スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒週間

ごーるでんういーく。(棒読み)

こんなものは、恋人や家族がいる人だけのものだ。
独り身の大型連休は、“辛い”以外の何物でもない。


仕事が好き。
頭をぐるぐるフル回転させつつ指先に指令を送り、滑るようになめらかな高速の指捌きでキーボードに叩き込む。その正確さと出来具合に自己満足して悦に浸ったりする。そして幸運にもめちゃくちゃ恵まれている愉快な仕事仲間達とゲラゲラ喋っているだけで、楽しい楽しい仕事時間があっという間に過ぎていく。

しかし、それはいうなれば偽の自分だ。本当のことを誰にも知られてはいけない、演技をしている自分なのだ。


数学は得意ではなかったけど、嫌いでもなかった。多角的に発想を巡らせて、ある公式を導き出せばスルスルと紐解けていく感覚。見事、解が出せたときの喜びは、僕の最も苦手とした日本史や世界史には到底味わうことの出来ない達成感だ。あの数学の感覚に非常によく似たものが、僕の今の仕事であり、日々その達成感を味わっているといっても過言ではない。時に解を導き出すまでに数週間を要することだってあるが、そのプロセス自体も好きだ。天職といってもいいかもしれない。

僕のチームの仕事仲間は楽しいヤツばかりだ。女の話しや下の話しを切り出すような、面倒な奴は一人もいない。空気を読んで暗黙的にしないというわけではなく、そういう話しを嫌う紳士なメンバーが集まったようだ。非常にやりやすい。それでいて、そういう話しを抜きにしても、日々爆笑の連続である。僕も笑わすし、向こうも笑わせてくれる。


この2つは間違いなく事実で、嘘はない。
しかしそこにいる僕は偽物だ。


職場の門を一歩出ると、楽しいものなど何もない。気分がドッと落ち込む。顔から笑みが消え、目は半開き、疲れ切った顔になる。頭は項垂れ常に俯いた状態で、口から出てくるのは溜め息ばかり。さっきまでフル回転していた思考は、負のイメージばかりが占領して、家路に向かう足取りは重い。

自室について鞄を放り投げ、電気も点けずにスーツのまま床に倒れ込む。暗い部屋は孤独感をよりいっそう引き立てる。それにまかせてちょっと泣いてみたりもする。


どっちが本当の自分か迷うときがあるが、いくら活き活きしていても、自分の素性を隠しているということは、やはりそちらは偽物だと思う。人生の大半をそうやって隠して生活してきたおかげで、そのことにすっかり慣れてしまい、まるでそっちが本当の自分であるかのように、明るく振る舞うことが出来るように身に付いてしまったのだ。

呪縛はどっちなんだ。
明るく振る舞っている偽物の自分?
それともこんな風に苦悩している本当の自分?
そのどちらとも?

偽物でもいいから、明るく振る舞っている自分のほうが、
気分が高揚するし、晴れやかだ。


土日は過ごし方が固定化してきたのでそれほど辛いものでもないが、GW・盆休み・年末年始の大型連休は、世間が浮かれるようには自分はいかない。


暗黒週間の始まり、始まり。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

恋人がいても休みがあわないから意味がありません

恋人もいないし、休みがあっても意味がありません。

こんばんは
人間は多面体だから、今どの面が上になってるかってだけだと思う。
もちろん発展場で名も知らぬ男のチンコを扱いてるのも本物。

>に。ちゃん
あらら、せっかくの休みが合わないのも憂鬱だね~。
でも、に。ちゃんは友達いっぱい居るから、十分満喫できるじゃん(ノ´∀`*)

>よれ某さん
お、コメントかぶせてきやがった。
カラオケでも行きます~? あ、前嫌がってたっけ。クス

>恭介さん
こんばんは。
発展場でチンコ貪ってるときの自分は、確実に本物といえる自信があります。
というかそのときの自分は、平日、素性を隠した演技をしているうちに溜まったストレスを、
発散している場とも言えるので、心の均衡を保つのに非常に重要です。
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。