スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEGタン、パンツ見せすぎ

今日から始まる月9ドラマを見る為に仕事早く切り上げて帰ってテレビつけたら、まだHEY×3だった。しばらく見てたら、アラッ! MEG が出てる。すげぇ、PV以外で動いてるの初めて見た。相変わらず、CHARA と 石野真子 を足して2で割ったような顔をしているね。


以前にも書いたことがあるかもだけど、デビュー当初は meg 名義で、岡村靖幸プロデュースとして珠玉の名曲「イケナイコトカイ」をカバーをしたり、フリッパーズギターの「GROOVE TUBE」をカバーしたりして、なにかと僕のフェイヴァリットアーティストと絡むことが多く、“仕方なく”聴く機会があった。

最近になって、エレポップなサウンドにシフトするなかで、中田ヤスタカや i-dep をプロデューサーに迎えるなどして、「またしても MEG、お前なのか!」と聴く機会が今まで以上に多くなり、今じゃむしろ、 MEG タン好きー、みたいになってる。


capsuleはデビューからサウンドを、和製ポップ~ネオ渋谷系~エレクトロポップ~クラブ対応、と進化させていき、今となってはボーカルのこしじまさんほとんど歌ってへんやん!というほどボーカルがBGMと一体化したような曲がほとんどです。それはそれでカッコイイんだけど、やっぱり日本の商業音楽はキャッチーなメロディあって成り立つものがあるため、一方の Perfume にそれを求めつつあったのだけど、最近のアルバム『GAME』で見せてしまった「capsule化」がどうやら進んでいるようで、「Take me Take me」なんてすごく顕著。最近 Perfume を知った人なら、「へぇ~、こういうのもアリなんじゃない」と飛び乗った人もいれば、Perfumeインディーズ時代からのファンは少し辟易しているというか、戸惑っている人が多いかと思う。

先日、行きつけの理髪店で capsule の『FRUITS CLiPPER』がかけられていたので、「お、capsuleですね」と話しを振ったら、案の定、Perfumeを知ってカッコイイと思い、capsule に流れて、今や capsule ドップリなんだそうだ。Perfumeがヒットしたことで、capsule を知ってしまった人は、今、そのサウンドにドップリ浸かっているんだろうけど、ずっと聴いていた人は、最近のヤスタカサウンドにちょっと飽きた感が否めないのでは?と思う。

そんな中で、唯一、キャッチー路線を保っているのが、MEG だと思う。初めはボーカルが甘い声なのでヴィヴィッドなサウンドには乗らないよな~、なんて感想を抱いていたのだけど、最近、とても好きだ。今回の「HEART」も、一聴して「キター!これこれ、こういうのだよ、やっぱり」と思うのだよね。



「OK」(ヤスタカ編曲で作曲は別の人)、「MAGIC」、「HEART」とどれも似たような路線で来ているので、このまま続けても飽きられてしまうのがオチ。次はどう来るだろう? まぁ、MEG は別にヤスタカお抱えアーティストってわけでもないから、ヤスタカに飽きれば別の人(それこそ i-dep プロデュースのシングル希望!)に頼めばいいのか。


ちなみに「FREE FREE」でお世話になった鈴木亜美の7月発売予定のニューシングルは中田ヤスタカプロデュースで、秋に発売予定のアルバムは全編中田ヤスタカプロデュースとなるそうだよ。僕としては、「鈴木亜美 joins キリンジ」の出来が、あみーゴの薄幸さが押し出されていて大変素晴らしかったので、全作キリンジプロデュースを期待したんだけどな。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。