スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚しない人生

昨日は本社(大阪)に出向いて汁男優ことS主任の講習を受けてきた。講習会といえど、参加者が集まらずに結局僕一人だけだった。汁男優と二人きりの講習。そしてぶっかけられ役がこの俺ってわけだ!(違 ← というか一人にぶっかけられてもつまらん ← ハッ)

マンツーマンで講習を受けつつ、S主任が説明をする顔を見ながら僕は、「相変わらず汁男優(ぶっかけAVに出てそうな顔と体格)やなぁ…。」とばっかり考えていました。休憩時間にS主任に「KO2君は結婚してるの?」と聞かれたので、「いえ、してません。この先するつもりもありません。」と応えると、「寂しい人生やな~」と言われた。


物心付いたときから男しか見てなかった俺は、「結婚」は自分の辞書から完全に抹消した項目。なので「同性の結婚」や「パートナー制導入」が、いまいちピンと来ない。なんで結婚したいって思うんだろう? 世間に認められなくても、納税額が高くても、別にいいじゃない、と思う。

以前にも書いたかもしれないけど、僕は同性愛という背徳感を楽しんでいるところがある。一般に隠れて同性同士の性を楽しんだり、映画館やタクシーの後部座席でこっそり手をつないだり…。周りはいたって極々普通の日常が流れているそのどこか隅のほうで、見た目フツー(イカニモっていうな!)の男同士がドキドキ出来る感触を楽しんだり、求めている。

公に出来ないことが辛いと思う人が多数のようだけど、僕はそれそのものが楽しいと思っている。同性の結婚やパートナー制が導入されれば、同性愛が公に認められることとなり、そうなってしまえば背徳も何もありませんから、あ~つまんなくなりそうだなぁ、とさえ思う。


たぶんこれは性分だと思うので、仮に僕がノンケだとしても、きっと風俗(しかも違法チックな)ばかり通って、結婚しない人生なんだろうなぁ、と思うよ。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

…僕は同性愛という背徳感を楽しんでいるところがある
判る気がします。僕はKO2君より上なので、学生時代は情報もなくその当時、B族に「心が壊れてしまいそう…」っていう言葉があり、今より世間の認識も薄く、今の方が、生き易いかも知れないけど、TVでオネエキャラをそのままゲイの人に当てはまる感じには?って思う。情報もなく、知識も余りなく、今より淫媚で、苦しみ、連絡方法も余りなく…でも、僕には心の繋がりを感じています。昔を思い出すと…懐古趣味は年だな…何か旨く言いたい事が書けなかった。ゴメン。

>XXXさん
書き込みありがとうございます。
「結婚は人生の墓場」なんていう言葉もありまして・・・(笑)
結婚している後輩の話を聞くと、独身時代に比べて自由が利かない分、
いろいろ制限されることもあって大変そうだなぁ、と思います。
結婚しなくても、幸せは手に入れられるよ。

>司さん
僕もギリギリ、携帯電話の無かった時代を生きていますから、なんとなく判りますよ(笑)
世間の認識が低かったぶん、片隅に影になった真っ暗な場所を求めていたんですよね。
連絡手段が無かっただけ、心の繋がりを感じていたというのも、納得できます。
今は携帯電話の、しかもメールで、親指だけで別れたりくっついたり出来るんですから、
便利というか、手軽というか、まぁ、お世話になっていますから何とも言えませんが…。
こういう背徳行為(ハッテン行為とか)があるから、ゲイは性に奔放と言われ、
世間に認められないのも、判っているんですが。。。うまくまとまりません。
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。