スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HR/HMへの誘い vol.1

普段からJ-POP好き、アイドル好きを称していますが、高校時代最も傾倒したのはハードロック/ヘヴィメタル。最近でこそ新譜をくまなくチェックすることは無くなりましたが、当時の曲を聞くと「やっぱハードロックええよなー」なんてよく思うのです。

そのなかで、割とキャッチーでお薦めしやすい曲を、皆さんにも少し教えようと始まりましたシリーズ「HR/HMへの誘い」。自己満足シリーズですので、興味のない方はどうぞ読み飛ばしてくださいませ。さらに youtube の動画をメインに構成していますので、携帯からのアクセスオンリーな方は完全に無視した形になっていますことを、あらかじめご了承くださいませ。

ようはネタに困ったときの記事稼ぎです。



High Enough / DAMN YANKEES (1990)


1990年の作品なので、僕が高校でHR/HMにハマッていた頃はすでに過去の曲だったが、この曲は日本ではリーバイスのCMに起用され、マイ兄がよく聞いていたので非常に耳に残っている。特にCMで使われていた、ラストの大サビ「Can you take me high enough~(ホイ~~~~ン!)」というアームを使ったギターのハーモニクス音はとても絶妙で印象深い。

ダムヤンは聞いているこっちが恥ずかしくなるほど古くさいアメリカン・ハードロックだけど、持ち前のハイトーンボーカルと楽曲・アレンジの良さから、バラード曲には定評があり、他に「Where You Goin' Now」なんかは、実はコッチのほうが好きなバラードだったりもします。

PVのドラマ仕立ての古臭さが当時の時代を映しているようですね。犯罪、ドラッグ、酒、女に溺れる、何かから逃げる…、ほんまセオリー通りやな!



おまけとして、同じリーバイスCMでこのような曲も起用されていました。

Only Time Will Tell / NELSON (1990)

綺麗なブロンド長髪が男前なネルソン兄弟は、他にも良い曲がたくさんあるので、いずれこのシリーズで紹介したいと思います。



短髪イカニモゲイよりも、長髪ポッチャリゲイのほうに萌えてしまうようになったのは、こんなカンジで、長髪バンドばっかり見ていたせいかもしれない・・・。(いや、単純にノンケが好きなだけか)



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

懐かしい!

ダム・ヤンキースっすか!
元ナイトレンジャーのジャック・ブレイズとテッド・ニュージェントっすよね!
懐かしいっ!

しかもネルソンも!

このアーティストのチョイスなら
KO2アニキ、もしかしたら、WHITE LIONとかDOKKENも聴いていたのでは?
かなり渋いチョイスですよ、アニキ。

ちなみに俺は王道のBON JOVI、GUNS N ROSES、VAN HALEN
そしてFAITH NO MORE、DEF LEPPARD、など...

すいません、熱く語ってしまいました(苦笑)

>ponpokoさん
ふふふ、あんまりここでよく聴いていたバンドを書いてしまうと、
シリーズのネタバレになってしまうので書きませんが(笑)、
これだけは言えます、WHITE LION, DOKKEN は聴きません^^;
WHITE LION はバンドでコピーした覚えもありますがねー(ドラム担当)

そしてponpokoさんが挙げられたバンド、ほとんど聴いておりません!(爆)
BON JOVI、ガンズあたりはそこそこですが、聞き込むほどではなかった。
FAITH NO MORE、デフレパはMTVなどで「ええやんけー」と思いつつ、
聴くにいたってませんねぇ。デフレパなんかすごく好みの音なんだけど。
片腕のドラマーさん、「一体どないなっとんねん」とビデオを凝視した記憶が。

ゲイでHR/HM好きって、そういませんから、語れる人嬉しいわ~(笑)
ありがとう♪
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。