スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は死にません

「死にたい」

なんて中学の頃から何度も思ってるよ。高校卒業するまではずっと地元で、コッチ系の雑誌や出会いの場(ハッテンバという言葉は知ってた)がどこに存在するのかなんて知る由もなく、バンドもやって友達はたくさん居たけどずっと孤独を感じて生きておりました。そんな時に同級生や先生のことを好きになったりしても、誰にも相談出来ないし、告白なんて出来ないしで、どんどんネガティブになってって、本気で「死にたい」って何度も思ったよ。まぁ、この辺は割と皆さんも思い当たる節があるんじゃないかな?

専門学校に入って、地元から外に出るようになり、ハッテンバやゲイ雑誌を知り(しかも当時の地元駅トイレがかなり盛況したハッテントイレだったという…こんな近くにあったのか!)、インターネットでチャットをやり出してからは、コッチのお友達がドカーンと増えて、オフ会に参加し、堂山を知り、オトコを知り…w そんなんで「死にたい」なんて気持ちはいつのまにか無くなってました。

しばらくはそんなカンジで、ひょうひょうと過ごしていたんですが、今の職種に就いて数年経った頃、徹夜続きの激務に加え、お客さんからの叱責続きで、会社で一人で作業していた深夜に急に涙ポロポロ出て、「なんで自分だけこうなん?」とか思いだして、その時は本気で「死にたい」って思った。引き継ごうにも引き継ぐ人間がいないので、その会社は半ば逃げるようにして辞めたんだけどね。それからまぁ未だに、メンタル面であまり体調がよろしくなかったりするのですが。

「死にたい」と思っても、死んだ後たくさんの人(特に親や友人・恋人など)に迷惑がかかる、ってことを考えると、まず実行出来ないよね、フツー。「死にたい」って思ってるうちは「生きたい」の裏返しで、本当に死んじゃう人は「死にたい」なんて口に出せないのかも。

で、以前話した24歳の悪ガキの話しなんだけど、もうメールはまったく来なくなったんだけど、「親に虐待されてる。死にたい」とか言ってたのね。汚い言葉で罵倒するようなメールを投げる人なので真偽のほどはわからないし、チカラになれるほど自分も強くないので、「(,,゚Д゚) ガンガレ!」としか言いようがなかったんだけど、その後連絡無いんだけど、どうしてるんだろう?


大体僕はなにかにつけて「ツイてない人」だと常日頃思ってるので、今でも「死にたい」(どっちかってーと「居なくなりたい」w)とか思うけど、さきに書いたように、いろんな人(僕の場合は特に母親)に迷惑もかけるし、悲しませることを考えると、僕は死にましぇん! でも長生きしたいとは思わないんだよね。

だけど君が言うのさ こんな僕の手でも
君の頬にあてて 好きだって言うのさ
だから君が言うのさ 生きようって言うのさ
どんな暗い夜も 手探りでいけるよ

僕の両手/染谷俊
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。