スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者Xの献身

映画をさして見ないような人がよく「邦画には興味がないんだよね~」と、わかった風な口をきく。

確かに洋画はスケールも大きく、費用も莫大で、それはそれは見応えがありますけど、日本人が持つ独特な感情や間(ま)は邦画でしか表現出来ないと思う。ネイティブな英語が出来てアメリカ人の細かなジョークやニュアンスまで理解できる人ならまだしも、人間が識読できる範囲で省略された字幕を読んで感動するのって、それはそれで字幕作ってる翻訳者の手腕も素晴らしいけど、やっぱり「あぁ、その気持ちわかるわぁ」と共有できるのは、邦画だと思うんですよ。

今回見た映画は、まさにその日本人が持つ感情を、うまく表現できた作品だったと思います。

この先、ややネタバレ気味。気になさる方は見ないほうがいいです。








suspectX.jpg
容疑者Xの献身
★★★★★★★★☆☆(8点) @イオンシネマ久御山


はっきり言うけどあたしゃね、福山雅治が嫌いだよッ! 彼もともとシンガーソングライター出でしょ? それにしては曲も歌も誰かの物真似のようで何も個性を感じないし、役者にしてもずば抜けて演技が光るでもない、カッコイイ顔してトークはエロい(あまり関係ない)。容姿だけ持てはやされ、なんとなく芸能界長続きしていますって奴にしか見えないんだよ。

ただガリレオはハマリ役だね。物理学者というクレバーでいながらスポーツ万能、論理的思考のもとに冷静に言葉を発していく様は、はじめ「偉そうにセリフを喋っていれば演技力も必要ないもんね」と思っていたのだけど、なんだか彼のセリフにグイグイと引き込まれてしまって、ヤバイ、俺、福山好きになりそうだ! 違う、断じて違う!ドラマのストーリーが素晴らしいんだー! …と危うく禁断の世界へ足を踏み入れるところでした。


最初からすでに映画化が決まっていたため、なんとしてもドラマをヒットさせなきゃならないという、なんとも危険な賭けをしたものだ。観る前は「2時間ドラマでTV放映にすればいいのに」、と思っていたのだけど、このストーリーは映画にしてこそ意味があると思った。CMとか気象情報とか、物語を中断させる余計なものが無くて、本当に良かった。

ほとんどテレビを見ない僕が、久々に毎週楽しみに思ったドラマだったもんなぁ。「いえ、今日は月9がありますので。」と言って、仕事放棄するほどだった。ドラマ「ガリレオ」では物理学者と科学犯罪を扱ったものですが、この映画は厚い人間ドラマとなっていて、TVドラマとは違ったエッセンスが注入されている。科学犯罪ではないので福山が突然狂ったように数式を書き出すシーンは無い。そしてむしろ福山と柴咲は脇役といっても過言ではない。渡辺いっけいや品川祐にいたっては、ドラマに出てたから出してあげたといった程度で、もはや必要ないくらいのカット数だ。

石神(堤真一)が抱く感情、花岡(松雪泰子)の戸惑う表情。これは日本人にしかわからない世界観だ。特に石神への感情移入は、ゲイの人ならとても入りやすいと思う。“この人の為になら”と思える人に「尽くしたい」と思う気持ち。それが出来たときの充足感。タイトルに使われた「献身」の言葉の意味がとても切なく響きます。ラストは涙をまつげで止められなかったよ。



帰り道、車の中で iPod を流していたのだけど、全然音楽が入ってこない。
まだ頭の中は映画の中にいる感覚。少しドキドキするような。
こういうとき、とても良い映画だったんだなぁ、と思うのです。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

おはようございます。

そこまで薦めるなら今日あたり見にいこうかな。
でも原作読んでると、アレ堤真一じゃないんだよなぁ。
田口浩正とかカンニング竹山とか少しブサイク系の
モッサリ君がイメージだったんだけどなぁ。
ま、彼は演技上手いから安心だけどね。

>よれ某さん
おはようございます。

まったく同じ事をパンフレットの中で監督が言及されてます。
「堤真一かっこよすぎない? と思う人こそ見て欲しい」って。

原作から2時間に収めるのに大変だったと書いてますし、
その割りには原作にないシーンもあるみたいですから、
原作を読んだ人は、また違った感想を持たれるかもしれませんね。
原作読んでみようかなぁ。

何様よぉ!あたいのちい兄ちゃんにぃ(笑)
福山さんは演技よりは味。
ガリレオはハマリ役ですね、ファーストから5枚目までくらいはアルバム持ってましたし、一番好きだった役は「ホームワーク」だな。

>にこたつ
え、お前の?(笑)<ちい兄ちゃん
あらややこしい。

やー、まー、嫉妬みたいなもんですよ。
歌も芝居も出来ます、そんでもってカッコイイっす、
みたいな、いけすかねぇ野郎だ!
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。