スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事とはなんぞ(前編)

ムッチリ陣内君は11月いっぱいで退職したんだそうだ。詳しい理由も聞かないで勝手なこと言うようだけど、営業職というのは大変だろうが、あんなに若くして(そしておそらく入社1~2年やそこらで)退職するんだったら、どこ行っても続かないんじゃなかろうか? と思ってしまう。


僕は音楽専門学校在学中から、音楽スタジオでアルバイトをしていた。高校時代から利用していた貸スタジオで、そこの店番が主だった仕事。仕事といってもその内容といえば、たまにかかってくる予約の電話と、客の対応を適当にやり過ごすだけで、あとはただ座って好きな音楽を聴いて、マンガや本を読んだり、楽器を弾いたり、ノートパソコンでホームページを更新したり、お客が居ないときには寝たりして、やりたい放題だった。

あっという間に専門学校卒業。就職活動はするにはしたけど、いまいちピンと来ず、小さい頃からなんとなく「そうなるだろうなぁ」と思っていた音楽の仕事に就くことが出来ず、なんとなくスタジオのアルバイトを続けて、気が付いたらもう24歳。こんな体たらくな仕事を続けていたら、一生まともな仕事には就けないんじゃないだろうか?と不安を抱いていた矢先、当時一緒にバンドをやっていたベーシストから、web制作のアルバイトを紹介された。ホームページを作っていたこともあって興味もあったし、かじった程度の知識なら持っていたので、これなら出来そうと引き受けることにした。

アルバイトとして入ったその会社は本当に小さい制作会社で、営業陣も制作陣もまったく畑違いのところから集まった者ばかり。素人ながらにHTMLやJavaScriptをかじっていた自分が一番webの知識を持っていたということにまず驚いた(勿論、その当時の僕の知識ってホント素人レベル)。 その分、デザインなどには疎かったので、そこを補える人物がかろうじていた(が、やはり素人レベル)。なんとか仕事は数件回っていたものの、所詮、営業も制作も素人集団、やる気はあるけど知識がついてこない。

いや、やる気も無かったな。制作陣の仕事のやる気の無さはひどかった。ある者は職場で流していた有線の電話リクエストに没頭するし、ある者は給料未払いが続いていたので労働基準監督署と連絡取ってるし(気持ちはわかるけど大した仕事もしていない)、制作のリーダーにおいては会社のPCで女の子と淫乱なメール(そりゃぁもう、チ●コ、マ●コのオンパレード!)を仕事中にやりとりする始末。結局数ヶ月後には社長がトンズラして破産申告、僕の給料は一度たりとも支払われることはありませんでした。


そのすぐ後、当時その素人集団の制作会社を何かと牽引してくれていた、実績のある別の制作会社が僕を拾ってくれて、これといった試験も何もなく、社長との “面談という名の談笑” だけで、いつのまにかそこに就職していた。フリーターから脱却、晴れて社会人となったのである。

KO2君24歳の春。


でもそこで待ち受けていたのはもっともっと過酷なものだった。


(つづく)


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。