スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者Xの献身(小説)

ハァ…。
ついに読み終えてしまった。


少し前に、「趣味は読書です」と言えるように本を読み始めたことを書いたが、あまりに俗っぽい作家であるため、何を読んでいるかは言いたくなかったが、あっさりバレてしまった。

読んでいたのは、東野圭吾『探偵ガリレオ』、『予知夢』、『容疑者Xの献身』
ガリレオシリーズってわけです。

作家的には高校生にも人気の高い(つまり読みやすい)人らしくて、ちょっと恥ずかしいなぁ…なんて言うと、東野氏に大変失礼ではありますが、それでなくても人気ドラマの原作。『探偵ガリレオ』なんてもう10年以上前の作品ですよ。それを今さら本屋で購入するということは、「あー、ドラマか映画を見てハマッたクチですね」なんて思われること間違いなし。つい裏返してレジに差し出しましたが、なにか。

しかし読書初心者の僕なんかはそれぐらいでいいのだ。あーそうさ。ドラマを見てハマッたさ。映画を観て泣いたさ。先に映像を見ているおかげで、活字からのイメージが沸きやすいさ。


いや、これが思いの外、読書にハマッている自分がいた。
特に『容疑者Xの献身』。これは良い作品だ…(かなりの今さら感)。
映画を観ているからどういうトリックか知っているわけで、推理小説の推理の部分はすでに意味を成していないのだけど、純愛の小説だと思えば、これは素晴らしい作品ですよ。

映画ではト書きや心情にあたる台詞にない部分が活字となっているおかげで、より深く感情移入できることに気付いた。そうか読書の醍醐味はこれなのか? まさか活字で泣いちゃうとは思わなかったよ。しかもボロボロ泣いてしまった。泣きすぎて字が読めねーっつの。


小説を見てさらに映画『容疑者Xの献身』は、うまく映像化されているとも思った。確かに石神は小説では、柔道家でずんぐりした体型で髪が薄いという描写から、堤真一がその役所なんてとんでもないけど、その設定は完全に無視されたカタチになったが、薄幸な男が一筋の光を見出す役を見事に演じていたと思う。花岡靖子の複雑な心理状況も、松雪泰子の高い演技力で目を見張るものがあった。工藤役がダンカンというのは、ちょっと違うけど。

湯川(ガリレオ)は佐野史郎をイメージして描いたというのだから、まぁ、イメージというのは作家と読者とでは異なるもので、ましてドラマ化となると華のある福山あたりに落ち着くのかなぁ。

そういえば最近、DVDレンタル開始したんだよね。
改めて、もう一度映画版を見てみよう。(劇場鑑賞した際の映画版の感想はこちら


で、今、次は何を読もう?と思索している自分にオドロキ!
ガリレオシリーズ最新作の『ガリレオの苦悩』、『聖女の救済』は、ハードカバーしかなくて本棚が嵩張ってしまうので、文庫化待ち。今のところ、東野圭吾作品を読み漁りたい気分です。お薦めがあれば教えてください。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

東野作品なら

東野氏の作品は自分も最近読んでいてハマってます。映画は見ていなかったので、まず最初に容疑者X…から始まって、終わった後に著書リストの中から興味のあった「白夜行」を読みました。ドラマ化されてるから(これも見ていませんが)読みやすいかなと思って読み始めましたが、なかなかの内容ですごく面白かったです。ドラマとは全然違う印象ですが、オススメです。

僕が読んだ中で面白かったのは「宿命」ですかねー
だいぶ前に読んだので詳細はほとんど忘れていまいましたけど……

あとは映画化もされたレイクサイドとか、ゲームの名は誘拐とか、そのあたりは比較的とっつきやすいと思いますよ。

そしてどっぷりはまったころに恐ろしい分厚さの白夜行に挑戦してみて下さい(笑)

名前につられて

はじめまして、いつもこそこそも読ませてもらっていましたが(笑)、
「東野圭吾」というキーワードが出たのでコメントさせてもらいますw

ワシも読書なんて全くといっていいほどしなかった生活だったのですが、
3年ほど前から急に詠むようになったんですよねー。
やっぱりキッカケは東野圭吾で「白夜行」。

・・・んでも、「白夜行」は恐ろしく長いのでまだお勧めはしませんが、
それ以外にも自分が読んだ中で「秘密」はかなりオススメです。
また、「浪花少年探偵団」というのも
かなりほっこりさせられる作品です。

ちなみに、「容疑者xの献身」、原作を読んでいたので
映画館でぼろぼろ泣きました(笑)
でも工藤がダンカンって納得できない!w同じ意見で嬉しいですw

俺のお薦めは・・・

「手紙」です。
内容は重いですが、傑作です。
本当に素晴らしい作品です。

東野作品をお薦めする時は、いつも「手紙」をお薦めしてます。

ガリレオシリーズとは違う切り口ですが
とても考えさせられる傑作です。

映画化もされましたが、映画版は最悪です。
文庫本にもなってますし、是非この「手紙」をお薦めします。


あと「時生」も良いです。

お勧め

パラレルワールド・ラブストーリー
を、お勧めします。

>大吾クン
大吾クンも同じタイミングで東野作品を読んでるのね!
ボクタチって遠く離れていても、相性バッチリだね!(なにこの贔屓レス)

本屋で東野氏の棚の前に立って、いろいろ眺めていたのだけど、
「白夜行」を読むと、「幻夜」もセットになってるみたいだった。
しかもどちらも分厚かった…。
「これはもうちょっと読書スキルが上がった後にしよう」と思ったんだけど、
大吾クンがお薦めするなら見てみようかなぁ。

>壱介さん
「宿命」は登場人物が多く、さらに一族で出ているから複雑だとか。
まだ読書に慣れていない僕は、ガリレオシリーズでも登場人物の苗字が出てくると、
これ誰だっけ?とまた読み返すことも多かったんです。

他の2作もあらすじだけ見てみると、面白そうですね。

壱介さんオススメとして、頭に入れておきます。

>熊蔵さん
はじめまして。書き込みありがとうございます。
「東野圭吾だなんて恥ずかしい」なんて思っていましたが、
思いのほか反響があって、やはり人気の高さが伺えます。

実は、次は「秘密」にしようと決めていました^^;
たまたま僕の訪れた本屋はどこも、「秘密」の文庫が置いていなくて、
たくさん陳列された東野作品に(こんなに発表してるのね…)、
どれから手を付けていいのかわからなくなった次第です。

「浪花少年探偵団」は、痛快っぽくて面白そうですね。

「容疑者Xの献身 工藤 ダンカン」でググってみたら、
どれとして良い印象の内容は出てきませんでした(笑)
ミスキャストだね~。

>ponpokoさん
そうそう、「手紙」と「時生」も気になってました。
「考えさせられる」というキーワードは僕にとっては魅力的だな。
大団円でスッキリした読後感も良いけど、
自分なりに答えを見出す作品は、映画でも好きなもので…。

みんな東野作品好きなんだね~。
それぞれに好みがあって、面白いですね。

>MAXさん
「パラレルワールド」というキーワードに惹かれました。
紹介サイトなどを見てみると、時間軸がズレているうえに、
異なった世界が広がっていて、これはとても面白そう!
ありがとうございます、チェックしてみます。

言わなきゃわからないことかもしれませんが、
こちらの手違いで誤ってコメントを削除してしまい、
手作業で復元したため、投稿時間がズレています。
申し訳ありませんm(_ _)m

KO2さん、こんにちは。
自分も「容疑者Xの献身」の映画は観ました。
感動して、自分もブログに書いていました。
まだ本は読んでいません。
映画を観たあとでも本で感動できることを教えてもらったので
いつか時間があったら読んでみたいと思います。

>鷹宮真さん
ホント、映画は感動しましたよね。
あのときは小説はまったく読まずに鑑賞しましたが、
何の違和感もなく素直に感動した映画でした。
そして是非、小説のほうも読んでみてください。
映画のセリフにはなかった登場人物それぞれの心理状況が、
詳細に書かれていて、なかなか興味深いです。オススメです。

こんばんは。

今更ながら、DVD借りて容疑者Xの献身を見ました。
松雪&堤、演技良かったですね。
ラストで俺も泣いてしまいました。
セミプロ俳優の福山がTV以上に霞んでましたね。

堤真一は確かに良かったけれど、田口浩正でも良かったな
と割としつこく思ってしまう。
単にデブ俳優が見たいだけなんだけどw

>よれ某さん
おこんばんは。
そうでしょ、そうでしょ、映画良かったでしょう~?
雪山のシーンとか、今思えば「?」と思うようなシーンもありますけど、
松雪&堤の真に迫った演技が見所ですね。

それだけに田口浩正だとあそこまで感動できたかな?と思っちゃうんだよねw
彼の演技って、ぶっきらぼうじゃないですか?
ラストシーンは出来ないんじゃないかなぁ。
かといって、小説のイメージに合って、且つ演技派の男優さんが思い浮かばない。
俺もデブ俳優は見ていたい。
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。