スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズン・ブレイク

隣の家(熱心な読者ならもうお分かり、嫁がアメリカ人、日本人のパパが超イケるご家族)の飼われている犬(柴犬)が、最近よく脱走するので困る。

その家の柵の隙間から、ぐにぐにと体をねじこむようなのだが、その隙間が狭くて前足と体半分入ったところで、いつもつっかかってしまう。後ろ足をうまくその柵の中に入れ込められないのだ。

その柵の下は我が家の敷地内の植え込みが高さ1mくらいあり、さらにその1m下にコンクリート製の階段がある。その高さにビビッて「キューン!キューン!キャンキャン!」と激しく鳴く。

「ほな、やめとけよ!」とツッコミながら、その鳴き声を聞くたびに2階の自室の窓から眺めているのだ。あー、また脱走計画を試みている、と。


そして昨日はさらに状況が悪かった。そんな体半分つっかかっている状態で、大粒の雨が降り出し、雷がゴロゴロ鳴りだした。


犬パニック!


フンフンと鼻息が荒くなり、前足と後ろ足をバタバタとばたつかせ、強引に柵を抜け出したかと思うと、植え込みに落下。さらにその植え込みの下の、コンクリート製の階段まで一気にゴロンゴロンと回転しながら落ち、階段の上に置いてあった我が家の鉢に激突していた。

だ、大丈夫か?

…という心配も余所に、素早く体勢を立て直し、「エヘヘ、ヤッタ」という感じで舌をぺろんと出して、テクテクとどこかへ消えていった。


確かに脱走するほどだろう、庭内は自由に行き来できるようだが、散歩をさせているところはあまり見たことがない。これはもう、脱獄だね。反乱だ。そして、そこそこ老犬だと思う。時々、寒いわけでもないのにプルプル震えているときがある。そんなご老体で無茶なことしちゃいけませんよ。


しかもしばらくすると、ちゃんと戻っているのだ。
どこから戻っているのかが謎。
門扉の下の隙間ではないかという見解。


いや、そこから脱走しろよ!


でも、そうやって我が家の植え込みや鉢に被害を出しながらも、「また抜け出してましたよ~。」「あー、すみません!」と隣のパパと会話が出来るので、実は犬ナイス脱走。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

コメント失礼します!
パパってなんで色っぽいんですかね~。
かわいい男の子が子供を連れていると「クソッ、子持ちかよ」と、ついてはいけない悪態を心の中でついてしまうのですが、逆にその男性がより魅力的に見えてくると言うか…。

好みの男は、嫁がいようが子供がいようが好みだぞっ、って事でしょうか。

>appappaさん
はじめまして。
子持ちだからこそ、ノンケのパパの良さってものがあるものですよね^^
「こんなかわいいパパが、嫁とセックスして中出ししたんだぁ」と、よくありがちな感想を抱いたりします(笑)
CALENDAR
PROFILE

KO2

159*64*33
京都在住。
チビポッチャリーマン。
いつも何か考え込んでいます。

mailto:
polyrhythmlife at gmail dot com

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT LISTENING

READING
KO2の今読んでる本 KO2の最近読んだ本
MY FAVORITE BLOG

GBr
GBr
SEARCH
FEEDS
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。