。フーンと思って放っておいたまま、すっかりその日を忘れていた。

フリーターの一人暮らしなんて、何をしても自由だったので、昼間っからリビングでヘッドフォンしてゲイビデオをガンガンに見ていたら、ピンポーンとヘッドフォン越しでも聞こえたチャイム。どうせ親宛てだろうから「今いません」と一言言ってまたビデオに集中するつもりで、ビデオを流しっぱにしておいてズボンを穿いて(脱いでた)玄関に出てみると、作業服姿の痩せた初老の男性だった。あー、今日だったのねガス点検。

僕はてっきり外の配管などをチェックするのだと思ったら、「じゃ失礼します」と言ってズカズカと上がり込んでキッチンのガス管周りや湯沸かし器のチェックを始めた。台所とリビングは部屋はつながっているけど、キッチンからリビングのテレビは見えないだろうと思って、ビデオもそのままに作業員の言うことを、へぇへぇほぅほぅと聞いていた。

一通りの説明が終わって、「それじゃどうも」と作業員が帰ろうと玄関へ向かう足がピタッと止まったので、ん?と作業員の視線の先を見ると、リビングに置いてある姿見用の鏡に、ばっちりテレビ画面が反射していた。しかもあろうことかそこに映し出されたものは、ガタイの良い全裸のオッチャン二人が、座った姿勢で背後から抱きかかえるように責めているシーンを前から映したもので、結合部とネコ役のチンコがぶるんぶるんしている凄まじい姿が粛々と流れてるってわけ(ヘッドフォンの音は漏れてなかった)。

ひえー!よりにもよってそんな激しいシーン。もっとドラマ仕立てみたいなどうでもいいシーンとかあるやん! 作業員のオッチャンはほんの2~3秒テレビ画面を凝視した後、「それじゃ失礼します!」と僕の顔も見ないで、そそくさと帰っていかれました。や、あの、違うんです、違うんですー!!



それからというもの、宅内調査というとあの時を思い出しちょっと興奮するのだ(笑) 今は母も一緒に住んでいるからあんなことやろうと思っても出来ないけどさ。

今回の調査にきた電力会社の作業員は、オジサンでこれまたきりりとして素敵だった。またあの時みたいなハプニングを思い出して、このオジサンならどういう反応をするんだろう?と思って、作業員が残していった工事の概要を記した書面の文字や図形を見ながら、少しドキドキした。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

だめよ、全裸で出迎えなきゃ。

>く。タン
新聞集金や宅配便に、全裸(もしくは下半身半裸)で対応するところを、
動画で映してアップしているブログを知っています^^;
持ち家ではできねーやー。マンションに住んでれば出来るかも。

教えなさいだわ!

>に。タン
えぇー、172*57のスリムな人だから、あなたのタイプじゃないかも~。
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。